雪が降りにくい地域でもタイヤチェーンくらいは持つべき

 

「雪なんて降るわけないだろw」と安心できる地域ほど、大寒波が来てうっすら積もるだけで、交通機関がマヒする事態になる。

その理由は、スタッドレスタイヤにチェーンなどの、凍結道路対策を常備していないから。

「備えあれば憂い無し」です。

 

保管しやすくて、無いよりマシな、『非金属のタイヤチェーン』くらいは常備しましょう。

スポンサーリンク

暖冬といわれようが1回くらい雪は降る

年に数回、ヤバイ寒気が来るのはお約束。

その度に、「電車がー」「路面がー」などの、悲痛な叫びを聞く。

「今日はホワイトクリスマスだね。知ってる? これは俺は演出したんだよ?」

などとクサイ台詞の後、ホテルに向かう車がスリップして、壁ドーンとなっては”いたしとう”どころじゃありません。

 

雪があまり降らない地域ほど、積雪の対策と、危険度の認識は薄い。

「スタッドレスタイヤにしとけばええやろ?」と思われそうですけど──

スタッドレスが最強と思っているドライバーは多い

雪道を走行するのに、最も楽な選択がスタッドレスタイヤ。

換装しておけば急に降られても安心。ただし、雪が積もってないとタイヤの減りは激しい

素材が柔らかく溝も多いので、アスファルトだとロードノイズも響きやすく、乗り心地も悪い。

 

スタッドレスタイヤは、雪道で絶対に滑らないタイヤじゃないです。

あくまで「ノーマルよりはマシ」程度。

スタッドレスでもチェーンをつけたほうが、より効果が高くなります。

「ノーマルでも十分だけど…」って地域には非金属チェーンを所持するのがおすすめ

スタッドレスタイヤを履いていても、チェーンが必要になる区間は存在します。

アスファルトだけ凍っている状態とか、圧雪でスケートリンク状態のアイスバーンだと、チェーンを併用したほうが安全。

 

チェーンは鎖状の物が効果が高い。

でも雪が積もっていない路面だと、20km以下で走行しても、チェーンが切れやすいデメリットがある。

これは積もっている時こそ効果を発揮するので、そういう時に使うように。

 

ノーマルタイヤの補助としてオススメなのが、『非金属のタイヤチェーン』です。

これはタイヤ全体にスパイクをつけるようなもので、路面凍結だけしている状態だと鎖状より切れにくいメリットがある。

商品ごとで差はありますが、着けやすいのもいいところ。

雪があまり降らない地域でも、タイヤチェーンくらいは備えておきましょう。

全然使うことがないですが、私は一応持っています。

効果を上乗せする滑り止めスプレー

路面だけ凍結している状態は、はっきりいって一番危険な状態

タイヤチェーンを着けようにも切れやすく、スタッドレスも「無いよりマシ」程度の効果。

おまけに雪が降りにくい地域ほど、その状態になることが多い。

 

こんな時こそ、案外バカにできないのがスプレータイプのタイヤチェーン。

「お前は何をいってるんだ?」といわれそうだけど、凍結だけしている状態だと最も効果は高い。

タイヤにシューっとかけるだけなので、最も簡単な対策ですね。

ただし難点として、「効果時間が短い」です。

ちょっと走ってプシューを繰り返さないといけないから、要所に使うのがオススメ。

車内に常備こそしやすいですけど、高温になる真夏に放置すると、最悪爆発するので注意。

 

雪があまり降らない地域のチェーン選択は、非金属タイプが一番向いています。

雪が降りやすい地域で、都市部住みならスタッドレス。山間部なら鎖チェーンも予備に……てのが妥当。

あとは優しいアクセルワークと、ブレーキを心がけましょう。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生