【ジプシー82S】シンペン?Sミノー?いいえ、どっちでも使えます

 

「リップ付きシンキングペンシル」でもあるし、「シンキングミノー」とも明記されていることもある『ジプシー82S』

使い方によってはレンジバイブにもなる、実に多彩なミノープラグ

こいつには”万能”という言葉がよく似合う。

 

 

スポンサーリンク

今はおそらく店頭在庫メインのルアー

 

 

故に探すのも一苦労、カラーを探して更に一苦労。

ジプシーは中古でわりと見かけますけど、地味~な色が多く、ようやく巡り会えた「3Dバーニング」はエソくんを連れてきてくれました。

ダイワのバーニングイワシは万能です。

 

 

ミノーのようなシンペンだったような……でもレンジバイブのような

 

ジプシーは82mmで20.5gのシンキングミ──ペンシル。飛距離は60-70mくらいで、このサイズにしては飛ぶほう。

風を切るフォルムでもないため、向かい風や横風にはめっぽう弱い。

 

スイムに関して詳しくは先の動画を見てくれたほうが早いけど──

スローだとシンペンらしいスラロームに近いスイング。ミディアム(水面直下を通すスピード)だと暴れはじめ、ウォブリングに近くなる。ハイピッチではイレギュラーなヒラ打ちと実に多彩。

えぐれているボディ形状の恩恵でフォール時の姿勢もよく、ヒラヒラ落ちてアピール力も高い。

そしてなによりの武器は、20gにしては沈むのが遅い(40cm/sec)ところにもある。

 

ベイトパターンに合わせたり、ストラクチャー周りを狙うべし

 

ベイトパターンでは、イワシやイナッコを演出するのに向いている。

浮き上がりが結構早いので、ただ巻きでは水面下50cm前後。それ以下になるとレンジキープが難しいが、中層下ならトゥイッチを交え、弱った小魚を演出できる。

ボトムからのリフトではリップと形状のおかげで波動を生み出しつつ、比重のあるレンジバイブより遅いフォールが可能。

 

ジプシーは、ひとつのルアーにいろいろ詰め込みすぎて、全部試すうちに撤収時間が来るレベル。

 

カラー選択はベリー(腹)とフラッシングを意識

 

ジプシーは平面が多いルアーなので、日中ならフラッシング効果が高いホロシールを。

夜にはシンペンとしてねっとり見せるためにチャートやゴースト系。

 

普段シンペンをよく使う人にはとっつきやすいけれど、ミノーやレンジバイブを主に使う人にとっては、遅さにちょっとじれると思う。

レンジを中間で操作するにはかなりの慣れが必要。ちょっとでも海が荒れると、「今どこ通しているかわからない」ことが多い。

 

シンペンが荒天に弱いのはしょうがない

 

夏頃にマゴチ相手に「このフォールが効くだろう」って思い用意していた。

けれど、荒れている時ばかりだったから全然使えてなかった。それだけサーフでは、持っていても使える機会が少ない

しかし、このフォールの遅さで飛距離が出るルアーは希少。

遠い障害物や岸壁の際を狙う場所には特に向いている。でもサーフのような流れが複雑で大場所な所では使いづらいし、こっちではナレージのほうがいい。

 

ジプシーは海鱒に結構効くみたいですね。飛距離も出せてレンジキープして巻けるからかな?

泳ぎとしては”スプーン”に似た所もあるかもしれない。

 

ちょっとした弱点

 

フォールスピードが”遅すぎる”のが場所によっては枷になる。

 

荒れている時では波に揉まれるからテーリングが発生しやすいし、狙った場所を通すor落とすのが難しい。でも、流れが一定の河川では無難に使えるし、流れがない港湾部では丁度いい。

これらの要素を凝縮させて、ある一定の用途に昇華させたのを選ぶとなると、ナレージですね。

使い勝手としてはこっちのほうが方向性が決まっていてわかりやすく、優秀かな。

 

使い方によって、「秀才」にもなるし「器用貧乏」にもなる面白いルアーだと感じます。

ちなみに私のケース内だと、”いつも居るけど常にベンチウォーマー、代打の代打の切り札”という位置だったりする。

ルアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生