ノリでサーバー移転したらとんでもない手間になった話

ノリでサーバー移転したらとんでもない手間になった話

 

無計画の引っ越しは、依頼主も業者も不幸になるって、ハッキリわかったんだね。

 

もともと移転はするつもりだったので、それなりの準備はしていたけど、予想以上に「アレもダメ、コレもダメ」が続々産まれだし、収拾がつくまで1日を要しました。

WordPressでサーバー移転をする人向けに、「こんな準備したほうがいいよ」──てな備忘録を。

大型連休? 何それおいしいの?

スポンサーリンク

WordPressでサーバー移転する際の手順

WordPressでサーバーの移転をする手順を、わかりやすくまとめてあるのは、「エックスサーバー」でした。

 

WordPress移転(移行)手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|すでにエックスサーバー以外で運用中のWordPressをエックスサーバーへ移転(移行)するための手順です。移転元側、エックスサーバー側の作業それぞれについて記載しています。

 

「サーバー」と「ドメイン」があれば、新規でブログを作ることも、移転させることもできます。

移転の際に問題となるのがブログの蓄積した「データ」。でもバックアップさえあれば、なんとでもなります。

 

ところが、WPのエクスポートとインポートの機能が、わりと当てにならず、蓄積しているほど失敗するケースが多くなるようで……。

ここもその一例に巻き込まれ、データの移し替えがすんなり完了! ──とはいかなかった。

移転するサーバーを決めてからすること

WPはサーバー上のデータベース(MySQL)に、細かな設定が保存されています。

ブログの構成データは、サーバーにある物をそっくり移し替えればすむ話。でも以前とおなじ環境にするならば、データベースの引き継ぎが必要不可欠。

その引き継ぎに失敗すると──

 

  • 各種設定をいろいろとイチからやるハメになる。
  • 画像と投稿のリンクが失われ、手動で設定するハメになる。

 

みたいなことが起こり、イチからはじめるよりマシだけど、「強くてニューゲーム」に近い状態になるわけ。

これを防ぐためには、ブログのデータと、各種設定のデータを各自で保存するのが望ましい。

一括でやってくれるプラグインもありますが、新旧それぞれで使う必要があるので注意。

 

WordPressで特定の記事と画像を簡単に別ブログへ移転する方法
WordPressサイトの一部の記事を移転するなら、プラグイン「DeMomentSomTres Export」を使ってエクスポート機能を拡張しましょう。画像も同時に移転できるので、数クリックで引っ越し作業が完了します。

 

プラグインで移転する方法は、こちらが参考になります。

移転でハマったポイント

WPの移転をスムーズに進行するには、旧と新をそれぞれおなじ環境にしてから、ドメインのネームサーバーを新にするだけの話。

私がハマったポイントは2つ。

 

  • 新サーバーで別のドメインフォルダに環境を構築していた
  • メディアのインポートが反映されなかった

 

解決策を順に載せていきます。

新サーバーで別のドメインフォルダに環境を構築していた

とりあえずエックスサーバーにWPをインストールして、インポートの反映なり動作やらを確認。これで「イケる」と思い公開したところ、全然イケてなかったという。

WPはドメインありきで公開するアプリなので、まず使うドメインをサーバー側に登録する必要があります。

 

私の場合は「hama-angler.com」が使うドメインで、これを登録すると「hama-angler.com」のフォルダがサーバーに作られます

そこにWPをインストールすれば、大勢は完了──でしたが、動作確認した初期フォルダのまま移行を開始してしまった。

この状態でドメインのネームサーバーを新へ移すと、存在しないブログに繋ぐことになるから、全てのURLが404を返すことに。

 

てなミスを犯しても、新サーバーの「hama-angler.com」にインストールすればいいわけですが、URLが重複してどっちのサーバーにアクセスしているかわからなくなります。

これを新サーバーに固定する方法が、「hostsファイルの書き換え」。

 

Windows10でhostsファイルを簡単に編集する2つの方法
ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。 Windows使ってると、ちょっとした名前解決をhostsに登録して行うことがあります。 DNSによる名前解決よりも優先され、手軽に変更出来る

