浜名湖からアサリが減った原因トリプルスリーを論破する【自然被害編】

2017319tp191

 

アサリの深刻な不漁により、今年も浜名湖の潮干狩りは中止となりました。

そういうニュースは地方新聞が真っ先に取り上げるわけで、私の耳にも入ってきたのですが──アオサの異常繁殖からの腐敗、クロダイが食べちゃう云々……散々聞いてきた内容ばかり。

そして締めに「原因はよくわからない」という。

 

ウナギとマグロもそうだが、なぜ頑なに「乱獲」を理由に挙げないのか。

 

自然資源の減少は、過去から現在まで、”自然を言い訳”にした記事が多い。それも原因の1つですが、根本的な要因は「人間」にあります。

メディアじゃいえないが、フリーでこそ論理で切り込めることができる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自然が原因と論ずるならそれらの被害を明確にして欲しいが──

 

「そもそも原因が解らない」と面白いジョークをかましてくれることが多い水産資源減少の原因。

本当にワカラナイのか、私にはそれがワカラナイ。

ただ1人が1時間くらいかけてググッた結果、それらを論ずるに値する材料が集まったのに、お得意な「感情に訴えかける作戦」だけでは、何も解決しないし未来もないことに気づいてほしい。

 

一通り原因として挙げられているのは、「アオサの大繁殖、からの腐敗による水質悪化」「ツメタガイ&クロダイによる食害」とされている。

が、因果関係や被害総額は明確にされていない。

今記事はそれらの「予想されている自然被害の因果関係」を追って説明していきます。

 

アオサの大量繁殖からの腐敗による被害

 

これは本当。

 

アオサが溜まりやすい場所は砂浜や潮溜まり、そして干潟。そこにはアサリも生息しやすい。

浜名湖のみならず全国各地どこの湾内でも繁殖するアオサは、これが腐ることで硫化物を含むガスを出し、水中は低酸素やら嫌なニオイで海底生物(主に底物)へ深刻な被害をもたらします。

 

──ここまでは判明しています。

ですが、漁場への明確な被害量は判明していない、という。よろしい、ならば論文だ。

 

アサリ資源の保全のための効率的なアオサ回収方法の検証

 

これは博多湾でも人気の潮干狩りスポット「和白干潟」で行われた実験結果を記録しており、「アオサ堆積によるアサリ資源量の変化」を試算したもの。

忙しい人向けにざっくり要約すると──

 

・アオサが溜まって腐るとその区域のアサリは滅亡する

・アオサが砂底部にかからないよう人為的に保護すると生存率が高ま

 

浜名湖でアオサが溜まりやすい場所は多く、それらの漁場が被害を受けていると推測できます。

それからアサリを守りたければ、「湖面が緑に見える草をなんとかすればいいかもしれない」とはなりますが、量が尋常じゃありません。

自治体の草刈りとはワケが違うので、それを漁師が自主的に行うか、広く雇用でアオサ集めをしてもらうか、地元にボランティアさせるか……などが挙げられる。

まあ何にせよ、カネがかかるわけですよ。

 

そもそもアオサは食用にできるんですけどね。天然健康食品として注目もされたそうですし。

九州の干潟では、陸上にあげて乾燥させて燃やし、対策をしているようですね。

 

ツメタガイ&クロダイが食べすぎた結果?

 

ツメタガイは本当だが、クロダイは因果関係が証明しきれていない、という。

この疑問をなんとなく釣り人に投げたら、「クロダイがアサリを食うわけないだろ。掘るの?(笑)」といわれたわけですが。

──ほんとぉ?

 

魚類によるアサリ食害-野外標本に基づく食害魚種リスト-

 

おいおいちゃんと調べているのかよってくらい簡単に見つかる件。

 

論文中では、2003年に広島湾大野瀬戸の干潟で、クロダイがアサリ親貝を食害するところを発見されており、30cmくらいのクロダイが口で砂をくわえて、左右に吐き出し、直径約10cm、深さ3~5cmの採食痕を残したと記録されている。

埋まっているアサリを掘り起こして食べる狡猾な相手。

浜名湖では、潮干狩り場の養生のため、干潟にアサリを撒いています。それはクロダイによって、「食べてください」といわんばかりである。

そして「エサが落ちている場所」として記憶され、なおさら被害が大きくなっているのが知られている。

 

キチヌ(キビレ)も同様に食害が確認されているが、クロダイほどじゃないみたい。

他にもベラやキスにハゼなどもリストにあり、干潟に生息しやすい生物は、稚貝や親貝で生を受けていることがわかる。

 

続いてツメタガイの被害想定はこちらから。

 

緑川河口域で見られたツメタガイによるアサリの食害

 

ツメタガイは貝に小さな穴を開けて中身を食べるという、「サムターン回しかよ」とツッコミたくなる奴(貝)である。

論文中にある実験は20年前。……20年の時を経て機材などが充実しても、”解らない”とはお笑いである。

これら「アサリの保護」の研究は主に九州での実験が多く、全国事例でも浜名湖はロクに出てこない。

 

それだけこの地域が、過去の豊漁を未だに追い求め続け、停滞した考えで水産物の保護に乗り気じゃないってことがわかる。

 

実験内容は「受け身なアサリと肉食系のツメタガイがルームシェアしてみました」という内容。

結果として、肉食系と同居したアサリはほぼ壊滅し、限定された寮で暮らすアサリは生存率が飛躍的に伸びた(温室育ち的な意味で)

肉食系のツメタガイは、エサがなくなれば移動して探し続けるようで、まるでストーカーのよう。

 

そんなツメタガイを駆除するにあたって、涙ぐましい努力を続ける漁業関係者。

日々の糧を得る一方で、同時に駆除としての”掃除”を行うのは難しい。「一般もできるだけ協力して!」と呼びかけているが、第一声に「それ食べれるの?」と聞かれそうなのであらかじめいっておく。

食べられます。

 

日中の浜名湖でウェーディングでもしていれば、ツメタガイの卵である「砂茶碗」を当たり前のように見る。

──のだが、夜行性の魚を狙うアングラーのほうがウェーディングをするので、”最も駆除の助力に近い人”が足元見えない状況で、砂茶碗を破壊してアサリに有害な生物の繁殖を手助けする可能性も捨てきれない。

ちなみにこれは”卵”なので、陸上にあげて乾燥させ、本当の意味で茶碗にしてあげてください。

 

ここまでは「自然被害の観点」、ここからは「人的被害の切り口」

 

浜名湖の潮干狩り場では、開催されている時期、毎日毎週、たくさんの人出で賑わっています。

「浜名湖にはこんなにアサリがいるんだね! すごーい!」と思われていそうです。

 

まあ傍から見れば「またアサリの奪いあいしてる(ニコニコ)」と、たいへん微笑ましい光景なのですが……不思議に思いません?

 

「生涯ほぼ移動しない生物が、毎週のように取り尽くされても、なぜまた干潟で採れるのだろう」って。

 

それに関しては後編の【人的被害編】で詳しく解説していきます。

 

浜名湖からアサリが減った原因トリプルスリーを論破する【人的被害編】
前編ではトリプルスリーのうち2つを取り上げました。 ひとつは「他の生物による食害」、もうひとつは「水質環境の変化」です。 最後に残されたのは、報道等で頑なに言及されない「人的被害」による原因を取り上げます。 「浜名湖の潮干
地域ニュース
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生