AIでアングラーの脳死プレイ化は進むのだろうか

 

「人工知能(AI)が進化するほど、人間の雇用は減少する」と、よくいわれている。

Amazonの配送ロボットが動いている姿を見ると、それもやむなしかと感じます。

これから安定した雇用を望むのなら、ロボットを構成する何かに携わるのが賢い

 

その一方であまり変化していかない業種もあります。

仮に魚釣りが全自動化する未来を想像してみましょう……

スポンサーリンク

AIに仕事を奪われるなら、奪われない仕事を探せばいい

魚釣りはAIに奪われると思いますか?

 

私は思いません。

そうなると、ただの「漁」になるからです。

「こうすると釣れるよ?」なデータは多く、それを深層学習すれば、最善のメソッドを提供するのはAIが作れるでしょう。

けれども、実際に釣りをするのは人間自身です。

ロボットに釣りをさせる時代は来るのだろうか

船上では現在の技術でも可能。

カツオの一本釣りも、釣り竿を装着したアームロボットが、「魚が掛かった!」と認識して引き揚げるよう設定すればいいだけ。

 

陸の釣りだと、自立歩行・移動が可能なロボットが必要になり、竿も持たせないといけない。

キャスティングはドローンを使えばなんとでもなるが、人間のように投げることは、難しいままかもしれません。

 

……と、ITを使った魚釣りも、現実にはなっています。

でもロボットに任せて魚を釣りあげたところで、「それって楽しいの?」という疑問はある。

安定した職には理由がある

ここで「AIの台頭で将来無くなるであろう職業」を垣間見てみましょう。

 

 

これを参考にすると、将来なくなるであろう業種は、「対人のサービス業務」と「数値データありきの業務」が大半を占める。

AI技術の最終目的地は、「人間になること」みたいなもの。

それが行き着くところまでいくと、「人間が働くメリットってなんなの?」と思ってしまいます。

個人で稼ぐ力が問われる時代に突入する

個人で稼ぐ力ってなんでしょう?

それにあたる「副業」が注目を集めています。

でもどうやったらいいのだろうと、悩む人はいるでしょう。

 

それは家事の手伝いをして、親に小遣いをもらった──みたいな感覚で大丈夫。

人のためになにかをすることで、対価としてお礼をもらう。

そのわかりやすい形お金です。

 

ブログは「知識のおすそ分け」をして、対価をもらう。

せどりは「物の価値がわかる」特技を活かしつつ、需要の見極めが対価になる。

レビュアーは「この人がいうなら間違いない!」と思ってもらう信頼が対価になります。

 

とりあえず、自分のできそうなことから、はじめてみるのがいいかと。

まずはこんな本を立ち読みするとこからはじめましょう。

 

 

魚釣りでいうなら、「俺は誰にでも絶対釣らせる自信がある!」ならば、どーしても釣れない人のアドバイザーになることも。

実際に釣らせることができて、口コミなどで評価があがれば、十分ビジネスになりえるでしょう。

釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生