 

登録した新サーバーのIPアドレスを加えることで、新が優先されるようになり、ウェブ上に2つあるサイトでも迷わなくなります。

移転する際はどのみち重複することになるので、「Ctrl+F5」のスーパーリロードをするより、確実な方法です。

メディアのインポートが反映されなかった

WPのインポートツールだとどうしてもエラーが出て、メディア(画像)が移行しきれない。

これは数が多くなるほど陥りやすいので、見事にハマりました。

 

WordPressの「メディアライブラリ」のインポートが上手く行かない時の解決法 | 1design
一言まとめ →で「メディアライブラリ」のインポートが上手くいかない。 な...

 

データベースからエクスポート→インポートするには、上記が参考になります。詳細ではないから、ある程度知識がある人向けかな?

 

手っ取り早く済ますには、FTPで旧サーバーの「wp-content/uploadフォルダ」にある画像を全てダウンロード。したら新サーバーの同フォルダに丸ごと移す。

これでメディアの移動は完了しているが、サムネイルや投稿に表示する情報は移されていません。

つまり「画像のリンク切れ」が起こっているわけで、解消するには3通りほどの方法が。

 

WordPress移転した際、メディア(写真類)をFTPしたのに、メディア一覧に表示されない場合
 WordPressのサーバーを移転する際、使用していた画像類はFTPにて、そのままフォルダごとダウンロードし…

 

ひとつはプラグインを利用する方法。だいたいの解説サイトは、「WordPress Flash Uploader」を推してますね。

当環境下ではエラーが出るので無理でした。

 

Wordpress記事移転時にアイキャッチを引き継ぐ方法 - ウェブと食べ物と趣味のこと
Wordpressで作られたサイトをサーバー移転することや特定の記事のみ他のブログに移すなんてことがあるかと思います。 先日特定の記事を移す機会があったのですが、デフォルトで用意されているエクスポートだとアイキャッチが引き継がれないんです。。

 

ふたつめはデータベース丸ごと移行する方法。最も確実といえます。

ただしそれなりの知識と、あらかじめやっておく必要があります。

私は”あらかじめ”じゃないのでアウト。

 

みっつめはFTPでメディアを丸ごと移して、インポーターの最後にある「添付ファイルのダウンロード」をチェックし、メディアファイルを再認識させる方法。

後出しならこの方法が確実で、ライブラリにもちゃんと反映されます。

これでサムネイルは表示されるようになったものの、投稿毎の画像は同URLなのにリンク切れを起こし、置換で直すこともできず、手動でリライトしつつ現在も作業中。

 

558記事もあるとバカにできない作業量で、流石にキレます(自業自得)。

パーマリンクを変更していれば置換で済んだケース。

WPの引っ越しはデータを移し替えるだけで済むけど手順を間違えるとアウト

WordPressのバックアップは、PHPプログラムの本体と、データがそれぞれ別物と考ればいい。

移転はデータを移すだけなので、引っ越しも楽だけど、手順を間違えると荷物を忘れやすくなってしまう。私のようにね。

 

自分のケースでいうなら、マンションに移る時、引っ越し業者に違う部屋を教えてしまっていた感じですかね。たまたまそこが空いていたから、荷物はブチ込まれた後だったと。

それは当方のミスじゃないので」と告げられ、違う階層の正しい部屋に、えっさほいさと地力で運んでいる最中です。

 

引っ越しの際は、荷物と新居のチェックはしっかりやっておきましょう。

ブログの移転は計画的に

現時点でサーバー移転は完了しています。

画像のリンク切れをしこしこ1記事ずつ直している次第です。

 

サーバーを移すキッカケは、エックスサーバーが「新規登録でドメイン1つプレゼント!」をやっていたから。

 

 

WordPressに特化しているサーバーなので、ブロガーからの支持は厚い。

旧は「バリューサーバー」で、容量と速度で不満があるわけじゃないですけど、コントロールパネルの使いづらさと分かりにくさが気になっていた。あと重い。

エックスサーバーは簡潔で分かりやすく、移行手順も親切なので、これからお世話になります。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生