【ジプシー82S】シンペン?Sミノー?いいえ、どっちでも使えます

モアザンの「ジプシー82S」は、ひとつの概念に囚われないルアー。

メーカー表記はシンキングミノー。でも見た目はリップ付きシンペン、巻くとレンジバイブかなと感じる、多彩なミノープラグです。

こいつには”万能”がよく似合う。

スポンサーリンク

ジプシー82Sは使うために探すのが第一歩

モアザンのジプシー82Sは現在廃盤なので、購入するには中古で探すか、在庫のみになります。

故に探すのも一苦労、カラーを探して更に一苦労。

中古でそこそこ見かけるけど、地味~なカラーが多く琴線に触れなかった。

 

こつこつ探してようやく巡り会えた「3Dバーニング」は、エソくんを連れてきてくれました。

うん、結果は出したね!

レンジバイブっぽいシンペンが似合うスイム

ジプシー82Sのスペックは、82mmで20.5gのシンキングペンシル。

飛距離はサーフ仕様のタックルで60-70mくらいで、このサイズにしては無難に飛ぶほう。固定重心なので投げやすいですね。

ただし風を切るフォルムじゃないから、風にめっぽう弱い。

 

「アクションはどんなの?」……に関しては、こちらの動画が参考になるかと。

スローだとスラロームに近いスイングアクション。

ミディアム(水面直下を通すスピード)だと暴れはじめ、ウォブリングに近くなる。ハイピッチではイレギュラーなヒラ打ちと実に多彩。

えぐれているボディ形状で、フォール時はヒラヒラ落ちてアピール力が高い。

 

そのフォールアクションとあわせ、20gにしては沈むのが遅い(40cm/sec)ところに、釣れる要素が詰め込まれています。

ジプシーはポイントに落とし込む感覚で使うべし

先にいったように、フォールアクションが要なので、魚めがけて送り込む使い方がおすすめ。

ベイトパターンに使うなら、イワシやイナッコのシーズン向け。

 

巻きで使う注意点として、浮き上がりが結構早いです。

秒速1回転のただ巻きで水面下50cm前後。それ以下の速度でレンジキープするのはちょい難しい。

中層下ならストップ&ゴーにトゥイッチを交え、弱った小魚を演出するのがいいかと。

 

ジプシーはたったひとつでも、様々なアクションが実現できます。

レンジの自由度はシンキングならでは。リップ付きでも動きは大人しいから、こちらの要求に答えてくれやすい。

 

使い方によって「秀才」になるし、「器用貧乏」にもなる面白いルアーだと感じます。

ちなみに私のケース内だと、いつも居るけど常にベンチウォーマー。代打の代打の切り札という位置ですね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生