AIでアングラーの脳死プレイ化は進むのだろうか

2017204tp111

 

「人工知能(AI)が進化するほど、人間の雇用は減少する」と、よくいわれている。

Amazonの配送ロボットが動いている姿を見ると、それもやむなしかと感じます。これから安定した雇用を望むのなら、ロボットを構成する”何か”に携わるのが賢い

その一方であまり変化していかない業種もあります。

 

仮に魚釣りが全自動化する未来を想像してみましょう……

それって、ただの「漁」じゃね?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AIに仕事を奪われるなら、奪われない仕事を探せばいい

 

我々は魚釣りを嗜んでいるわけですが、AIに奪われると思いますか?

私は思いません。ただの「漁」になるからです。

将棋の電王戦みたいに、AIと人が釣果を競う大会もでてきそうですけどね。

 

魚釣りは人が魚に挑む勝負事で、答え合わせみたいなもの。

「こうすると釣れるよ?」なデータは多く、それを参考にして、最善のメソッドを提供するのはAIが向いているでしょう。

けれども、実際に釣りをするのは、人間自身です。

 

ロボットに釣りをさせる時代は来るのだろうか

 

船上の釣りでは、現在の技術でも可能でしょう。

カツオの一本釣りも、釣り竿を装着したアームロボットが、「魚が掛かった!」と認識して引き揚げるよう設定すればいい。

 

陸上だと自立歩行・移動が可能なロボットが一般化する必要があります。

なおかつ、竿をどうにか持たせる必要がある。キャスティングはドローンで仕掛けをポイントに届けてもらうとかならいけるでしょう。

 

……とまぁ、IT力を使った魚釣りも現実を帯びてはいます。

しかし、ロボに任せて魚を釣りあげたところで、「それって楽しいの?」という疑問はあります。

 

だいぶ先の未来──”人間の代わりにロボットが稼ぐ”、なんて時代も来るかもしれません。

無重力下だとありそうだし、高所作業を遠隔操作するスペシャリストが出てきたりとかね。

 

安定した職には理由がある

 

なぜ公務員が安定した職業とされているのでしょうか。

それは国民を相手にしたサービス業だからです。国民が存在し続ける限り、職が失われることはまずないです。

それと同じように、「衣食住」に関する仕事も、派手に稼ぐのは難しいが、常に需要はあります。

 

 

ここで「AIの台頭で将来無くなるであろう職業」を垣間見てみましょう。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

 

これを見ると、「対人のサービス業務」と「数値データありきの業務」が大半です。

成形も製図データさえあれば、3Dプリンタでできますしね。

 

AI技術の最終目的地は、「人間になること」みたいなものですから、行き着くところまでいくと、人間が働くメリットってなんなの? と思ってしまいます。

 

 

個人で稼ぐ力が問われる時代に突入する

 

日本に中小企業が多い理由に、開業自体は楽なのと、「稼げる!」と知ればイナゴのように市場を貪りだすから、──などがある。

ある企業が取り扱える市場ってのは、ホールケーキみたいなものです。

 

それを4等分で分けあうのなら、4つの巨大企業がそこそこ満足する業績があるはず。

中小企業は大企業が等分したケーキを横からがじがじ食べているようなもので、交渉が上手ならうまく配分されますが、そうでなければ残り滓をかき集めたりで、ジリ貧になりやすい。

現在は学校の統廃合が多いと思いますが、企業もM&Aによる統廃合が加速しています。すると、分散された利益が集約されます。

これがある意味、「富の再分配」ですね。

 

それはそれとして、個人で稼ぐ力ってなんでしょう?

副業が注目を集めていますが、どうやったらいいのだろうと、悩む人はいると思います。

 

これは子供の頃に、家事の手伝いをして小遣いをもらった──みたいな感覚でいい。

ブログは「知識のおすそ分け」と思ってるし、せどりは「物の価値がわかる」って特技を活かすわけだし、レビュアーは「この人がいうなら間違いない」と思ってもらえる発信力でしょう。

とりあえず、自分のできそうなことから、はじめてみるのがいいかと。

 

まずはこんな本を立ち読みするとこからはじめましょう。

 

 

”散歩するついで”で、稼ぐ方法だってあります。

務めるだけしか、稼ぐ方法がないわけじゃありません。個人の力で稼ぐ方法は、業種が無数にあるように、選択肢は多く用意されています。

 

「ワイはなんだってできるで!」という人には、こんなサービスがオススメ。

 

 

ココナラ」は貴方の得意を売れるサービスです。

事務員の経験があればデータ入力を、絵が得意ならHP用の画像作成を、釣りが得意なら釣らせるテクニックを伝授、とかね。

副業本を見て、「これならできそう」を探して”本気で”実行すれば、月2万はわりとすぐに到達すると思う。

 

簡単に稼ぐ方法は無い──しかし、そうなる方法はある

 

「簡単に稼ぐ方法教えます!」とか甘い誘惑の広告は多い。

でも簡単に稼ぐ方法なんてありません。

簡単に稼いでそうな人は、そうなるために努力をした結果であって、明日からすぐそうなるのは無理な話です。

 

「手に職」と昔からいわれるように、自己診断をしっかりして、得意を確たる武器にするのが大事。

色々な物に触れてから、好きになれそうなことを、得意に変えていきましょう。

釣りの雑学
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生