【モアザン ジプシー82S】シンペンとレンジバイブのいいとこドリ

モアザンの「ジプシー82S」は、テクニックがある人が使うと、無双できそうなルアーです。

シンキングペンシルっぽい動きをするけど、使い勝手はレンジバイブに近い感じ。レンジコントロールが得意なら、どんなポイントでも使えるポテンシャルがあります。

……廃盤だけどね。

スポンサーリンク

ジプシー82Sは使うために探すのが第一歩

モアザンのジプシー82Sは現在廃盤。

購入するには中古で探すか、在庫のみになります。故に探すのも一苦労、カラーを探して更に一苦労……。中古買取しているショップなら、たまーに見かけますね。

おすすめカラーは「3Dバーニング」!

ダイワのルアーカラーでも実績がありますし、実際使っていたところ、きちんと釣果がありました。

エソが良く釣れたよ!

レンジバイブっぽいけどシンペン寄り……かもしれないゆらゆらアクション

ジプシー82Sは「82mm」「20.5g」で、サーフ仕様のタックルで60-70mくらいで飛びます。このサイズにしては十分すぎるほど。

固定重心なので投げやすい、けど横風にめっぽう弱い……。

アクションはゆらゆらスイングアクション。いうなれば、踊り子のように腰をゆらゆら振る感じですね。だからこの名前なのかなぁと感じます。

実際の泳ぎに関しては、こちらの動画を参考にしてください。

スローでもファストでも使いどころさん満載!

ただ巻きだとシンペン。早巻きだとレンジバイブに近くなります。

小さいながらリップ付きなので、ある程度の上昇を抑えてくれるから、レンジ維持もリトリーブだけで可能。そのため”巻きだけで釣る”ことが得意なルアーです。

スイムよりも強力なのがフォール。

ボディの腹がえぐれており、フォール中はここが水を噛んでブルブル震えます。ゆっくりヒラヒラ落ちてくれるため、ピンポイントで魚の目前に落とせるコントロールがあると効果倍増!

サーフなら波打ち際から30m範囲を探るのに向いてます。

湾内シーバスだとさらに使い勝手は高くなり、壁打ちもいいし、落ち込みをねっとり狙うのもいいし、ただ巻きで獲物を待ち構えるのもいい──。

こういう自由度の高いルアー、好きなんです。

スポンサーリンク

最後に──夏の中小物釣りに向いている理由

ジプシー82Sは早巻きで暴れてくれるし、上のレンジを通すことが簡単です。

それなりに飛距離はあるため、ナブラが出たり、トップゲームが最盛期になると、それのフォローにこいつが活躍できます。トップで出ない活性ならレンジを落とせるし、早巻きすればトップルアーにも早変わりできる!

活性が高めなシーズンには、ジプシー82Sのような、1個でオールレンジを探れるルアーを忍ばせておくと、魚が居るかどうかを確認する時間を短縮できますね。

タイトルとURLをコピーしました