ブログの記事は「あたりまえ」ほど需要がある

 

ブログを続けるにあたり、壁になるのがネタだと思う。

「日々更新しないとしんじゃうぅぅぅ!」系のジャンキーブロガーでも、何かしらの要因で、足を止めることだってある。

 

そんな時は、「自分にとってのあたりまえ」こそネタになる。

貴方にとって当たり前でも、誰かにとっては有益かもしれないのだから。

スポンサーリンク

そもそも「検索されやすい記事」とは?

サーチエンジンで検索表示されるサイトは、上位(1ページ目)であるほどアクセス数は多くなる。

それとは別に、個人に魅力があるサイトもアクセスが集まりやすい。

前者は流動的なアクセスで、順位をキープすれば安定し、後者は固定ファンが多いほど安定する。

 

どちらも意図的に「成る」ことはできます。

でも楽して稼ぐために、まずはその仕組みを築く必要があるわけですよ。

魚釣りでよくある「あたりまえ」

「魚釣り」という限定ジャンルで、検索されやすい記事内容は2種類くらい。

 

  1. これから魚釣りをはじめたい
  2. 魚釣りをさらに上手くなりたい

 

(1)はノウハウ(How to)として記事にできる。

釣りを含む趣味は、これから始める人ほど初期投資が必要になるので、「物を売りたいブログ」に扱うなら有効な手段。

「ブログで稼ぐ!」謳い文句の勧誘やら書籍の内容は、大半がこれ

 

(2)はさらに知識を読者に与える系の記事。

これは書き手側の知識や技術に価値があるかどうかが重要で、難しいことをどれだけ簡潔に伝えれるかが大事。

釣りの楽しさを、自分を通して伝えるのも、ひとつのやり方ですね。

いまさら「あたりまえ」を書く重要性

「今さら聞けない」を冠とする記事タイトルは、地味に人気があります。

知る人と知らない人で齟齬が生まれ、議論を呼び込むので、話題が広がりやすいからだと思われます。

あるあるネタは世間話の鉄板だしね。

 

「あたりまえ」でブレイクしたといえば、COWCOWの「あたりまえ体操」でしょう。

 

 

「右足を出して左足を出すと……歩ける!」

「今更こんなこと書いても需要がないだろう……」、その考えはただの決めつけ。

釣り歴が長い人ほど、“あたりまえ”を感じることは多いでしょう。

 

ラインの結び方から道具の選び方。

魚の種類やそれらを育んでいる生態系のこと。

──それらを知り、歩みとしてアウトプットすることは簡単なようで、実は難しい。

興味がない人に勧めることはどんな分野でも難しい

釣りが楽しいと思わせるには、笑顔で釣りをしている自分を。

釣りの奥深さやマナーを説くなら、はじめての人でもわかるような説明を。

魚を釣りたい人を助けるならば、それを釣った経験を反芻すること。

 

これらをコツコツ書き出せば、経験者なら毎日1記事2ヶ月分は完成できるのでは?

経験者のあたりまえは、未経験者にとって「知りたいこと」であり、進んで教えてくれないことなんですよ。

だから「放っておいても収益を生み出せるブログ」を作りたいのであれば、「知識の深掘り」をしたHow toブログが長生きできます。

 

「絡まったサビキ仕掛けをなるべく早く解く方法」とか、ちょっとした体験談を書き出すだけでもネタになります。

「俺のマグシールドはメンテフリーで2年保ってるけどなんで君らのはサビてるの?」とか、道具の正しい取り扱いだって、説明書には記載されているけど誰も読まないでしょう?

 

 

ふと疑問に思うことを書き溜めておけば、こんな本も出せるかもしれません。

いまさら聞けないことをこっそり教えるのって、ブログの強みじゃないかなと思っています。

バカになれるほど人気はでやすい

稼げるノウハウを、自然に実行してしまうのが、天才といわれる人達。

でも多くの成功者は、損する未来が見えるから誰もやらないことをやり、馬鹿にされつつも──てパターンがほとんど。

それを簡潔にいえば、「当然から外れれば革新になる」みたいな感じ。

 

当たり前から少し外れるだけで、自分が見えてくるかと思います。

それは無難な人気こそとれますが、「普通で横並びな烏合の衆」を脱しないと、トップにはなれません。

既存から外れないと、新技術は生まれませんからね。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生