iPhone7の防水機能は釣り人が思っているほど役に立たない

『iPhone7』の機能の中でも「防水・防塵機能」が注目を浴びています。

この防水機能を勘違いしている人が多い。

Apple側もそれを見越してか、ある規約も設けています。

スポンサーリンク

防水とはいったが完全防水とはいってない

言葉遊びみたいだけど、「防水・耐水・完全防水(耐水)」の違いはこんな感じ。

 

防水・耐水:ケース内に水が入らないとは言ってない

完全防水:ケース内に水は絶対に入らない

 

防水・耐水では端末内に液体が侵入する、完全防水では侵入しない──の違い。

「防水だから海ポチャしても大丈夫だぜ!」、ってわけじゃないです。

……ここを勘違いしていから、修理が高くつくのです。

iPhone7の防水防塵性能はほぼ最高ランクのIP67だが…

iPhoneやXperiaの防水・防塵性能「IP67」「IP65/IP68」ってどんな意味?
iPhone やXperiaなどのスマホで防水・防塵性能を表わす際に使われる「IP○○」という記号。これがどんな意味を表わしているのかを、簡単にまとめました。

 

IP67のうち、防塵の「6」は「砂漠でもオッケー♪」と塵すら通さない最高値。

けれど、防水の「7」は最高よりひとつ下

7と8にはかなりの差があり、ここが「不完全」と「完全」の境界線。

 

8は端末内に水が侵入することがない「完全密閉」であること。

7はある条件下(一定の水圧と30分以内)で水の侵入を限りなくゼロにする「不完全密閉」であること。

なのでiPhone7の防水性能は、「水深1m以内に30分間浸けても大丈夫(かもしれない)」という意味です。

 

ようするに、完全防水じゃないから、生活するうえでかかる分はいいけど、持ったまま風呂は入るなよ?(メーカーの代弁) みたいな。

スポンサーリンク

Apple「水濡れによる損傷は保証の対象になりません。」

製品紹介ページの注釈にある言葉です。

 

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

 

「耐水性能」と明記されているように、「防水になった!」と情報が出回っているのは、完全なる先走りといえます。

耐水は「水をかけるくらいなら(ある程度)大丈夫だよ?」な程度。

これも防水とはまた違う意味になります。

 

……ややこしいけど、「完全防水」でなければ水が原因で壊れる可能性は十二分あるってことだけ覚えてください。

なので安心してくださいケースメーカーさん!釣り人に対しては完全防水の需要はまだあるんですよ!?

大きさも『iPhone6』からコンマ1~2mm大きくなった程度なので、6のケースなら流用も可能かと。

インプレ便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました