生活に役立つ「ロープの結び方」を学ぶメリット

釣りの仕掛けを作るうえで、糸を結ぶ(ノット)作業は多い。

それは釣りでこそ役立つが、生活をするうえで活用することはあまりない。──受験勉強の意義くらいに。

 

逆に生活で使うであろうノットは、釣りにも役立つことがある。

荷物を括る時や船の係留など、不意に役立つのは「興味本位で覚えたこと」だったりする。

スポンサーリンク

ロープの結び方は3Dで見ながら実践するほうが覚えやすい

ロープの結び方を学ぶうえで難しいのは、どのように通すのかを理解すること。

”結ぶ”ことは立体で説明したほうがよく、平面図で伝えきるのは意外と難しい。

今だと動画なりスマホアプリで、見ながらやるほうが覚えやすい。

 

生活に役立つ「ロープの結び方」を学ぶメリット

 

ロープを釣り糸で代用すると、摩擦が弱くてやりにくいノットもあるので注意。

練習なら使わない靴紐がオススメ。

書籍やウェブでまったりと覚える

結び方が載っている書籍やウェブを、隙間時間に目を通しておくのもいい。

だいたいが立体図で説明してくれているので、想像で「ここをこーしてあーして」とイメージトレーニング。

ノットを知識で覚えるより、実践でアウトプットするほうが、やはり身につきやすい。

「もやい」と「万力」さえ覚えればだいたい勝てる説

もやい結びは物とロープを繋ぐ基本中の基本。

アミバケツを結ぶ時や、何か荷物をぶら下げたい時などに使える。

 

万力結びは南京結びとも。トラックの荷台にある物を固定する時に使ったりする。

自家用車のキャリーだとバンド結束が多いけど、荷物の重量が増すほど対応しきれない場合があるので、そんな時に。

あとはリサイクル店とかで大きい家具を買った場合、トラックを借りて「テメーで結びな」と言われた時などに使える。

自治体の祭りだと軽トラの運搬が多かったりするので、使う機会は多い。

ロープの扱い方は災害の備えとして覚えておくといい

地震で倒壊しかけているとか、台風でトタン屋根が飛ぶのを防ぐとか、ロープが活用される機会が絶対ないとは言い切れない。

マンション住まいより、戸建て住みのほうが、使う機会が多いでしょうね。

 

「Knots 3D」がロープの結び方を覚えるのに便利なアプリ。

3D画像で手順を教えてくれるから、どこそこにロープをくぐらせればいいか──がわかりやすい。

 

アプリ Knots 3D|AppStore

 

書籍だと「決定版 ひもとロープの結び方」がオススメ。

釣りの雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生