「釣り用ドローン」で魚釣りの経済効果が増えていくらしい

20170208tp1992

 

フィッシングショーが開催されても、「革新──つっても特に変わらんわな」で終わる釣り業界ニュース。

進化を緩めないIT業界に比べ、「ガラケーでインターネットができるようになったよ!」レベルの停滞っぷりは悲しいところ。

 

ITバブルは弾けたとしても、進化は止まらないのがこの業界。

AIやIoTの手が忍び寄る釣り業界だが、全然関係ないところから投げ込まれた「釣り用ドローン」

それだけではなく、海のレジャーの選択肢を更に増やしてくれる画期的なアイテムだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショア、オフショア問わず楽しむ泳ぐドローン「PowerRay」

 

釣りに行きやすいのが夏場だが、意外と釣れにくいのも夏である。

その頃に飛ぶドローンでも買って、静岡の大崩海岸で絶景を楽しむ──なんてことを考えていたのだが、完璧すぎる「泳ぐドローン」のニュースが飛び込んできた。

 

PowerRay Underwater Robot | Redefine Recreational Fishing

 

うわなにこれ、めっちゃ欲しい。

でも約20万か~。その価値はあるけど、海外のクラウド製品だからアフターサービスを期待できないし、悩むところ。

日本で同じような製品を出してくれてもいいのよ?(チラッ)

 

 

普通にネットだと販売しているけど、話題にあがらないのは、やはり値段か。

映像を売りにするYoutuberなら投資しても回収できるだろうけど、アングラーだとオマケ程度に使うくらいだろうから、人気爆発! とまでは、いかないんだろうなぁと。

 

「海中の映像をVRで楽しめる」ってのが気に入った

 

水中カメラとしても高性能だし、ネット回線を使ってライブ中継も可能だから、Youtuberにとっても武器になるでしょうね。

魚探レーダーの機能は「Fishfinder」と連携して使えるとのことで、過去に取り上げた製品が出てくるのもなんだか感慨深い。

 

陸っぱりのスマホ持ちには朗報、投げれる魚探「Deeper Fishfinder」
iOSとAndroidで使用可能。Bluetoothで通信する魚群探知機、Deeper Fishfinder。 これで$259.00だから安いなぁ。コンマがカンマだったら「◯ね!」って思うけど。 スマホで使えるし投げれる魚群探知

 

高画質カメラで水中のライブ映像が見れつつ、VRゴーグルを装着し、リモコン操作で海中遊泳もできるとか、濡れずにダイビング体験ができるのもいいところ。

海のレジャーとして、観光面でも新しいジャンルが生まれそうなデバイスと感じます。

水族館で使っても面白いんじゃないかな。

 

LEDライトとルアーで魚をおびき寄せる潜水ドローン 4K撮影も可能 - ライブドアニュース
1まるでチョウチンアンコウのようにアンテナ状の棒を持つ「PowerRay」は、本体に内蔵されたLEDライトや海中を探るソナー(音響探知機)を使って水中を泳ぐ魚をおびき寄せることが可能な潜水ドローンです。本体には4K撮
http://www.powervision.me/uk/html/pv/powerray.html

 

詳しくはこちらの記事を参照に。

──某社は、自ら探検していく探見丸を開発してもいいのよ?

釣りの雑談
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生