「LINEほけん」は釣り人にとって最強の保険になりえるのか?

「LINEほけん」は1日ポッキリで契約簡単な保険サービス。

その補償対象もスマホの落下からスポーツでの怪我など、日常から趣味の範囲で起こるであろうことまで多岐に渡り、その中には魚釣りも含まれています

 

急に決まった釣行でも出発前に加入すれば、損害に(金銭的な)後ろ盾ができるのは安心。

うーん、既にある同様の保険サービスは潰れるんじゃね?

スポンサーリンク

LINEほけんの柔軟さには舌を巻く

LINEほけんに加入するには、LINEアプリが使えることが前提です。

LINEは登録時に(一応)本人確認の認証として電話番号確認があり、携帯電話のSIMにある登録情報と照合することで完了する感じ。

つまり「LINEのID=身分証明書」みたいなもので、個人が証明されています。

 

なので不正者の身元を判別しやすいため、アプリ内で送金サービスやスタンプをポイントで購入などが完結できるわけ。

最近は楽天並に様々な生活サービスに手をのばしていましたが、個人の損害を補償する「損害保険」を取り扱うようになるとは、予想していませんでした。

【LINE Financial】LINEからいつでも必要なときに手軽に加入できる保険サービス「LINEほけん」を提供開始 | LINE Corporation | ニュース
59にわたる多彩でユニークな商品ラインナップ 生活シーンに合わせたテーマから最適な保険が選べる

朝起きて「保険入っとこ…」ができるLINEほけんの強み

LINEほけんは最低1日から利用可能です。

初期登録が済んでいるなら手続きも最短1分。最低金額は100円からで、適用日数や用途によって変化します。もちろん年間契約もOK。

適用される事象は多岐に渡るので、以下の抜粋を参考にしてください。

 

旅行・スポーツ・イベント・ゴルフ・賃貸などといった生活シーンに合わせたテーマや、天気・家族構成に応じた、その時に必要な保険を選ぶことができます。1日単位から加入できる短期型の保険をメインに、お花見・夏祭りなどの季節のイベントや、台風などの悪天候の際の保険、ボランティアや野外フェスの際の保険といったユニークな商品から、自転車保険や弁護士相談費用保険などの年単位の保険まで、全59にわたる多彩な商品プランをご提供します。

【LINE Financial】LINEからいつでも必要なときに手軽に加入できる保険サービス「LINEほけん」を提供開始

 

ラインナップが豊富で、簡潔にいえば「単身で在宅・外出時に起こりえること」、そのほとんどに対応できます。

ただし自分で選ぶ必要があるので、関係ないのを買っては意味がありません。

あらかじめ組んだ予定に保険を適用するスタイルなら、選択しやすくなるでしょう。そういう人のために考えられているのも、LINEほけんの良いところかもしれない。

 

それには「魚釣り」もあるため、アングラーにとっても強い味方になります。

スポンサーリンク

釣り中の怪我や損害に救援費用まで対応できるつよい保険

LINEほけんの「つり人安心保険」に適用される特約は以下の通り。

 

  • 死亡・後遺障害保険金 150万円
  • 入院保険金日額 2000円
  • 賠償責任 1億円
  • 携行品損害 20万円
  • 救援者費用等補償 300万円

 

これらが目覚めて即適用できるのは、釣りをする側にとって心強いですね。

「ちょっとそこまで…」と釣りに行き、ポイントですっ転んで病院送りされても、保険があればある程度費用の足しになりますしね。

 

今までのレジャー向け保険は物損が重視され、自身の傷害は別で補う必要がありました。

LINEほけんなら、”魚釣りで起こりえるであろう事柄”に適用されるため、ひとまとめにしたプランになるようなものです。

他の釣り人をドンケツで落水させたとか、ハイエンドタックルが壊れた・壊されたとか、他者への損害から自身の補償も期待できるのは安心ですね。

LINEほけんでつり人安心保険に加入するには?

LINEアプリを起動し、下部タブにある「ウォレット」を選択。羅列されているサービスから「ほけん」を選びましょう。

LINEほけん「選択」

次に表示される保険商品ラインナップから、「アクティブ」を選択。つり人安心保険は、現時点(2018:10/19)で先頭に表示されるのでわかりやすいかと。

開始日と終了日を選ぶと金額が表示されるので、それでよければ下部をタップ、契約と支払いに移行します。

LINEほけん「アクティブ」

支払いは「LINEPay」を使うので、事前に登録しておく必要があります。とはいえパスワード入力くらいですが。

チャージ方法はクレジットカードをはじめ、銀行口座からやコンビニを通してなど、クレカが作れない人でもチャージしやすいメリットがあります。

LINE Pay
簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット

LINEの登録者数とLINEPayの利便性から、大手保険会社は戦々恐々しているのではないでしょうか。

なんといっても若年層ユーザーも期待できるのが強みですね。

わざと壊して保険金がもらえる考えはバカじゃないの?

LINEほけんの特性上、「保険って何?」な若年層も加入できるため、念をおしておきたいのがひとつだけ──。

”わざと”保険金をもらう状況を作り出すのは簡単。ですが、故意と認められれば「保険金詐欺」になり最悪で懲役10年も貰えちゃいます。初犯なら懲役がついても執行猶予でシャバ僧でいられる感じ。

しょっちゅう損害がでるのは怪しすぎるので、貰いすぎはサービス解除もあるし、見放される可能性がないとはいいきれないので注意。

 

ようするに嘘はやめようってこと。とっさの嘘なんてすぐバレます。

例えば、「堤防で歩いている際にふらついて、他の釣り人を尻ドンして落水させてしまった」、みたいなケースなら……

 

堤防が立入禁止だったら不法侵入で収容チャンスだし、ふらついたのが自身の注意散漫なら過失になって家裁行きもあるし、落水して救助しようとしなければ人道的にヤバイ──などなど。

保険を適用してもらうには、そう至った理由をちゃんと述べることと、アリバイを証明することが大事です。

この意味がわからないのであれば、顧問弁護士を背後霊に雇っておくほうが無難です。

もしものために必要なのは現金よりも保険

ガン保険もガンになる可能性がゼロなら加入する必要はないですし、自動車事故を起こすことがなければその保険も無用の長物になりえます。

ただし、誰もがそうなる可能性がゼロではありません。

 

保険は互助の積立金みたいなもので、支払い額が高いプランほど高額の補償が得られます。

10億ほどいつでも使える現金があるなら、保険に入らなくてもいいレベルですが、仮に当事者が動けない場合に第三者が動けるのが保険のメリットでもあります。

死亡保険も残された遺族のためにある積立金みたいなものだし、もしものために用意するのが保険です。

LINEほけんは少額なので、完全な補償は見込めませんが、日常で起こるちょっとしたイザコザくらいは対処できる補償はあります。

これはスマホを持つ学生たちを守るに十分なメリットがあり、そういう仕組みがあることを教えるにもいいツールではないかと。

釣具は高額品も多いし、他者の損害にも適用できるから、やんちゃな子供を持つ親にとっては、加入しておきたい保険かと思います。

お得情報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生