ルアーを入れたまま洗えるケースはいいぞ。

ルアーを入れたまま洗えるケースはいいぞ。

釣行後に道具の水洗いをするのは基本。

ルアーを1個ずつ丁寧に、「今日はありがとね」と感謝をこめて洗うのも、ひとつの形。

 

だけど私はもっと早く済ませたい! だって明日も行くんだから……。

そんな時は、水抜き穴のあるケースに入れてまとめて洗うのが手軽で便利です。

スポンサーリンク

ケースにルアーを入れて洗うだけ!米とぎより楽!

私は釣行時、使ったルアーから水抜き穴があるケースに入れてます。

そうすれば、終わったらそのまま水でガシャガシャ洗えばいいだけ。現地に水場があればそこでもできますし、ポリタンクの水だけでも可能。

ほとんどのケースには水抜き穴があるので、ルアーを入れたまま洗うことが可能です。

それはフックだけとか、スナップだけなど、小さい物をまとめて洗う時にも重宝します。

……海にケースを「ぽちゃん」して、中身を全部洗いたい時とかね。

 

あとはブンブン振って水切りして、ダンボールの上で部屋干し。

ダンボーを下敷きにすると水を吸ってくれるし、繰り返し使えるからダンボー優秀。

珪藻土マットを使うのもありです。

でもフックが錆びやすいのでは?

そんなこともないです。フックのサビは”質”次第ですね。

錆びやすいのは釣りの最中でも錆びるし、水洗いしようが錆びるもんは錆びる。なので完全な予防策は不可能に近い。

ちょい値がはるけど、がまかつの防錆は錆びにくい

 

波ざっぱーんと全身かかると、ベストに入れているケースにも、海水が入っていることがある。

そうなるとスナップやアシストフック、スプリットリングとか小さい物を洗う必要があるので、絶望を覚えることもあります。

でも水抜きケースさえあれば一気に洗浄できる! チマチマ洗うこともありません。

定期的にざっくり洗いたい時には、底が深いタイプで水抜きできるケースがあると便利かも。

Tipsライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生