釣り人だけにヤバイほどわかりやすいマーケティングの本がある

「営業不要のフィッシングマーケティング」……という書籍があります。

マーケティングの専門書は数多くありますが、専門用語を並べられると、おいそれと理解できるものでもありません。

 

営業不要のフィッシングマーケティング
この本は手法を魚釣りのメソッドに例えているので、釣り人にはヤバイほど理解しやすいと思います。

なによりも、(いい意味で)なぜか笑えてくる。

スポンサーリンク

元日本代表釣り師の「営業不要のフィッシングマーケティング」

表題にビビッときて手に取りましたが、マーケティングにおいて”釣り師”は、どうしても詐欺っぽく聞こえるので、「もしかしてヤベーやつかも」と思っていた。

著者を調べてみると、「魚釣りの元プロ」は本当でした。

 

リンク 自己紹介|工務店集客コンサルタント 中村太郎のサイト

 

分野はフライフィッシングで、おまけに静岡在住と。なんだろう、風を感じる──。

魚釣りになぞる文体がおもしろい!

裏を返せば「魚釣りを知らないと尚更さっぱりな内容の本」になります。

ただし、魚釣りをそれなりに経験している方にとっては、これほど面白く読みやすい、マーケティングの専門書は存在しないと断言していいくらい。

コマセ集客メソッド」はどう考えても笑うだろ(ただし釣り人に限る)。

 

 

随所に散りばめられたイラストでの解説も、全て魚釣り基準なので、「これは魚釣りの教本か?」と思えてきます。

まあ魚を釣るにしても、予測からのアプローチなどは、想定する顧客と似たようなものだから、魚を論理で釣っている人は営業も上手になるでしょうね。

どちらかを覚えれば、どちらにも流用できる──と考えれば、魚釣りってヤバイ(語彙喪失)。

こんな人にオススメしたい本

  • 営業で伸び悩んでいる
  • 売るアプローチに彩りを持たせたい
  • マーケティングに興味のある釣り人

 

表題と帯でわかると思いますが、”客から買いにくる”手法を基本としています。

こちらから攻める営業より、どっしりと構えた事務所やブログなどから集客する手法。それに関する業種なら、うまく導入することができ、参考になります。

 

他の著書を読んでいると、内容は目新しくもないですが、釣り人に向けたわかりやすさを重視するなら、これ以上はおそらくないでしょう。

そのうち「鉄道」とか「プラモ」で似たようなのでてきそう。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生