ワームorエサを選べる「虫ヘッドパワー」で多くの魚と触れ合おう!

虫ヘッドパワー」は中型以下の魚向けの小型ジグヘッド。

ぶっちゃけ、どのジグヘッドも「エサorワーム」で使えるけど、虫ヘッドパワーは数多の物より、エサ釣り向けの機能が特化している。

桜も咲いて水温が上がりはじめると、足元で遊ぶ小魚が目立ってくる。そんな時に、「君たちとも遊んでみたい」を叶えてくれやすいのがエサ釣り。

 

 

どこそこに投げてリトリーブ1回転何秒ここでトゥイッチおら来たァ写真写真写真ハリハリハリー!

……とか、ガチガチに凝った意識高めの釣りをたまには忘れ、春の陽気を浴びてボーッと青空を見ながら釣りをしてみませんか?(だいたいいつもの自分)

──が今回のテーマです。

 

スポンサーリンク

ワームと虫エサはどちらがより釣れるのか

 

ライトな釣りに使うジグヘッドは、「ワームを使わなければならない」とは決められていない。

虫エサもフックに通せるし? 活エビを使ってメバルを釣れば、それは「メバリング」でいいと私は思う。意訳すれば「俺メバルやってる!」でいいだろうし。

 

アプローチで変わるのは、魚に食べてもらうか、食べさせるかの、僅かな違い。それが”ゲーム性”。

魚がいつも口にしている活エサを使えば、疑似餌より釣れやすいだろうとは、ルアーをやる人なら大抵感じること。

一方で、限りなく本物に近づけて食べさせるのも、ゲームフィッシングとしての楽しみ方の一つ。

 

「じゃあどっちも使えばよくない?」

 

 

正直いって、世にある小型ジグヘッド(針にオモリがついているタイプ)のどれでも疑似餌と活餌のハイブリッドな使い方はできる

針を強くして、口が硬いヤツも相手にできるようにした「虫ヘッドパワー」は、それより釣れる魚は格段に多くなり、とにかく1匹釣りたい人の秘密兵器になりえると思う。

 

どっちも使ってみた結果

 

メジナのフカセ釣りで、「オキアミの形したワームならいけるのでは?」と試したことはあって、反応こそするものの、食べはしなかった。正しくは、口に入れてもすぐ吐き出す、かな。

ロックなカサゴはどっちでも釣れやすい。でも、小型ワームに魚が同調しているのか、相応な手乗りサイズはぽこぽこ釣れやすい、とか。エサは放置で釣れるメリットも。

カニはエサと知るやマッハで挟んでくるのに、ワームだと逆に逃げていく。もしかしたら一番頭良いんじゃないかと思っている。

 

……などなど、両方を同じ場所で使うと、興味深い反応が返ってくるものです。

カニさんは別として。

 

ワームで釣れにくい魚を「虫ヘッドパワー」で釣りにいく!

 

ワームとエサで何が違うといえば、「匂い」と「柔らかさ」かなと。あとは自発的に「動く」とか。

大抵のジグヘッドは泳ぎを重視するために、バレットシンカーを付けたタイプが多く、投げるのに向いているが、真下の釣りは少し苦手

「灯台下暗し」、なんて言葉があるように、魚は足元(岸壁)にもいる。それを狙うに特化したのが「虫ヘッドパワー」かな。似たジグヘッドはあるけど

 

 

文字通り虫エサ装着に特化した作りで、エサズレ防止がワーム向けより広くとってある。

つまみやすい平らなウェイト部分の心遣いに、素直に落ちてウェイトから着底するから、根掛かり防止にもなる。よって、投げるより落とす方が向いている、というわけです。

針も太いからクロダイが来ても折られる恐れもない。

 

見た目がもう「カニと貝を使うクロダイの落とし込み用」にしか見えないが、針とオモリをあらかじめ接着してくれてある──と考えれば、それに使えるメリットも。

エサでクロダイを狙う人にも便利なアイテムだと思う。

 

釣れやすいエサ釣りで初心者を接待して仲間に…

 

虫ヘッドで足元を狙うなら、投げる必要はないので、初心者にキャストを教える手間を省けつつ、「こんな近くで釣れるの!?」と気軽さを感じてもらい、釣りにハマるきっかけにはもってこいだと思う。

でもその前に、虫エサを買う必要があるので注意点を。

 

1.釣具店が開店していないと買えない(自販機あれば別)

2.数日前に用意するならせいぜい3日前まで

3.冷凍エサはすぐに溶けない(溶かそ?)

 

当日の夜明けに「釣り行こう!」だと、(1)のパターンで「エサは?」……てなりやすい。自販機がある所でも、中身が少ないこともあるので注意。

地域差もあるけど、虫エサ代表のイソメなら、500円前後が最小ライン。エサ取りばかりでなければ、2人で半日は頑張れるはず。

数日前に用意するなら、濡れた新聞紙に包んで湿度を保たせておけば、3日は生きてくれる。

(3)のパターンは冬になりやすく、オキアミを現地で解凍するに時間がかかりやすい。水くみバケツを用意しておくか、事前に小分けして溶けやすくしておくとか、工夫しておけば大丈夫。

 

あとは釣り仲間に引きずり込むための”接待費”として、初心者向けの釣りセットを進呈してあげれば──。

 

 

もしも釣れずに「面白くないわ」といわれても、小型で置く場所にも困らないから、次の獲物を探しに行くのデス。

岸壁釣りにはこれで十分なので、「どうしても魚と遊んでから帰りたい!」って時のために、一緒に持っていくこともできるしね。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生