スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本にある一風変わった釣り特集

 

つれづれダイアリーで釣り初心者のアリスが放ったひとこと……

 

「タコって釣れるの?」

 

そりゃあ一般人にとってタコは蛸壺にいるイメージが強いし、それが釣れるなんてまず思わないだろう。

しかし世には、タコ釣りよりも一風変わった釣りがある。

スポンサーリンク

釣り針を使わない「数珠子釣り」

旧石器時代ですら釣り針を使ったのに……。

釣り針を使わないとは、どういうことなの? 神の領域じゃないの?

でも内容を知れば「あっなるほど」と、ガッテンすると思う。

 

針を使わず魚を釣る!伝統漁法「数珠子釣り」の可能性
日本には釣り針無しで魚を釣り上げる驚きの伝統漁法がある。その名は「数珠子釣り」。 (平坂 寛)

 

簡単にいうと「ザリガニ釣りのハゼver」

記事中では「一応釣れますん」の感じだが、これで次年のシーズンを戦う猛者が現れるかもしれない。

手返しは最速でしょうね。

 

見えるハゼは、棒の先に針挿してイソメ付けて「おーよちよち」で釣れるからね。

ウナギの漁法でもあった気がするな……。

【変わったエサ】ソウギョだから草で釣れるに決まってんだろ!

ソウギョくんは名前の通りに草を食べる。川に浸るアシは彼の大好物。

その辺に生えている草で釣れる魚として、国内で最大かもしれない(他はいないんじゃないか)。

 

草で釣る詳しい方法はこちらを参考に。

 

ソウギョ倶楽部

 

ようするに、ソウギョくんが居るなら、草を浮かべれば釣れるわけです。

なんだか牧場体験みたいだな……。

 

サビキ釣りの仕掛けに「スキンサビキ」ってあるじゃないですか。

あれ原初はコンドーくんです。そうです、避妊器具のアレです。

タイラバも漁具の時代というか生まれた経緯は、ビニール袋やタイヤのゴムだったりします。

 

現在よく知られているルアー(疑似餌)の原初って、「そんなの使ってたの?」……なんてのもある。

なんたって、習性を利用していますから。

【北海道 豊浦】世界ホタテ釣り選手権大会

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

– 北海道豊浦町観光情報サイト

北海道はやっぱり、(ネタ方面でも)スケールがでかいなぁ……。

一見プロレスのポスターかと見紛うクオリティで、「新台入替初日!」と書いてあっても、パチンコの広告と思ってしまうだろう。

 

ホタテ釣りは決してネタではない。釣れる物である

 

ホタテ釣り – kenharuの日記

とはいえ、条例的にはアウト寄りです。

危険を感じるとスイスイ泳ぐアグレッシブなホタテさんは、トリビアにも出演したことがあります。

その姿はダイビングで追い回すときに見れるでしょう。

【まとめ】特殊な釣法は現代で完成された仕掛けで販売されている

エサ釣りの仕掛けは特にそう。

最初は針と糸と錘だけで構成されたシンプルな釣りも、名人と呼ばれた人が改良を重ね、現在の形に落ち着いた経緯がある。

ルアーは開発者の尽力だけど、仕掛けは人の閃きで進化してきた。

 

そんな仕掛け達も時代を積み重ねるとスレてくる。

それを使うってことは、他人も同じ物を使う──だからね。

 

釣り糸の歴史 - 昔の人は何を使って魚釣りしていたのか - 歴ログ -世界史専門ブログ-
「釣り糸」がない時代の釣り糸とは? 歴史の教科書の一番最初のページには、アウストラロピテクスとか、洞窟絵画とか、打製石器とか、骨で作った釣り針とかが載っています。 文明が起こる前から釣り針は動物の骨が使われていたというのは、そうだろうねと思いますが、じゃあ釣り糸は何が使われていたんだろう?って思ったことありませんか。 ...

 

原初に戻ってシンプルな仕掛けにしてみるのも、釣果に変化が訪れるかもしれません。

日本では「一風変わった」といっても、わりと地味です。

世界に目を向けると、もう何とコメントしていいかわからなくなります。

 

 

シューティングゲームかな?

 

ベトナムではワニ釣りが人気らしいですよ!

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生