【初心者お助け】釣り情報誌を1年間分12冊を追うべき理由

 

私は釣り雑誌をあまり読みません。

必要とはしないし、「なんか情報ないかな~」と立ち読みしても、だいたい見たことあるような内容が繰り返されている感じがする。

旬の魚と釣り方は数十年前と比べても、いうほど進化していないから。

 

でもはじめたばかりの人こそ読んで欲しい理由がある。

手っ取り早く覚えるため、月1冊、年12冊発行の雑誌を追えば、シーズン毎に釣れる魚と釣法が学べるからです。

スポンサーリンク

まずは自分が興味を持てる「魚釣り」を探すこと

魚釣りのジャンルは、場所と魚で分けられるので、選択肢は無限大。

まず決めるのは、自分の住んでいる地域から一番近い釣りを選ぶこと。

「近くでできる!」のは、モチベーションにも繋がるし、通うことで熟練度はあがっていくから。

 

例えば私が住む「浜松市」なら、海と川が選べます。

けれど一番近いのは「浜名湖」になるし、次いでは「遠州サーフ」になる。

 

近ければこそ定期的に足が向かいやすいし、季節や天候で何をどこで狙えるかを知っているので、釣行の組み立てもしやすい。

だからブログを書くネタにも事欠かないわけです。

 

まずは最も近い水辺を探し、次に魚を探しましょう。

魚種がわかれば勧めたい雑誌を決めやすい

水辺を見つけたら、次はそこに棲む魚を考えてみましょう。

これはネットの力を借りれば簡単。

例を出すと、浜名湖 釣り」「天竜川 釣りで検索して、上位10件くらいを覗いてみれば、だいたいそこの特色がわかります。

 

“特色”は旬であり、季節ごとに釣れやすい魚のことをいいます。

次はそこで見た魚を特集している雑誌を探してみましょう。

浜名湖ならクロダイが有名だし、遠州サーフならヒラメです。

なのでクロダイ 雑誌」「ヒラメ 雑誌で検索すれば、グーグル先生がオススメの雑誌を教えてくれるはずです(他力)。

「月刊誌1年分12冊」で学べることは一生モノ

私もかつては「東海釣りガイド」を購読していました。

ネットが普及する前なので、今よりも雑誌は多かったけれど、情報は雑誌か釣り人からしか知れないし、学べませんでした。

今はグーグル先生に聞けばいくらでも手に入るので楽な時代。

 

いくら情報が無料で大量に入るといっても、余分を整理しなければいけない。

その取捨選択ができるのは、実際に釣りをはじめてから。

「ごたくはいい、とっとと釣らせろ!」の精神なら、詳しい人を味方につけるといい

地域の釣り人のほうが、なんだかんだで雑誌よりも、特化しているからです。

逆に昔と今で変わっていることもある

ことあるごとに、釣り人からよく出る言葉がこれ──

 

「昔は入れ食いだったのになぁ…」

 

過去と現在で特に変わっているのは「個体数の減少」、そして「釣り場の縮小」という環境問題だけ。

それは「魚を探しにくい環境ができあがっている」と同義。

これをカバーするのは腕というより知識です。

 

本当に一生モノの知識を得れる媒体は、小手先のテクニックばかりでなく、魚の習性に基づいた知識を植え付けてくれる本です。

12冊の雑誌で壁を感じたら、こういう本を読んでみてください。

釣りそのものではなく、魚から知ろうとすることで、またひとつ壁を破ることができるでしょう。

ちなみに漁師の漁法から学べることも多いです。

「釣れやすい時期=漁期」ですからね。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生