デカイ魚を釣りたい?まずは目標を設定しましょう

魚釣りの大会は、釣れた個体の大きさで競うことが多いため、よりデカイ魚を釣るほうが強いわけですが、そう都合よくいかないのも面白さのひとつ。

意識してデカイ魚を釣ることができれば、プロになるのも簡単なはず……。だけど誰でも釣れるわけじゃない、だからこそプロが存在しています。なぜトップクラスが集まる大会でも、優劣が生まれてしまうのでしょうか?

デカイ魚を釣るためには、まず目標ありきで、最終的には運が絡みます

スポンサーリンク

まずは「デカイ魚を釣りたい!」を目標にしよう

デカイ魚は簡単にいうと、限界まで成長した魚が該当します。大半の魚は5~10年の成長が必要です。全てがそこまで成長するわけでなく、自然の驚異、別の魚の驚異や人間から逃げ続けるなど、ある意味”選りすぐられた個体”こそ、デカイ魚になります。

選りすぐられた個体たちは、あらゆる危険を乗り越えてきたエリート。社会でいえば年収億円プレーヤーみたいなもの、そこらの道端でホイホイ声をかけることもできません。

──なら、どのようにして近づけばいいのか?

考え方としては簡単。何時何処に現れるのかを調べればいい。そんなヒットマン思考こそ、デカイ魚を釣るために必要不可欠なのです。

デカイ魚が何処に居るかを探す

デカイ魚を釣るためには、デカイ魚が居る所で釣りをしないと成立しません。

誰しも知りたい情報でしょうけど、探す方法はわりと簡単──過去にデカイ魚が釣れた場所に通い続ければいいだけ。ランカーサイズが釣れた場所はメモっておくと、未来でオイシイ思いができるかもしれません。

これで”何処に居るか?”をおさえることはできました。次は”何時釣れるのか?”です。

デカイ魚が何時釣れるのかを調べる

魚には本能と習性があります(個体差はある)。

魚に旬が存在するのは、日本に四季があるためです。四季で何が変わるのかっていうと、気温であり……水温ですよね。魚には適正水温があるため、これを大きく逸脱する水温になると、適正の地域を探して移動をします。

魚は通年、同じ場所に居続けることはほぼないです。逃げ場のない湖でも季節によって、浅い場所と深い場所で切り替えています。だから季節によって釣れる場所も変化するわけです。

実績のある釣りポイントに人気が集中する理由

──以上をまとめると、過去にデカイ魚が釣れた場所は、もう1回釣れる可能性がある! ──かもしれません。

一度釣れると”実績”のレンガが積まれ、これが高く積み上がっていくほど一級ポイントに成長します。とはいっても、そこ以外で釣れる可能性だってあるし、季節によっては全然魚がいない状況も十分にありうる……。

重要なのは、「何時何処で何が釣れたか」。

この情報を多く仕入れ、時期によって使い分けることができる人ほど、当たり前のようにランカーサイズをぽんぽん釣れるようになります。

スポンサーリンク

ランカーサイズを仕留めるのに道具は重要なのか?

シーバスやヒラメでいうランカーサイズは最大でも約10kg。対象魚を釣りあげるためのタックルは、基本的に”魚の見込み重量”で考えられます。これについてはこちらの記事を参考に。

シーバス1mに座布団ヒラメだろうが、クロマグロ100kgに耐えるタックルなら赤子同然です。ではなぜ魚釣りは、タックルに余裕のある状態でやらないのでしょう? 必要以上のスペックなら、「ラインが切られた~」なんて言い訳もでないはずです。

魚釣りはですね、(釣りあげるのに)難しい状況だからこそ評価される慣習があります。

例えばある魚の世界記録を申請する場合、個体の重さが第一ですけど、仕掛けの強度も記録されます。釣り大会でもそうですが、釣れるギリギリの細いラインを使うほうが、記録として認められやすい。

しかしこれは大会や記録を狙う場合だけです。ただデカイ魚を釣りあげたいのなら、ゴツいロッドに太いラインを使うほうが簡単なのはいうまでもありません。

デカイ魚をいなすランディングテクニック

魚は大きくなるほど、力強く真っ直ぐ泳ぎます。

釣り番組で、魚がかかるとロッドを左右によく倒す光景があるでしょうけど、あれは魚の進行方向とは逆に倒しています。そうすることで穂先を中心にぐる~っと周り、泳がせることで疲れを誘発させたり、ラインが擦れて切れる箇所を避けたりしています。

簡単にいえば、引っ張られる方向と逆にロッドを倒せばいいだけ。

この感覚を養うには、ニジマス釣り場のような管理釣り場が向いています。数をかけて慣れると、ロッドにかかる負荷だけで、魚の頭が今どっちに向いているかわかるようになります。この経験は夜間でこそ発揮されます。習うより慣れよう!

バラしたら言い訳よりも状況判断で犯人を突き止めよう

魚をバラすのには必ず原因があります。

ラインが切れたならそこを確認。フックの上ならアワセが遅く飲み込まれていた可能性が高い。それともロッドのいなしかたが悪く口にかかったか。結び目なら結束が甘かったろうし、全然関係ない箇所なら擦れで切れたか、耐力強度が足りないか──。

フックが折れたなら強度不足だろうけど、一度曲がったのを直した可能性だってある。フックは貫通して深い部分まで刺さらないと、綱引きで簡単に曲がってしまいます。

──なんであれ、対象魚を釣る推奨スペックを満たしつつ、正しい道具の使い方をしていれば、そうそう壊れないし切れることもないから、バラシの原因はだいたいアングラー側にあります。

テクニックで釣ることが大好きな人たちのはずなのに、失敗を道具のせいにすることが多いのは、なんでなんだぜ?(煽り)

スポンサーリンク

ランカーハンターになるための三箇条

この3つを厳守すれば、釣れる可能性は高まるでしょう。

  1. デカイ魚が釣れた場所を記録しておく
  2. デカイ魚でも心を乱さずやりとりを
  3. 釣りに行こう(真理)

どれか1つ抜けてもランカーハントは成立しにくい。これらの情報は、一介の釣り好きなら大抵はおさえているはず。知らないのなら、スポーツ新聞なり釣具店の情報を逐一メモっておきましょう。新聞なら図書館でバックナンバー読めるしオススメ。

それを知ったら旬(季節)で対象魚とポイントを絞ります。あとは釣れるまで通い続けるだけですが、知識や技術を身に付けても、最後に立ちはだかるのは”運”です。

だってそのエリアにランカーが居るとしても、射程距離に居なければ釣れないでしょう?

デカイ魚を釣る目標は魚釣りの総決算みたいなもの

デカイ魚を釣るために必要なことは、魚釣りにおいての総決算みたいなものです。持ちうる技術と知識を総動員して挑みましょう。

「釣れた!」っていう誰かのデータも、少しずつ集めておくと役立ちます

「楽して稼ぐ」のは悪者と思われがちですけど、でもそうなるよう努力した結果であって、誰しもすぐなれるわけじゃありません。1年で年収1000万を達成できる情報教材があるなら、どうしてリーマンの平均年収は500万以下なのだろう……。

人それぞれに適正はあるし、タイミングがあるから、地道に1歩ずつ進むのがランカーハントへの近道です。

魚を見つけるのは「知識」、釣りあげるためには「技術」、両方が備わってようやく、デカイ魚を相手にしても物怖じしなくなります。なのでサイズを追求するのは”行き着く先”といえますね。

魚の最大成長は未解明のため、ゴールがありません。だから魚釣りを覚えると生涯飽きることがないと思います。

タイトルとURLをコピーしました