投げっぱなしルアーマンin浜名湖

 

一方はエサ、一方はルアーの完全役割分担の状況確認DAY。

あまりにも釣れる気配がなく、「ルアーメンは1時間で何回投げれるのか」を試してみたりしました。

3時間くらいなら、投げっぱなしでもイケるんよ?

スポンサーリンク

投げっぱなしという修行

ウキフカセで木っ端と戯れるのは簡単なこと。

今日は趣向を変えて、「1日中ルアーを投げてみよう!」を実行してみることに。何事も挑戦(後悔)。

 

潮止まり以外は激流の場所だが、通りすがりの方がパックリくれば御の字。

投げっぱなしの修行は9時からはじめました。

 

……うん、予想はしていた。

 

いつのまにか夜に

 

ここまで通りすがりのボラさんに、2回当て逃げしたくらい。他は特になし。

 

ベイトを追う輩も多くはなく、それもカマスらしいジャンプ。

澄み潮だから、荒れるか濁りが入らないとルアーはやはり不利か……。

イワシだらけで豊穣な海だけど、今日は平和すぎです。

 

昼夜問わずボーッとしていれば、どこかで「ゴパァン」と跳ねるもんだけど、ボラ以外のライズはカマスっぽいのだけ。

この状況なら底狙いでしょう。

まあそこを無難に通せるルアーが、ないんですけども(白目)。

 

一日中ジグを投げてれば何かしらあったかもしれない。

けど船はガンガン通るしバンバン流れるから、世界に俺1人だけの状況くらいでしか無理なんだゆよなぁ。

果たしてルアーメンは1日で何回キャストしているのだろうか

というわけで、「1日何回キャストしているか数えてみよう」の結果を。

 

雑な算出方法として、「10分間でキールバイブを何回キャストしているのか?」を調べた。

そこから時間当たりのキャスト数が割り出せるし、休みなしのブラックフィッシングと仮定するなら、1日の平均も割り出せる。

条件は着水後カウント5以内(フリーにすればどこまでも流れる)、リトリーブはただ巻き秒速1回転、投点は50~60mで──。

 

闇夜でピスピスと、魚を釣る以外で投げるルアーメンがひとり。

ちなみにここまでで11時間が経過している。

 

10分間の回数を数えたら「17回

ということは、1時間無心で”ただ投げるだけマシーン”なれば、「約100回」投げているわけか……。

本日の釣行のうち、1時間は無関係の飯とカサゴたんで潰れているので、およそ「1000回」はロッドを振ったことになる。

 

ジグで100m飛ばした後とかは1分くらいかかるので、浜で投げている時では「60回/h」くらい。

──うん、すごくどうでもいい情報だった。

 

トラウトロッドで「メバリングとかどうよ」と思ったので、試しにカサゴたんと戯れたら、15cmくらいのを穴から引きずり出すのにすごい苦労した。

引きは楽しめる──けど、これ20cmくらいのかかっただけでタモ欲しくなるレベルやん?

アタリを取るのは早いから、口に必ずかかるのでリリースは楽ですね。

手乗りカサゴ3匹を釣り上げたことで姑息にボウズは逃れる。

 

夜はエサで30cmくらいのシーバス釣ってた人もいたので、ルアーはやっぱり夜のほうが無難か。

「フーン…俺はまだ1000回くらいいけるよ?」ってくらい上半身に余裕はある。ただベストを着ているとルアーの重量もたたって足腰が先に逝ってしまった。今度はいつもの装備時の重さを計らないとなぁ。

 

 

ベスト脱ぐとこんな感じです(マジで)

釣行記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生