ショウジンガニとムラソイがコラボした欧風煮込みを作ったよ!

私の料理は「適当」でできている。

今回は「ショウジンガニをベースにしたブイヤベースを作ろう!」……と思ってましたが、不慮の事故(まずあじ)につき、安牌を切りました。

テーマは「和解」です(今思いついた)。

スポンサーリンク

ブイヤベースもどきの仕込み

とりあえず、ショウジンガニを煮るだけなので材料はこう。

 

  • ショウジンガニ(5匹)
  • 水(カニが鍋で溺れるくらい)
  • 塩(大さじ1)

 

カニは「コイツ砂を吐くんよ」といわれてたけど、吐くまで活かす時間が面倒。

どうせ濾すつもりなので、とりあえず煮る。

カニが茹だったらガシガシ砕きエキスを抽出。

 

見た目はうまそう

 

ここで味を見たら、磯の香りというか……岩海苔の味やん?

これがちょっとクドすぎるので、濃い味でごまかすしか──。

 

「味噌汁が絶品!」といわれる理由もわかる。

試しに少しわけて味噌汁を作ったが、海苔(磯)の風味が少し和らいで、カニエキスの主張でかなり美味しくできてしまった。

もう味噌鍋でいいんじゃないかな……。

 

ゆくゆくは「ブイヤベース」になる段階で、これは第一段階の工程です。

あと2回くらい変身を残しているので、それに期待してみよう。

味に深みを与えるソテーを加えて誤魔化す

 

 

マッシュルームとソーセージ以外は適当。ニンニクはもりもりで。

そこそこ炒めてカニスープに加えると、驚くほど味が変わった(当たり前だよなぁ)。

ソーセージに練り込まれたハーブの、「平凡な味を統一して誤魔化す魔力」が発揮されたようでなにより。

適当すぎる料理は最終局面へ!

大きめだったムラソイとカサゴは、湯通ししてから丸々鍋に入れる。

落し蓋をして、中火以下で10分ほどグツグツしましょう。

 

 

カニエキスだけじゃ海鮮スープ感が足りなかったので、「冷凍シーフードミックス」を追加。

アサリが入っているのを選ぶと、出汁がでやすくていいですよ。

野菜炒めやパスタにすぐ使えるので、常備しておくと便利。

捕食する側とされる側が和解した、ムラソイの欧風煮込み

 

 

スープを味見して、アサリのいい仕事を確認。

脂もほどよく乗っていたムラソイは身もホクホク。スープをつけて2度おいしい。

 

ブイヤベースを作るつもりが、「アクアパッツァもどき」になってしまった。

カニからスープを取るのは、ワタリガニが向いているなぁと実感した一品。

ショウジンガニの味噌汁は本当に美味しいから、釣りあげたら1匹キープしてみて、丸々鍋にぶち込んで煮込んでみよう!

 

ショウジンガニ (イソガニ) | 市場魚貝類図鑑
「ショウジンガニ」の生息域や生態などの基本情報から地方名・食べ方・料理方法・料理例・加工品などを写真付きで解説。「市場魚貝類図鑑」は水産物関連著書多数のぼうずコンニャク主宰。掲載種は2500種以上。

 

身を食べようすると、少なすぎてキレます。

ショウジンガニは「出汁になる使命を背負ったカニ」と割り切りましょう。

残ったスープの有効利用にパスタを作る

先に鍋でトマト缶を熱し、水分を飛ばしておく。

そこに魚を盛り付けて残ったスープを加えてソースが完成。

あとはパスタを打ち込んでソースをからめ、粉チーズを適量入れ塩気ととろみを追加しハイ完成。

 

サラダとデザートがあれば、コース料理になりえますね。

ナイフとフォークで食べる練習ついでに、欧風料理に挑戦してみてはいかがでしょう。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生