【冬~春季向け】低温・低水温で戦うためのウェーダー選び

 

冬はどうしようもないですが、春も水温は上がりづらい時期。

ウェーダーを履いても、冷たく感じるのは当たり前。

だからこそ、なるべくぬくいウェーダーを選んで、風邪を予防しましょう。

スポンサーリンク

冷水に耐えるか防御するかで選ぶウェーダーの素材

水に浸かっても濡れないようにするのがウェーダーの役割。

簡潔にいえばただの防水アイテム

その種類はピンキリだけど、使える物は限定される。

 

厳寒期を戦う素材は、ネオプレンがベスト。

インナーましましなら、透湿素材(ゴアテックス)やナイロンでもいける。

でも1キャストで「これ無理ィ!」と、音をあげてしまうほうが多いと思う。

 

まずは厳寒期に使うネオプレンの選び方と、ゴアテックス・ナイロンとの付き合い方を紹介します。

フィッティングと素材の厚さが重要なネオプレンウェーダー

ネオプレンなどのゴム素材は、ウェットスーツにも使われており、水に浸かりつつの断熱・防寒対策はピカイチ

それには条件があって、ひとつは「水を通さないこと」で、もうひとつは「中の熱を逃がさないこと」

夏場のムレ度が半端ないのはこのため。

保温・保湿に重点を置いたのが、ネオプレンのウェーダーです。

腰まで浸かることを想定しなければ着脱のしやすさで選ぶ

ウェーダーの大半は胴長のツナギで、「履く」の表現があっています。

ようはオーバーオールのズボンみたいなもので、マリオ的な物。

ネオプレンは肌に密着するほうが暖かいため、素材は伸びるものの、ピッチリしすぎると脱ぎにくい難点がある。

 

ファスナーがついている物は着脱しやすく、突然のもよおし対策もできるので便利。

だけど、その部分の防水がどうしても甘い弱点がある。

 

 

BLUESTORMのネオプレンウェーダーは、ファスナーがあるけど防水はしっかりしている。

ストッキングタイプでありながら値段も手頃。

擦れやすい箇所に補強があるので、膝をついたり座ったりしてもよく、オススメの1品。

腰まで浸かるディープウェーディングならファスナーは避けた方が無難

「バチ抜け」を狙うシーバスアングラーは、冬季の過酷な状況に立たされる。

おまけに夜限定なので、「低温+低水温」による寒さはマジ半端ない。

 

ディープウェーディングする際に気をつけたいのは、肌着のインナーを考慮しつつなるべく密着する物を選ぶこと

ウェットスーツとは違い、ウェーダーは完全密閉にできず、保温能力はそれより下です。

防寒に重点を置くならば、お値段そこそこを選びましょう。

 

 

冬にディープウェーディングをするなら、マズメのウェーダーがオススメ。

シーバスアングラー用にカスタムしているようなものなので、海での立ち込みにおいて不満はあまりないはず。

ゴアテックス・ナイロンでも低水温に耐えるインナー選び

先にいっておくと、はっきりいってオススメしません(経験談)

 

ホットソックス、タイツ、厚手のズボンなどなど。

これらで防御しても、ウェーダーの素材自体が熱を通しやすいため、水温が18度以下になるだけでも体温が奪われやすく、とにかく寒い。

なので下にウェットスーツ着るほうがマシです。

 

 

磯ヒラをやる予定がある人なら、持っても損はないかも。

ウェットスーツは基本、足部分は別のソックスを足す必要があるので、ウェーディングに使うのは向いていない。

ナイロン素材のインナーに使うならアリかと。

サーファーが着る冬でも海に浸かれるウェットスーツの秘密

ウェットスーツには、「ドライ」と「セミドライ」の2タイプがあります。

 

ドライタイプは完全防水仕様で、中に絶対水が入らない仕組み

そのためインナーで断熱と保温を調整できるし、体が濡れないから着替中に寒くなりにくい。

出社前に一乗りしたい時に向いています。

 

セミドライタイプは水こそ侵入するけれど、体温で温まった水を外に逃がしません。

それが保護膜の働きをするから、体温を維持しやすく、低水温で効果を発揮する。

結果として濡れるため、終わった後に体を洗う必要があるのが難点。

 

値段はドライタイプが圧倒的に高価です。(5桁もザラ)

「ウェットスーツならなんでもいいのでは?」で選ぶのではなく、機能と使用方法から物を選ぶ癖を付けるようにすれば、賢い選び方も自然と身につくようになる

冬でも海に浸かれる製品には、それなりの理由があるわけ。

 

自分の釣りに合うウェーダーの選び方
多くの釣人は、ウェーダーを「安全装備」と誤解してそう。 落水の死亡要因は「ウェーダー(胴長)」がトップクラス。水に濡れないだけで、命を守るものじゃあない。 ライフジャケットとセットでなけれ...

 

季節毎や素材からウェーダーを選ぶ方法については、こちらにも詳しく書いてあります。