【清水港】殺伐とする駿河湾に新たな釣り公園が!

 

魚釣りにおいて、何かとトラブルや閉鎖が絶えない駿河湾の港。

ついに新たな『釣り公園』が清水港に整備されることに。

県内で1、2を争う釣りのしにくさで有名な巨大港です(主観)。

 

除染処理で福島へ旅立ったメガフロートは、もともと清水港で釣り公園として活躍していました。

今度は新たに堤防として整備されるようです。

スポンサーリンク

新興津地区に新しい海釣り公園が!

清水港は貿易港で、SOLASガッチガチだから釣り人が立ち入る隙間すらない(ほど)。

釣りは貯木場のクロダイと、夜タチウオで有名。

でも「釣り場」として整備はされてはいなかった。

 

もともと「メガフロート」が、海釣り公園として運営されていました。

それがなくなってからは、魚釣りをするため、港に立ち入ることが難しくなっていた。

 

リンク 「海釣り公園」新興津地区に設置 静岡・清水港|静岡新聞

 

殺伐とした駿河湾に新たな救世主が!

 

近場には用宗と焼津に、整備された釣り公園があります。

これで公共性のある海釣りが浸透すればいいのだが……、魚は居着いてくれるのでしょうか。

完成は東京オリンピック後予定

そんなポンポン建造できるはずもなく、完成は2022年予定

五輪開催時はテロ対策やらなんやらで、港の整備は難しいだろうから、着工自体がそれ以降になるからではないですかね。

結構な規模を予定しているようだし、深い港内なので時間はかかるやもしれません。

海釣り公園が必要であれば署名を集めて行政に要望してみよう

ちょっと注目したいのが記事の末文──

 

興津地区連合自治会が15年、代替施設の建設を求める要望書を市に提出していた。

 

もっともな理由があって地域が要望すれば、行政は答えてくれるのですよ。

港内で釣りをしていい場所が産まれるのはいいことです。

 

でもまあ──

夜釣りが要にもなる地域だし、24時間営業の海釣り公園は聞いたこともないので、ゴミのトラブルが頻発したら、どうなるのでしょうね。

なんだかんだで継続するには、釣り人達のマナーが問われるのはいうまでもないでしょう。

地域ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生