この夏、アングラーに薦めたいスマホがある【Xperia XZs】

2017513tp191

 

カメラに定評のあるXperiaの新モデルが、5月下旬に発売予定。

 

特筆すべきは「スーパースローモーション撮影」

緩急のある動的なムービーを簡単に撮れるスマホを使いこなし、SNSにアップして他との差をつけよう。

 

ソニーモバイルの「Xperia XZs」はここがしゅごい

 

スローモーション再生は、他のスマホでも一応可能です。

例えばiPhoneなら──

 

iPhoneで撮ったスローモーション動画の調整方法
iPhoneで撮影したスローモーション動画。スローにする部分を調整する方法を紹介します。

 

iPhoneにはもともと60fpsでの録画モードがあります。

これのスローモーション動画は、60fpsをフレーム間補正をして240fps以上にすることでスローに見えるようにしています。

 

動画でよく使われる「fps(frames per second)」の意味は、1秒間に表示されるコマ数のこと。この数値が多ければ多いほど動きが滑らかになり、少ないほどガクついて見えるようになります。

fpsの値が多くなるほど、秒間に保存される画像も増えるわけで、データ量が比例して増えていく欠点もある。

まあ男性にわかりやすく「揺れるおっぱい」で例えると、fpsの値が大きいほど、”たゆん”と揺れて「オホー!(歓喜)」ってなるし、少ないほど微動だにしない残念な瞬間になるわけです。

 

スーパースロー撮影を可能にするデバイスは「ハイスピードカメラ」が多いですが、それなりに高価です。

多くの市販品はせいぜい240fpsが限度の物が多い。それでもムービー編集ソフトでフレーム間補正を加えたりすれば、どんなデバイスでも”エセ”スーパースロー再生は可能です。

これらを一蹴するのが「Xperia XZs」で、最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能です。

 

ソフトバンクが「Xperia XZs」を5月下旬以降に発売 新開発のMotion Eyeカメラを搭載
ソフトバンクがソニーモバイルの「Xperia XZs」を発売する。基本スペックはXperia XZを踏襲しているが、カメラが大きく進化。スーパースローモーション撮影や先読み撮影が可能。

 

撮影時に1000fps近い録画をするので、例に出した数倍の滑らかさが表現できるわけです。

これで「おっぱいが揺れるとどうして男性は喜ぶのか?」という内容の論文に、「ただ揺れるだけではダメ、揺れる過程が大事なのです。……それでは資料をご覧ください」とパワポで攻めることも可能でしょう。

 

この撮影機能は、モバイルデバイスとして現状で最高峰です。

いつでも撮れるからといって、TPOをわきまえないと、ムショで規則正しい生活を送るハメになります。

 

魅せる動画は緩急が大事

 

スーパースローでよく撮影されるのは、”等速では一瞬すぎる”瞬間

水の波紋や、鳥の羽ばたきなど、自然界には一瞬かつ美しい瞬間がたくさんあります。

 

釣りでいえば魚が跳ねる時、泳いでる時、キャストする時、超高速ジャークをじっくり見たい──なんて時。

特にキャスティング指南においては、ロッドがどのように曲がり、ルアーはどのような向きで飛んでいくのか。体の細かい動きはどのようになっているのか。

そういう”動きの説明”に向いているのが、スーパースロー撮影された動画です。

 

 

野球やゴルフでスイングの説明によく使われていますね。こんな感じで、ルアーの動き方の説明にも向いているでしょう。

「マシンガンキャストをスーパースロー再生してみた」とか。それもうマシンガンじゃなくね? ってツッコミ待ちもできたりするし、映像表現も広がるってもんです。

それが可能になるアイテムが、手に収まるサイズで、電話もメールもネットもできるし、防水だしで、アングラーにとっては無欠の品ではないでしょうか。

 

乗り換え時期が重なってたら、これを選んでいるだろうなぁ。

雑談
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生