メバルの刺身よりギマのほうが旨いんすよ!

みんなギマの刺身の美味さに気づいたほうがいい。

ギマは立てて遊ぶ魚じゃないぞ! ちゃんと下処理をして、綺麗に肝をとって刺身と一緒に食ってみな、飛ぶぞ。

スポンサーリンク

ギマを捌くならその日のうちに

ギマの臭いは外皮の粘液が原因。カワハギのように剥げるから、慣れると簡単。慣れるまでは地獄。

下処理と捌き方はこちらにまとめているのでぜひ。

実践から答えを出したギマの効率的な捌き方
ギマは三河湾や浜名湖でよく釣れる魚で、姿はカワハギに似ています。それと味は遜色ないため、美味しい魚なのですが……表面にぬるぬるがあってキモいし、皮がザラザラで鎧みたいだし、カメラの三脚のようなトゲがとても硬く網もやぶる強さで、漁師...

釣ってサッと捌いた姿がこちらになります。

捌いた状態の魚はわかりにくいので、複数釣った時はラップに名前書いてわかりやすいようにしている、の図。
ギマしか釣ってないからわかるやろ(クセ)

肝は血抜きすることが大事。薄めの塩水か料理酒にしばらく漬けおき、臭みも同時にオサラバしましょう。

切り身部分は塩振って余分な水分を飛ばせばそれでいいし、昆布締めにして1日置くのもいい。でも肝は翌日までが期限だから、刺身に使うなら早めに食べること。

カワハギ系の肝は、1匹で手順を覚えれば流用できます。

肝を傷つけないためには、なるたけエラの部分に包丁を入れるのは避けること。

メバルの刺身も美味いとされるがギマと比べれば……

土曜に釣ったメバルは昆布〆にしてみました。

メバルの身は柔らかめで、脂もねっとりして刺身にするのが楽しみだった。2日ほど冷蔵庫で寝かせると、白から飴色に変化して理想の色に。

ちょっと味見をしたところ……。うん……特別うまいわけでもないな!

なぜかといえば、白身魚はもともと旨味が弱いから。臭みがないので誰にでも美味しく食べれるけど、寝かせると歯ごたえが薄れるので、刺身としてはちょい微妙に。

大きいと脂が多くなるし、やっぱり煮物のほうが向いている魚だと思いました。

刺し身に肝和えはやっぱホンカワハギやな

白身魚の肝は生食されることが多い。……正直いって私は苦手だけど。

ヒラメ、カサゴ、今回でメバルなど──釣り対象魚ではメジャーな連中の肝を頂いてきましたが、率直な感想をいいます!

「カワハギ以外の肝って、いうほど旨いか?」

特にホンカワハギを一度でも味うと、他は食べられなくなるほどの美味さ。釣り対象魚として人気なのも頷けます。

しかし、ギマはホンカワハギよりも釣りやすく、かつ数も多い。肝の味だってホンカワに劣らないですよ。

メバルの刺し身(昆布締め)となめろうwithギマの旨さを知ってくれ

中央はメバルの肝です。軽く茹でましたけど、バターでムニッたほうが良かったかな、と感じる味。

型が大きいと、半分は刺身でもう半分は他──と、幅を出せるのが楽しいですね。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生