マゴチの刺し身に飽きたなら

マゴチの刺し身はウマイ。

ウマイが……刺し身は飽きやすい。そこで「なんとかならないか」といわれましたが、加熱すればええんよ。

加熱したマゴチの旨さを釣り人は知らない

釣り人界隈はどうにも「新鮮な魚は刺し身がベター」の信仰が著しい。

いや、たしかにウマイよ? でも寄生虫リスクなり、味付けは下処理と醤油で決まるのって、なんだかバリエーション少なくない?

焼いた魚の旨さをもっと知って欲しい。

魚を焼くことのメリットはこんなにあります。

魚を加熱調理するメリット
  • 寄生虫の心配がほぼなくなる
  • 臭みを消せる
  • 一番ウマイ部位、皮下の脂を活かせる
  • 鮮度が落ちていてもなんとかなる
  • 味付けの方向性が豊富

刺し身にすると皮を使えないから、もったいないといえばもったいない。

マゴチは身が引き締まっているため、刺し身にするとコリコリで食感がいいけど、加熱してホロホロほどける食感も悪くないですよ。

なにより、寄生虫リスクがほぼなくなるし、臭みを消せるから、食育の段階で「魚嫌い」になりにくいメリットがあります

そんなわけで、魚、焼こう!

マゴチをトマトソースで煮込むだけ

マゴチのような白身魚は、味がハッキリする煮込みをすると、簡単に美味しくしあがります。

材料
  • マゴチ
  • トマト缶(カットトマトが楽)
  • 適当な野菜
  • 塩コショウ(適時)

トマトソースを作るのはとても簡単。

トマト缶を鍋にあけて煮込めばいいだけ。コクを出したければニンニクを炒めてからすればいいし、塩だけでも味は決まります。難点はコンロが汚れやすいことかな。

マゴチは煮込むだけだから、大名おろしの切り身を皮を落とさず、口に入りやすいサイズでブツ切りに。

魚と野菜をフライパンで炒めてから、煮込んでいるトマトソースにぶちこめば完成です。

慣れればクッソ簡単な煮込み

加熱調理のいいとこは、魚の臭みが苦手なら、ハーブなり香草で臭いを消せることですね。

魚嫌いは「臭いが嫌」って人が多いし、味覚が発達する前の子供には、優しく味付けしたトマト煮込みがおすすめ。刺し身で食べるより野菜も豊富だし、栄養価も高くなります。

刺し身より焼くほうが写真映えしやすい

刺し身って写真映えしにくいと常々思う。

料理店は皿なり付け合せで盛り上げているけど、なんの工夫もせず、皿に切り身を並べて撮るだけじゃあ、とても美味しそうには見えません。

魚料理は加熱したほうが簡単。グリルを使う必要はないし、フライパン1個でわりとなんでもできちゃいます。

一度でもいいからレシピ本を読んでおくと、魚料理のバリエーションの豊かさに驚くかもしれません。

料理

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生