媚びない商品紹介part3 ~ハイエンドモデルのリール’18~

釣り業界のブレイクスルー発表会は、年初に開催されるフィッシングショーに合わせてくることがほとんど。

18年で注目されるのは、業界最高峰と名高い『18ステラ』。そして『18イグジスト』。

どちらもルアーメンにとって垂涎の品。──ですが、無くても特に困りません。その理由を媚びずに紹介します。

スピニングリールの進化はもう限界

新製品で注目されやすいのはスピニングリールです。

冒頭であげた2機種もスピニング。なぜ注目されるのかっていうと、ショアキャスティングで使いやすいから、利用人口(需要)が業界でも特に多いから。

リールは年々、確かに進化しています。

20年前(平成初期)と比べれば、本体が軽く頑丈になったし、スプールとローターの進化で飛距離ものびました。

……でも、形はあまり変わってないんですよね。

特に進化しているのは、本体の大部分をしめる「金属」。軽く強い素材に変わっていくことで、「軽さ」は毎年更新しているんですよ。

軽さの違いをシマノ製品のリールで比べてみる

リール単体の重量差は、カタログ数値だけならそれほど差はないです。ちょろっと例を挙げると……

  • 17セドナ C3000HG[250g
  • 16ストラディックCI4+ C3000HG[190g
  • 17ツインパワーXD C3000HG[235g
  • 17エクスセンス 3000MHG[215g
  • 16ヴァンキッシュ C3000HG[185g
  • 14ステラ 3000HG[265g

価格帯による違いも少しはあるけど、年代による軽量化の革新がわかります。

ステラが唯一無二だったのは、マイクロモジュールギアが実現する「最高の巻き心地」でした。しかし現在は(2021年時点)、2万円台でもマイクロモジュールギアを使っているモデルがあります。

リール全体を評する「質」に差はあるけど、機能面に大きな違いはなくなってきました。

それだけ金属加工の技術が円熟味をまし、安く質のいい合金が手に入りやすくなったと考えます。

高いリールを使えば高度な釣りができるってわけでもない

スピニングリールの利点は、軽い仕掛けも投げれること。

近頃は、その分野もベイトに取られはじめてますね……。

ノーシンカーのフィネスタックルは、ブレーキ構造がないスピニングでこそ実現できたメソッド。まぁベイトフィネスといっても、1/2オンス(14g)のワームを投げて”フィネス”というしね。

数グラムのライトゲームをキャスティングでするなら、スピニングはいまだに現役であり、至上の選択になります。

ようするに……適材適所なわけですよ。

5万以上のリールを使っても、釣りが劇的に上手くなるわけじゃないし、魚が釣れやすくなるわけでもない。道具が助けてくれるのは、あくまで「使い勝手をよくする」程度になります。

技術革新が停滞している現在は、毎年更新される新機種を追うより、あなた自身の釣りに適した道具を見つけるべきです。

そのほうが後の釣りライフが充実しますよ。

リール

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生