【GW】浜松市の観光と渋滞回避テクなどのまとめ

春の大型連休であるGW期間中の5月3~5日、浜松市中心部では「浜松まつり」が開催されます。

GWの観光客動員数(単イベント)で、全国TOP10の常連だったりします。

海のレジャーも加わるため、年間で最も賑わうタイミングが、GW中かな。

 

【GW】浜松市の観光と渋滞回避テクなどのまとめ

 

この期間を選んで浜松に遊びに来る方々を、不便な交通機関とクソ渋滞から守るのも、リアルを知る地域住民の役目。

そんなわけで「浜松まつり開催中の観光スポット移動」などについて、数記事書いたのをまとめてみました。

スポンサーリンク

5月3~5日は浜松市がヤバイほど混雑する期間

浜松まつりの来場者数は、2017年発表だと「約180万人」。

同期間の単イベントなら全国上位の常連で、市内の交通もパンクするレベルです。

 

静岡県内のGW集客5万人以上のイベント、施設

2017年ゴールデンウイーク集客動向調査|静岡経済研究所

 

80万人の市民も参加・見物するから多少盛ってる感は否めません。

でも年間で最も混む(渋滞する)のはこの期間。

 

浜松まつりだけなら、JR浜松駅を目指すだけで大丈夫。

けど「海のレジャーもしたい!」となれば難しい。

それに関してまとめた記事を次項から──。

浜松まつりと海のレジャーを楽しみたい選択をするなら

浜松まつりを見るだけなら、「JR浜松駅」だけで大勢済みます。

これらについて書いているのは以下の記事。

浜松まつりと観光スポットを徒歩で周るなら
浜松市内を巡るなら車が楽。でもGW期間は渋滞で缶詰地獄。 浜松まつりだけを見学するなら、浜松駅だけで済みます。けれど各地のレジャーに交通機関を利用するのは難しい都市です。 公共交通機関...

海のレジャーに行くのは、浜松駅からの路線バスが主ですが、せいぜい浜名湖右岸の範囲

保養地が多い左岸の三ヶ日方面に行くなら、「JR新居駅」で降りて湖西市のバスか、天浜線を利用するほうがいいです。

 

コーちゃんバス時刻表・バスマップ/湖西市

浜松市内をバスや電車で巡るなら、1日フリー切符を利用するほうが運賃を考えずに済むから楽です。

 

お得な乗車券|遠鉄電車(赤電)公式サイト – 浜松市を南北に走る電車|遠州鉄道株式会社

ただし”元を取る考え”だと難しかったりする。

例えば浜松駅からパルパルに行くだけならば、大人運賃で往復1220円で済みます。乗り放題を使うなら、点在するスポットに乗り換えを多用して行く場合だけ向いています。

浜松まつり開催中に車で観光するなら

ハッキリいってオススメしません

でも”観光スポット巡り”なら、車で移動するほうが楽。ただし、部分的にメチャ渋滞します。

それについてまとめたのは以下の記事。

【GW限定】浜松まつり開催中の渋滞回避ポイントについて
連休中に「浜名湖で釣りがしたい──」て人もいるでしょう。 ところがGW中は、浜松市が観光客数で全国トップクラスになるタイミングで、市内の車移動もままなりません。 その核となるのが浜松まつり...

 

単純に交通量が倍増し、中心部は祭りの練りもあって自然渋滞が発生しやすい期間。

浜名湖周辺は幹線道路も少なく、潮干狩りなどのレジャーで混雑するため、通り抜けるのも難しくなります。

5月3~5日で最も混雑するのが、弁天島の潮干狩りと、浜名湖パルパルに浜松市動物園ですかね。

 

浜松市動物園情報サイト/わくわく!はまZOO/NPO法人浜松市動物園協会

動物園は入園料も安く人気スポット。

でもGWなどの大型連休時は、周辺渋滞と駐車場待ちでカオスな状況になるので、通過したいだけなら迂回しましょう。

電車以外の交通手段は時間を多く見積もりましょう

浜松まつり期間は特に渋滞が発生しやすく、移動時間は多めに見積もりましょう。

車での移動なら、音楽のストックと小粋なトークをありったけ用意しておくほうがいいです。

有名ランドが別れる原因になりやすいのは、長い待ち時間をつまらないと感じてしまうから。

 

車の渋滞は風景も変わらず飽きが早い。

密室で距離は近く、ドキドキ率は増すイメージでしょうけど、なかなか目的地に着かないのはイライラします。

それでケンカして帰りも険悪にならないよう、余裕を持ってスケジュールを組みましょう。

市内在住の対策として──

参加する」「旅に出る」「引きこもる」など、3枚カードから毎年選んでいます。

今年は「由比港桜えび祭り」に行く予定。そのついでに浜松まつり見物。

桜えびの町由比 | 由比港漁業協同組合

7万人が集まるらしいので、由比駅で満員電車体験できそうで楽しみです(ヤケクソ)。

 

浜名湖は魚釣りも有名ですが、連休時は主要ポイントだと場所取りもままなりません。

釣り人同士のトラブルに発展しないよう、周囲に気を配りましょう。

地域ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生