メバルの刺身よりギマのほうが旨いんすよ!

釣り人は全て、ギマの美味さに気づいたほうがいい。

三脚みたいに立てて遊ぶ魚じゃないぞ!

捌くにはコツがいるけど、肝醤油で刺身を食べると……飛ぶぞ。

ギマの美味さに気づくとぜったいギマイングが流行る

ホンカワハギは人気対象魚かつ美味で有名。

いっぽう親戚のギマは、ぬるぬるしてトゲが鋭く、漁師や釣り人にとって外道の魚。……インスタグラマーには人気だけど。

肝の美味さはカワハギに負けず劣らないため、知ってしまうと、釣らずにはいられない。

そんなわけで、サッと釣ってバッと捌いた姿がこちらです。

捌いた状態の魚はわかりにくいので、複数釣った時はラップに名前書いてわかりやすいようにしている、の図。
ギマしか釣ってないからわかるやろ(クセ)

肝は血抜きすることが大事。薄めの塩水か料理酒にしばらく漬けおき、臭みも同時にオサラバしましょう

捌くのにはコツがいりますので、別記事にまとめました。参考にしてください。

メバルの刺し身も美味といわれているが…

前日に尺メバルを釣っていたので、刺し身を食べ比べてみることに。

メバルの刺し身(昆布締め)となめろうwithギマの旨さを知ってくれ
メバルの刺し身となめろう

昆布締めにしてみたけど、味はいたって普通の白身魚。めちゃくちゃ美味いわけでもないが、不味いわけでもない。……無難かな。

メバルはあまり筋肉質じゃないから、身が柔らかめなので、煮物のほうが向いてますね。

ギマはぷりっぷりの白身だから、刺し身で食べると歯ごたえがあるし、甘みも感じやすいんですよ。肝を醤油に溶いて、それを刺し身につけて食べると……もう戻れないよ?

ギマの美味さはこちらでも熱弁しています。ぜひご覧になってください。