釣りにも使える「防水ビジネスリュック」3選

新年度が近づき、ライフサイクルが変化する方も多いと思います。

仕事と釣りを両立することは難しくない。けれど、1日でどっちもやるのは難しい。

 

 

今回取りあげる「防水ビジネスリュック」は、遊びと仕事の切り替えを、チョット楽にしてくれるアイテム。。

「どっちにも使えるんだから、節約になるよね?」の精神。

 

スポンサーリンク

釣りでリュックが欲しい時ってあるん?

 

この記事を書いた理由は、「自分が欲しいと思ったから」です。

 

既知のポイントで”いつもの”を狙うなら、道具は必要最小限にできる。それは効率の良い攻め方だけを選べるから。

私の場合は、そこで出来ることは全て試したい派なので、エサとルアーの装備が必要になり、Fジャケットの容量だけでは足りないことが多い。

それで補助にリュックを背負ってるわけですけど、ガチ防水は持っていなかったし、どうせならビジネスシーンでも違和感のないヤツがいいかなと思い、探してみたのが経緯です。

 

釣りに使えるリュックで必要な機能を抑えてみた

 

 

1.自立すること

長方形が自立するだけを馬鹿にしてはいけない。 スペースの節約になるし、汚れるのは下部だけになるし、何より物を取り出しやすい。

でもバッグに物を入れないと「へにょる」タイプがあるから過信は禁物。

 

2.防水であること

布以外は防水スプレーでなんとかなる。けどファスナー部がどうしても、ね。

ガチ防水はファスナーを隠したり、張り出して水が入りにくいようにできているので、「これ防水なの?」と疑うなら、そういう所もチェックするといいです。

 

3.収納が多彩であること

長方形のスクエアタイプは、曲げたくない書類に、ノートPCなどを入れるのに活躍します。

背中側にモバイル機器を入れるほうが、公共交通機関の不意なワンパンに耐える可能性が高まります。すし詰めの満員電車は幼子を護るよう抱えましょう。

 

4.手提げも可能なこと

手持ちできるってことは、背負わずに持てるので、すぐ移動したい時に便利。満員電車では手提げモードにするのがマナーですね。

中身を重くしておけば、筋トレにも使えます。「ハァ…ハァ…」いって通報されないように。

 

5.個性は抑えること

「ネイビー・グレー・ブラック」が、フォーマルでまず外れない色です。

スーツの豆知識として、ネクタイはカラーを遊んでもいいですが、着用する物は3色以内に抑えるとオシャレだって欧州のイケメンがいってた。

 

釣りにも使えるビジネスリュック3選

 

私が欲しいと思ったことは、同じ価値観を持つ人も欲しいと思うだろう理論で、釣りにもビジネスにも使える防水リュックを3つ用意しました。

これまで説明した「必要な機能」とデザインを両立しつつ、お手頃価格です。

 

[THE NORTH FACE]PROFUSE BOX

 

 

アウトドア全般に使えるし、街の散策にも違和感ないからフィールドを選ばない。(ある意味)

ショルダー部にデジカメなど小型デバイスを入れるスペースがあるので、写真を撮りながらの登山に向いているかも。大型化しているスマホは入りません。

 

[サンワダイレクト]スクエアリュック

 

 

サイドにはパックロッドを抑えるベルトに、ペットボトルも備え付けられる。

収納へのアクセスと区切りも十分で値段も手頃。一番欲しいと思えた物。

 

[ニクソン]バックパック LANDLOCK II

 

 

大容量がひとつのウリ。見た目は無骨だけど、機能は十分なほど揃っている。

釣りも仕事も、道具が多いほうが安心するって人向け。スポーツ系の部活をはじめる人にも向いているかと。

 

釣りの合間にブログを書きたかったんや…

 

釣りをしている際、ずーっと竿を振っているわけじゃないし、休憩もする。そんなスキマ時間を無駄にしたくない。なら──

 

「ブログを書けばいいやん?」と思ったから。(単純)

 

スマホでも入力は可能ですし、音声入力の精度も手打ちを凌駕するほどにはなっている。

けれど、誤字を修正するに効率が悪い。一方でノートPCやタブレットを、海へ持ち運ぶのは様々なリスクがある。

 

もともとFジャケットだけじゃ容量が少なすぎるので、リュックを補助にしていました。しばらくは自転車で浜名湖通いになりそうだし、モバイルロッド収納するなら、リュックでいいなぁと。

あとは休憩する先々で、ぽちぽち下書きに、他のことを……。

なんて、日本全国を釣り歩きながら暮らす、ノマドアングラーに向いているのが防水リュックでしょうね。

アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生