魚介系ドメイン「fish」の存在を広めたい

釣りブログひょっとして……魚釣りに関するドメインがあれば最強になれるのでは……?

いやいや無いだろう……マジであるやん(驚き)。

スポンサーリンク

ブログ収益化に「ドメイン」が超重要な理由

「ドメイン」とは、http://からはじまる「URL」の一部のこと。

例をあげると、URLの後ろにある「com」とか「co.jp」などのこと。簡単にいうなら、住所みたいなものですね。

ドメインの文字列には意味があって、無数に存在するウェブサイトにある程度の”住み分け”をさせるため、「ジャンル分け」のために用いられています。例えばcomなら企業、bizならビジネス、blogならブログとかね。

そのため、ドメインとサイト構成(内容)が一致すれば、SEOにも(一歩)有利にできるわけです。

詳しく話すと技術的な文で無駄に長くなるので、こちらを参考にしてください。

【図解】ドメインとは?をわかりやすく解説します | カゴヤのサーバー研究室
ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」。ホームページを公開する際に欠かせないものですが、詳しくはよくわからないという方が多いのではないでしょうか。 この記事では、ドメインを理解するための基礎知識を丁寧に解説いたします。

魚に関するドメインなら、サイキョーの釣りブログが作れるのでは?

釣りブログに向いているドメインを考えるなら、大衆的なら「blog」が正解かな。

それだと数多あるブログのひとつになるから、より個性というか、「専門性を前面に押し出したい!」の考えがあるなら、魚に関する「fish」のドメインはどうだろう。

ドメインの変更はいつでもできます。──できますが、URL(住所)が変わってしまうため、ブックマークしていたユーザーが見失ってしまうし、検索エンジンも探せなくなるため、孤立化してしまいます。

なので、ドメイン文字列を変えるなら計画的に

「fishドメイン」を利用している大田市場のHP

このドメインを使っているサイトはあるかなーと、ちょろっと調べたら出てきました。

東京都大田区にある「大田市場」のサイト。随分とネットライクな見た目で驚く。

ホーム - おおたの魚 | 大田市場 水産物部
まちの目利きが太鼓判! 食べるならおおたの魚

こちらのページでは、市場にある仲買などの情報がのっており、信頼に足る業者を選ぶこともできます。取引先をリモートで選ぶ感じですかね。条件があえば、直接配送してもらうこともできるかも?

魚ポチのFBページでは、仕入れた鮮魚の動く写真など、貴重なショットが拝めますよ!

飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』
飲食店鮮魚仕入れの『魚ポチ』、東京都中央区 - 「いいね!」19,135件 · 293人が話題にしています - 魚ポチの取り扱う水産品は、築地や産地仕入れの鮮魚はじめ、貝類や冷凍加工品など1,800種以上。スマホで1尾からカンタン発注。飲食店さまの日替わりや定番メニューづくりを応援します!

地方の市場や漁協は、未だに旧時代のウェブページを代表するデザインが残っていて、ざびれた商店街のような雰囲気を醸し出しているのも好きです。(FBページや無料ブログを利用するほうがマシなのでは……?)

まあ業者に頼めば、1ページ作成で10万以上は覚悟しないとだし、予算がないなら仕方ないね。

スポンサーリンク

ドメインを頼むなら「お名前.com」が楽

fishドメインを購入するなら、「お名前.com」はどうでしょう。

ウェブサイトを複数持つと、ドメインも複数持つことになるだろうので、一括管理のあるお名前コムは便利。ドメインを決めかねていても、ブログやHPのタイトルが決まっていれば、文字列から空いているドメインを探すこともできます。

もちろん安い順に選ぶこともできるし、無作為から見た目のバランスで選んだほうが、運命感じるかもしれないしね!

デジタル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生