トップでタイを釣りたい願望を叶えたメンin奥浜名湖

2018803

──7/26日のこと。

 

東から西へ移動する台風が近づいているので、常識は破るためにあると地球は教えてくれました。

何も起きなかった前回を教訓に、新しいルアーをひっさげて俺参上。

釣れそうなルアー1個あれば十分じゃろ?

スポンサーリンク

選んだのはペンシルベイトでした

今回のポイントは、少々のトレッキングを楽しむ必要がある。

「日本の一番暑い夏」をなんとかしてくれそうな台風が近づいているが、接近するのは2日後の話なので、今日も暑いし毎日そうなのは変わらない。

しいていえば、37度を経験した後は、32度を涼しいと感じるようになったこと。

こうして人は亜熱帯に慣れていくのだろうか……。

 

クロダイのトップで使うのは、何もポッパーだけじゃない。

それは一応持っているので、新たに導入したのはペンシルベイトの「フェイキードッグ

人気ルアーなのでラインナップは多く、クロダイ向けモデルもある。

 

でも今回のポイントはそこそこ飛距離が欲しい。

専用モデルは小さくて軽いから、「飛距離が足りなさそう」と思ったし、これなら十分だろうと選んだのはシーバスモデルでした(だった)。

まさかこれがフラグになっていたなんて……。

ひたすら犬の散歩をするマン

開始地点から移動できる限界まで、出そうなところを探して約40分間。

約1ヶ月前にアシナガバチに刺された私は、雑木林にちょっとしたトラウマを抱えていた。

ここで貝拾いを楽しんでいた人によると、「スズメバチが威嚇してた(笑)」と聞かされていたし、いつ裏手からブンシャカ来るか震えつつルアーを投げている。

 

小刻みなトゥイッチが求められるドッグウォークをひたすら続けると、やっぱり疲れる。

魚がでそうな箇所は離れており、約30mの飛距離のうち、可能性があるのはその半分。

魚影こそは見えないけど、多分いるだろう(適当)。

 

夏の間はひたすらこうやって、見えないタイが、心優しくアタックしてきてくれるのを待つことになるのだろうか。

TVのように「うおっ出たよ! ウェウェウェーイ!」とかいってみたい。

開始から5分以内くらいに。

 

そんなこんなで状況を一通り探った後。

投げた先に魚がほぼ確実に居る条件を絞った結果、離れに岩がありつつ、手前も凹凸があるしそれほど深くない場所1点に絞る。

ここでガポッと来なければ、他は航路みたいなもんだし、ちょっと粘ろう。

 

数回投げて、たまたまルアーの動きを目で追ってなかった時に限り、グンッと重くなる。

トップの醍醐味である「魚が出る瞬間」を見逃してもそこはそれ。

ルアーをひったくるくらいだから、外れはしないだろうと巻き巻き。

よく(姿を)見るサイズに比べれば小さいだろうけど、魚が掛かるのも久しぶりだなぁと、楽しみながらランディング。

 

トップでキビレ

 

ズリ揚げたところで外れて少し焦る。

ルアーより大きいくらいだから20cmあるかどうかのキビレ。

高水温は継続中だから、若い個体だけが元気って証拠にもなるかもしれない。

「これでも出るんだ」と確信を得たところで

もっとチョロく、ガッポガポに出てくるものだと思っていたけど、現実はそう甘くないようで。

「90mmは少し大きいか?」と感じていたけど、これと大して変わらない魚が出てきてくれたし、間違ってはいないんだなの安心感を得ることができた。

ベイトうんぬんより、本能に訴えればいいんだよ! みたいな。

 

先のキビレくんには、また来年遊びにきて欲しいと別れを告げたところで、釣れたところより逆へキャスト。

今度は水しぶきが上がるのは見えたものの、これはイナッコでもひっかけましたかね。

 

フェイキードッグでチーバス

 

ルアーと同サイズのセイゴくんでした。

鮎の友釣りみたいだな……。

もっとチョロい場所を探しにいく

ここまでは台風前のこと、これからは台風後のこと。

 

おそらくトップで狙うには最適だろうと、目をつけていたポイントに早朝のチョイ時間にイン。

……あれ? 思ってたよりタイの姿が少ないゾ。

おまけに朝は大抵満潮付近が重なるので、水位も気持ち高めでうーんどうだろ、て感じ。

台風後の濁りが落ち着いているし、飯を存分に食べるなら今ですよ? と、新しく用意したルアーをひたすら通す。

 

……1時間が経過。

 

クロダイはよく見かける場所だし、水深も申し分ないポイント。

釣り人が多く訪れる関係もあるかどうか、見えるヤツも見えないヤツも無反応すぎて困る。

もっとTV番組みたいに、ガッポガポに出てくれるチョロい場所を見つけるまで、地道に模索していくことにします。

 

それにしても今年は突然の雨も全然ないですね。

この時期は目が覚めると、道路が濡れていることが多いんだけどな。