こぼれない弁当箱が釣りの弁当箱に向いている理由

「絶対にこぼれない弁当箱」は、ありそうでなかったアイテム。

今回紹介する『フードマン』は、完璧といっていいくらい“こぼれない弁当箱”。

 

https://togetter.com/li/1109874

 

これならライジャケのバックパックに入るから、1日探り周る時でも便利じゃない?

スポンサーリンク

フードマンは最強の弁当箱じゃね?

「◯研ゼミかな?」と思った販促まとめをどうぞ。

 

かばんに縦に入れられるお弁当箱「フードマン」が便利
ケース付きは結構高い

 

薄型のビジネスバッグに入る弁当箱といえば、重ねる2段式で小型なのが主流。

難点は小さいことで、昼食はガッツリいきたいと物足りない量になってしまう。

AIが刺身の状態を判断し、より美しいタンポポの添え方をするような時代が近づいても、弁当箱自体は、あまり進化していなかった。

 

「フードマン」は縦に置こうがひっくり返そうが、中身がこぼれないと評判の弁当箱。

暑い時期にうれしい「冷たい麺類(つゆ入)」も持っていくことが可能な性能。

「フードマン」はルアーケースとほぼ同じ大きさ

フードマンをルアーケースで例えると、メイホウのルアーケース「リバーシブル#100」とほぼ同じ大きさ。

横にしようがこぼれない利点で、ライフジャケットに縦置きで持ち運べる利点があります。

釣り場のゴミ問題解決にも繋がる持参弁当箱

釣りはどうしても手が汚れるし、できれば箸を使って食べたい。

ご飯におかずを添えた「弁当」を選択すると、容器が大きくなってしまうので、持ち運びに不便を感じることが多かった。

ガッツリ食べれる満足感はあるものの、釣りメシは「おにぎり」がモストになりました。

ゴミになるパッケージやフィルムなんか、ズボンのポケットに入るしね。

 

アウトドアのゴミ問題は未だに解決されません。

ユーザーそれぞれが「ゴミを出さない!」意識なら、それだけで解決する問題です。

食べた後の容器が邪魔と感じるなら、無くしたら怒られる弁当箱を持っていけばいい

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生