夜釣りで道糸(ライン)を見ながら夜釣りができれば…を実現した「ナイトサラウンドヴィジョン」

夜釣りで道糸(ライン)を見ながら夜釣りができれば…を実現した「ナイトサラウンドヴィジョン」

「ラインでアタリを取れ!」といわれますが、夜釣りで見えないのにどうしろってんだよ──と感じたことはありませんか?

サンラインの「ナイトサラウンドヴィジョン」でラインを照らすと、魚に迷惑をかけずラインを目視できます。夜釣りがメインの方にとって便利なアイテムですね。

スポンサーリンク

夜釣り専用ライトのナイトサラウンドヴィジョンは有能なのか?

デイゲームとナイトゲームで大きく違うのは、道糸(ライン)を目視できるかできないかの違い。見えないことが不利に働くのは、フォール主体でアタリが小さいアジングなどの”ライトタックル”が該当します。

常夜灯がないポイントでやったことのある人は、「ラインが見えたらなぁ」とため息をついたことが、きっとあるでしょう。『ナイトサラウンドヴィジョン』ならそれが可能になります。

夜でもラインが見えるライト」の文言で、私は「それってブラックライトじゃ……」と思いました。でもそれを搭載するヘッドライトは他にあったか──?

探したらありました。こちらの記事中にあるTAKAMIYAのライトと、サンラインのナイト(略)を比べると何が違うの? ……それは、ラインの可視モードを常時できるかできないか──くらい?

常時点灯でも魚に警戒心を与えない特殊な光

”光るライン”に反応した私は、「特殊な成分を合成繊維に混ぜて夜でも光ってみえるの? すっごーい!」と連想しました。そしたら蓄光ではなく自然発光でもなく、ライトを介してだった……。蛍光ラインが浮かび上がる光は、もともと在る技術(ライト)なのでガックシなのだ。

てことは、ラインに光を当てないといけません。そうすると「魚が警戒してしまう」と、身構えてしまう……。でもその疑問は、公式HPの説明で解消されるでしょう。

ナイトサラウンドヴィジョンの説明|サンライン
常時点灯でも魚に警戒心を与えない。つまり俺が常夜灯に……?
http://sunline.co.jp/sl_html2/products/wear/status/nightssurround.html

ナイトサラウンドヴィジョンを使えば、水中を脅かす必要がないから、”ラインを視認するための光”として使えます。

夜間でも道糸が見えるなら、小物にチョンと引っ張られるアタリも判断できるように。水面でたるんでいる状況もわかるから、ウキを流す釣りでもメンディングの手間が省けます。ラインの放射角度で、今どこにルアーがあるのかを知ることができます。

これらは日中なら当たり前。でも夜は感覚だけが頼りでした。夜でもラインを照らせるライトが登場することで、その垣根がぶっ壊したことになります。

夜でもラインが見えるライトはアジングに革命をもたらすかも(効率の話で)

「夜でもラインが見えるライト」があれば、アジングなど軽いリグを使う夜釣りにおいて、メリットしかないでしょう。ナイトサラウンドヴィジョンは点灯時間も長いため、ヘッドライトとしても有能です。

  • NSV光約6時間(ライン視認モード)
  • WHITE 弱点灯 約60時間
  • WHITE 強点灯 約20時間

ライン視認モードで6時間の連続点灯が可能なので、秋の夜長でも電池1回の交換でフル点灯できますね。……12時間連続で釣りをするとか、ユーチューバーの企画かな? と思ってしまうけど。

これのおかげで、今まで常夜灯か満月が頼りだった”ラインの視認”が、その存在に左右されず釣りができるわけだから、有能なアイテムとわかるはずです。

夜のアジングにメバリングはもちろん、人工光から離れるウェーディングやサーフにおいては、特に有効かと思います。

NSVに対応するラインを選ぶことを忘れずに!

どうやらナイトサラウンドヴィジョンを使うことで、数多のラインを発光させることは叶わないようです。サンライン製品から対応ラインを選びましょう

NSV専用に特殊加工したライン、よりも”ブラックライトに反応するカラー”で選んでないかい? おっとこれ以上いったら消されそうだ。

サンライン製品情報
インプレ 便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました