トルザイトリングの利点って1つくらいしかないって知ってた?

 

ロッドガイドに使われる『トルザイトリング』は、様々なメリットが語られている。

やれ軽量化だ、それ飛距離UPだ、感度向上で即アワセだ……などなど。

だが巷でいわれるほど、劇的ではない。

 

それを信じて、買ってから気分が落ち込む前に、「SiC」と「トルザイト」の違いをちょっと教えておきたい。

スポンサーリンク

トルザイトリングの利点は「軽いこと」──くらい

トルザイトリングはSiCリングに比べ、内径が広がってリングが薄くなった分、軽量化に成功しています。

その効果は(単体で)最大約40%! らしい。うん、数値で見るとすごいですね(棒)。

説明としてはこのくらいで十分。

 

これだけではあんまりなので、もう少し詳しくいきましょう。

じゃあ実際に比べてみよう

トルザイトリングを使うと、「軽量! 今までもよりも軽い!」だので宣伝しています。

それは嘘でもないですが、セコイのは、ガイドフレームを含めた総重量で明記していないところ。

 

ガイドセットで重いのはフレームで、ガイドの外側についている金属の部分。

スチールやステンレスにチタンなどの金属が使われており、強度も必要なため、ガイドセットでは重くなりやすい部分。

 

SiCとトルザイトは、リングの外径は変わらず、内径が変化するだけ。その重量差は1グラム以下です。

トルザイトリング重さ比較

https://www.fujitackle.com/technology/torzite/

「ロッドガイドといえばここ!」な企業HPに、比較表があったので拝借。

ようはガイドリングだけで20%の軽量化をしても、1個あたり「0.1g」から引くだけの話で、ガイド6個あっても1グラム変わるか、変わらない程度。

なのでリングを換えるより、フレームがスチールならチタンにするほうが、軽さは実感しやすいでしょうね。

それでも1セットあたり10g変わればいいほうですけど。

 

だから「軽い!」「振りやすい!」なんて言う人は、あまり信用できません。

他の利点を洗い出してみる

とりあえず「軽い(軽量化)」はここまでにして──。

他にも「糸抜け向上で飛距離UP!」「ラインに優しい」「強度UP」など、問いたくなる事例ばかり。

一応ちゃんとした理由(裏付け)はある。

糸抜けが良いといわれる理由

 

 

トルザイトリングはSiCリングより薄くなります。

それにより、外径こそ変化しませんが、内径がSiCに比べて広くなります。

これが「糸抜けがいい」といわれる理由。

ラインに優しい理由

先の画像にある断面図を見てもらうと、トルザイトはSiCに比べ、ラインが触れる部分がなだらかな曲線になっています。

この違いを実感するには、ガイドにラインを通して、ギコギコと摩擦で切ろうとしてみてください。

疲れるけど、SiCリングのほうが先に切れます。

 

魚とのファイト中など、負荷がかかった状態でのライン保護には、一役買っているというわけです。

メリットと呼ばれるのは「そう、かもね?」程度で

トルザイトリングのデメリットは、ガイドに当たるラインの接地面積が多くなるため、糸鳴りが発生しやすいところ。

内径が大きく糸抜けがよくなっても、接地面積が増えることで摩擦は増える……。

プラマイゼロかな?

 

ガイド径が薄くなることで、振り抜き時の空力抵抗は、たしかに減少します。

強度については、SiCの時点でダイアモンド並の硬い素材。

どちらも傷には滅法強いが、衝撃には弱く、硬い地面に落とす割れることも。

 

フックでごりごりやったところで傷は付かない(はず)。

けれど、何かにぶつけた時は割れていないかチェックしましょう。

散々こきおろしたけど、トルザイトリングは悪物じゃあない

悪くはない、ただいわれているほど変化はしないだけ。

 

釣具において、数グラムが左右される世界はオモリ関係。

4gのジグヘッドと10gのジグヘッドじゃレンジがかわるし、ガン玉でいえばBと6Bの違いがある。

もともと100g超の物を数g変えたところで、変化は気付きにくいですよね。

 

「本当に違う!」を体験したいのなら、ステンフレームからチタンフレームに変えてみるといい。

数グラムは確実に軽くなるので、同じロッドでも振り抜く感触は変わるはず。

ただアタリ感度やバランスが変化するので、別物に変わる恐れもあるから注意。

ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生