低温・低水温で釣り続けるためのウェーダーの選び方

低温・低水温で釣り続けるためのウェーダーの選び方

冬から春は水温が低く、浸かる釣りは”修行”の領域に突入する──。

下半身が冷えると風邪を引くこともあるし、トイレが近くなってしまう……。低水温でもぬくいウェーダーを選ぶ方法を教えます。

スポンサーリンク

ウェーダーは「耐えるor防御する」で選ぶ

ウェーダーはただの防水アイテムです。

種類はピンキリですけど、低水温時に使える物は限定されやすい。厳寒期なら「ネオプレン」一択です!──ナイロンとかゴアテックスをそのまま履くと下半身マヒします(実体験)。

ネオプレンウェーダーは素材の厚さが重要!

ネオプレンはウェットスーツにも使われています。真冬でもサーファーはこれを着てライドしているため、水に浸かりつつの断熱・防寒対策はピカイチだとわかるでしょう。

ただひとつ条件があります。それは水を通さないこと。

防水も兼ねているからそれは当然ですが、”中の熱を逃がさないこと”が何よりも重要です。ウェットスーツは若干でも水を入れて、それを体温で温めるほうが保温力が高くなります。

ウェーダーは水を入れないため、保温層の有無が低水温時に戦うポイントになります。だから夏場に履くとムレ度が半端ないわけですね。

厳寒期のウェーダーは着脱のしやすさも考慮に入れること!

冷たい水に浸かっているとね、トイレが近くなりやすいんですよ。だから高度に訓練されたアングラーはオムツ常備です(想像)。

実際、防水のためにウェーダーは極力ファスナーがないし、気軽にほいっとトイレで脱げる代物じゃありません。ましてネオプレンタイプは密着する素材で、蒸れて貼り付きやすく脱ぎにくい。脱ぎ捨てる前に手遅れになる可能性だってあります。

前面にファスナーがあって防水のウェーダー?そんな都合いい物、存在するのか……?

あるんです!!

BLUESTORMのネオプレンウェーダーは、前面にファスナーがあり着脱も簡単。丈も長くディープもできるし、要所の強化が非常に素晴らしい。

冬季に使うウェーダーは、素材はもちろんのこと、使いやすさまで考慮したほうが絶対いいですよ!

インナーにウェットスーツを選択するのもアリアリ

いくら厳寒期も戦う素材を選んだところで、寒いもんは寒いです。

ウェーダーはフィットが弱く、どうしても熱が逃げてしまう。だからインナーに何を着るかが重要になります。ならそれに、ウェットスーツを選べばいいのでは……?

ウェットスーツのメリットは、密着して保温力が高いのと、全裸で着てもOKなところ。最近はサーフや磯で着ている人もそこそこ居ますね。

寒くなったらトイレの小をすると暖かくなる、というライフハックもあります。後の掃除は大変でしょうけど……。

季節毎や素材からウェーダーを選ぶ方法については、こちらにも詳しく書いてあります。

タイトルとURLをコピーしました