「釣り用ドローン」で魚釣りの経済効果が増えていくらしい

フィッシングショーが開催されても、「革新つっても、特に変わらんな」で終わる釣り業界。

進化を緩めないIT業界に比べ、「ガラケーでインターネットができるようになったよ!」レベルの停滞っぷりは悲しいところ。

 

ITバブルは弾けたとしても、進化は止まっていない。

AIやIoTとの親和性に期待している釣り業界。

でも「釣り用ドローン」は、全然関係ないところから投げ込まれた新アイテム。

それだけではなく、水辺のレジャーの選択肢を更に増やしてくれそう

ショア、オフショア問わず楽しむ泳ぐドローン「PowerRay」

釣りに行きやすいのは夏だが、意外と釣れにくいのも夏。

「本当に魚がいるのかい?」と水中を確認したいと、常日頃ボウズのたびに思っていたものだけど、完璧すぎる「泳ぐ水中ドローン」のニュースが飛び込んできた。

 

リンク PowerRay|Power Vision

 

うわなにこれ、めっちゃ欲しい。でも約20万か……。

その価値はあるけど、海外のクラウド製品だからアフターサービスを期待できないし、悩むところ。

日本で同じような製品を出してくれてもいいのよ?(チラッ)

釣りクラスタで話題にあがらないのは、やはり値段か。

映像を売りにするYoutuberなら、投資しても回収できそう。

アングラーだとオマケ程度に使う程度だろうし、人気爆発! とまでは、いかないんだろうなぁ。

「海中の映像をVRで楽しめる」ってのが気に入った

「PowerRay」は水中カメラとしても高性能。

ネット回線を使ってライブ中継も可能だから、Youtuberにとって武器になるでしょう。

魚探レーダーの機能は「Fishfinder」と連携して使えるようで、過去に取り上げた製品が出てくるのもなんだか感慨深い。

陸っぱりで使える魚探!「Deeperシリーズ」各機種の特徴を掴んで最良のフィッシングガイドにする
陸っぱり(ショア)の釣りでつくづく思うのは、「魚群探知機(魚探)があったらなぁ」に尽きる。でもIT技術の発達で、とうとう陸から使える魚探が登場! 「Deeperシリーズ」はタックルで投げて使う魚探。手元のスマホで魚の位置も地形も丸...

VRゴーグルを装着し、リモコン操作で海中遊泳も体験できるようで。

濡れずにダイビングができるわけだし、観光面でも新しいジャンルが生まれそうなデバイスと感じます。

水族館で使っても面白そう。

LEDライトとルアーで魚をおびき寄せる潜水ドローン 4K撮影も可能 - ライブドアニュース
1まるでチョウチンアンコウのようにアンテナ状の棒を持つ「PowerRay」は、本体に内蔵されたLEDライトや海中を探るソナー(音響探知機)を使って水中を泳ぐ魚をおびき寄せることが可能な潜水ドローンです。本体には4K撮
PowerVision|日本 - PowerVision|未来を革新する
PowerVision|未来を革新する

詳しくはこちらの記事を参照に。

──某社は、自ら探検していく探見丸を開発してもいいのよ?