クーラーボックスのウンチク『一般と釣り人が求める理想』

 

ホームセンターで売っているクーラーボックスは比較的安い。

釣具店で売っている釣具メーカーの物は、それの倍以上することもざら。

その違いは何なのか

 

簡潔にいえば「保冷力」だけど、使い方次第で、どうでもいいことにもなる。

それが一般目線と釣り人目線の違いです。

スポンサーリンク

保冷力が「強い」クーラーと「弱い」クーラーの特徴

保冷力を高めるには、「断熱」と「密閉」が必要。

それを強力にするほど、値段と重量はかさんでいきます。

端的にいうと、クーラーボックスは「重いほど保冷力が高い」わけ。

 

これはホームセンターで売っている物と、釣具メーカーの物を持ち比べてみれば歴然。

安物のクーラーボックスは、ささやか程度に断熱材を使っていて、軽いかわりに外側を押すとベコッと凹むくらい弱い。

釣具用は断熱材がみっちり詰まっている感じで、「バカじゃないの?」てくらい重いのもある。

 

この違いは、想定される用途と使用時間から考えると、「なるほどなぁ」と感じるかもしれません。

クーラーボックスに水と氷を入れて冷やすメリット

BBQではクーラーに水とカチ割り氷を入れ、飲み物を冷やしておくことが多い。

缶やPETボトルは空間で冷やすより、全体を水に触れて熱を奪いつつ、氷がアシストしてくれるため、飲み物を冷やすならこの方法がはやい。

つまり、「急速冷蔵」に向いています

 

15Lのボックスに10Lの水を入れれば、それで10kg以上ですし、当然ながら重くなります。

この方法で魚の保冷もできないことはないけど、水に浸けると浸透圧で身質が水っぽくなったりするし、何よりクソ重いので疲れます。

1人で持ち運ぶにはやはり、「軽さ」は重要ですね。

断熱が完璧すぎるクーラーボックスのメリットとデメリット

炎天下でも少ない保冷剤で、冷蔵を維持できるのが最大のメリット。

オマケとして軽量化と、スペースを有効活用できるところ。

飲み物・食べ物・魚・エサなど、色々な物を入れて、持ち運ぶことができます。

 

デメリットは些細なことですが、断熱素材を使うため肉厚になり、重くなります。

大きさの規格には内容量の「リットル」が使われています。

容量はそれでわかるとしても、正方形や長方形もあるし、実際に見て選ぶほうが無難。

 

釣り用のクーラーボックスでおすすめしたいのはダイワ製。

保冷力も抜群だし、上部に小窓があって冷気を無駄に逃さない工夫。

メーカーのオプションで、ハンドルやベルトも付け足すことが可能だし、自分好みでカスタムすることもできます。

その自由度で、内部にエサ箱を取り付けれたりと、「1台でなんでもできる」をしやすいのがダイワ。

通販サイトだと、セール対象になりやすいのも魅力のひとつ。

店頭で探す「強いクーラーボックス」の選び方

保冷力に信頼を置ける特徴は、重いことです。

ネット販売では直接触れることができないので、商品レビューを頼りにするか、メーカーの営業トークを信じるかを選択することに。

触れて選べないため、期待ハズレを掴む可能性は捨てきれない。

 

リサイクル店だと実際に触れることはできますが、「その性能はいかほど?」で迷うことも。

その違いを理解するには、ホームセンターで並んでいるクーラーボックスに触れてから、釣具屋の箱と比べてみてください。

安いのは釣具用と比べると、「ダンボールかな?」と思うくらいべこべこ凹む。

断熱材がみっちりしていると、木の板みたいに硬い。

この違いを触れて覚えておくほうが、ハズレを選ぶ率が格段に減ると思います。

タックル・小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生