【初心者お助け】釣り情報誌を1年間分12冊を追うべき理由

私は釣り雑誌をあまり読みません。

たまに立ち読みしても、だいたい見たことあるような内容が繰り返されている感じがする。

生き物相手だし、年ごとで釣れる魚はほぼ決まっているし、なにより魚釣りはいうほど進化をしていない。

 

でもはじめたばかりの人こそ読んで欲しい! その理由を書きます。

スポンサーリンク

まずは自分が興味を持てる「魚釣り」を探すこと

魚釣りのジャンルは場所と魚で分けられます。組み合わせ次第で選択肢は無限大!

そこから”やりたい釣り”を探す指標として、まず自分の住んでいる地域から一番近い釣りを選ぶこと。

 

例えば私が住む「浜松市」なら、海と川が選べます。

一番近いのは「浜名湖」になるし、次いでは「遠州サーフ」です。

近ければこそ定期的に向かえるし、季節や天候で何をどこで狙えるかを知っているので、釣行の組み立てもしやすい。

だからブログを書くネタにも事欠かないわけです。

魚種がわかれば勧めたい雑誌を決めやすい

釣りができる場所を見つけたら、次はそこに棲む魚を考えてみましょう。

例を出すと、浜名湖 釣り」「天竜川 釣りで検索して、上位10件くらいを覗いてみれば、だいたいそこの特色がわかります。

 

“特色”は旬であり、季節ごとに釣れやすい魚のことをいいます。

次はそこで見た魚を特集している雑誌を探してみましょう。浜名湖ならクロダイが有名だし、遠州サーフならヒラメです。

なのでクロダイ 雑誌」「ヒラメ 雑誌で検索すれば、グーグル先生がオススメの雑誌を教えてくれるはずです(他力)。

スポンサーリンク

「月刊誌1年分12冊」で学べることは一生モノ

かつては「東海釣りガイド」を購読していました。

ネットが普及する前なので、情報を得るには雑誌に頼るしかなかった時代。今はグーグル先生に聞けばいくらでも手に入るので、楽な時代。

「ごたくはいい、とっとと釣らせろ!」の精神なら、詳しい人を味方につけるといい

地域の釣り人のほうが、なんだかんだで雑誌よりも、特化しているからです。

逆に昔と今で変わっていることもある

「昔は入れ食いだったのじゃ……」と、じいたちの口からよく出ます。

過去と現在で海の様相は変化しており、深刻な個体数の減少、そして釣り場の縮小、大元では環境問題があります。

それは魚を探しにくい環境になっていることと同義。

 

それをカバーするのは腕というより知識

釣り具メーカーも培った科学技術と知識をフル動員して、魚に飽きられないようなアイテムを送り出しています。

それに活用できる一生モノの知識を得れる媒体は、小手先のテクニックばかりでなく、魚の習性に基づいた知識を植え付けてくれる本です。

12冊の雑誌で壁を感じたら、こういう本を読んでみてください。

釣りそのものではなく、魚から知ろうとすることで、またひとつ壁を破ることができるでしょう。

ちなみに漁師の漁法から学べることも多いです。

「釣れやすい時期=漁期」ですからね。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました