【インプレ】ジプシー82Sはシンペンとレンジバイブのいいとこドリで万能

モアザンの「ジプシー82S」は、テクニックに自信があるほど使い勝手のいいルアー。

見た目はレンジバイブっぽいけど、スイムはシンペン寄り。それらの中間に位置するアクションとレンジなので、”使い分け”が要になります。

はる@釣行中
はる@釣行中

廃盤で手に入れるのが大変だけど、いいルアーなんだよなぁ。

ダイワ
¥1,567 (2022/02/20 16:11時点 | Yahooショッピング調べ)

中古屋でジプシー82Sを見かけたらラッキー

モアザンのジプシー82Sは現在廃盤です。購入するには、中古で探すか在庫のみですね。

いいルアーだけど探すのが一苦労。好みのカラーに出会う保証もないし、状態がいいとも限らない。

サーフでは北海道の海マス相手に使われていたりと、太平洋側より日本海側のほうが見かけるかも?

もし「3Dバーニング」のカラーを見かけたら、即買いでいいでしょう。

3Dバーニングは(ダイワの)ルアーカラーでも実績があるほうだし、実際に使っていた時も結果はついてきました。

──主にエソだけど。

レンジバイブっぽいけどシンペン寄り……かもしれないゆらゆらアクション

ジプシー82Sのサイズとウェイトは「82mm」「20.5g」。

形は平べったいシンペンのようで、リップ付きのレンジバイブといわれたら信じるほど。

空力は不利な形ですけど、サーフ仕様のタックルで60-70mくらいは飛びます。固定重心なので投げやすいですね。

アクションはこちらの動画を参考にしてください。

ただ巻きでゆらゆらとスラロームするアクション。早巻きだとローリングが入って不規則な動きになります。

ジプシーの真価は落とすことにアリ

ジプシーはスイム中心で使うより、ストラクチャーに沿って”落とす”テクにマッチします。

シーバスの橋脚打ちや、堤防沿いなりかけあがりなど、ボトム付近に魚が居やすいポイントに投げ入れるのがコツ。

ジプシーはフォールでゆらゆらボディを揺らします。この時にフラッシングでおびき寄せたり、デッドベイトのような動きで食い気を誘います。

ウェイト20gもありながら、かなりゆっくりなフォールも相まって、テンションフォールからフリーフォールの”落とすテクニック”との相性が非常にいいルアー。

魚の真上に投げ入れる感覚でキャストして、ボトムまで落とすを繰り返してみましょう。

ジプシー82Sは夏の中小物釣りに向いている理由

ジプシー82Sはシンペンと同じ使い勝手です。

それなりに飛距離はあるし、ただ巻きでレンジキープできるし、フォールはレンジバイブっぽくピンポイントで攻めることができる。

80mmと小さめのルアーだから、夏のベイトパターンにはマッチしやすいサイズ。

この時期は表層付近の早巻きでも十分釣れるため、リトリーブもスローとファストを切り替えやすいジプシーは、魚の反応を探る”お試しルアー”として優秀!

ジプシー82Sがないなら他があるじゃない

ジプシーは廃盤のため、中古市場で探すのも一苦労。

しかし、世には「似たルアー」が必ずあるものです。個人的におすすめしたいのは2個のルアー。

ひとつはポジドライブガレージの「ジグザグベイト80S」。

特徴的なのは丸々としたボディ。リップレスかつシンキングなのは、水中で自由に動き回るため。リトリーブの調整や小刻みのロッドアクションで、多彩な動きを実現できます。

もうひとつはモアザンの「シャロースピン」

見ためはただのブレード付きのレンジバイブ。しかし使い勝手は自由で、シャローを引いて反応がなければ、ボトムまで落として低活性も引き出す能力があります。

ダイワ(DAIWA)
¥1,426 (2022/02/20 16:13時点 | Amazon調べ)

レンジを自由に選べるルアーはサーチ能力に優れるため、1個は持っていくと助かるシーンがあります。

ルアー

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生
error:Content is protected !!