バチパターンのフォローに最適な「ブローウィン80S」

2016311tp191

春バチがはじまりまして、各メーカーから細くて長いにょろ系ルアーが発売されているのを見かける。

でもベイトはバチだけじゃなく、バチを食べに来ている奴を狙う奴もいるわけです。

ブローウィン80S”はシンペンでは食わないヤツを獲りに行くルアー。

スポンサーリンク

 飛距離と泳ぎを両立させたブローウィン80S

小型ミノーで飛距離と泳ぎを両立させるのは難しい。

空力抵抗を考えればリップが邪魔になり、それを削ると飛びはするが泳ぎが犠牲になる。

単純に重くすれば無理やりにでも飛ばせるのだが、そうすると底付近しか通せなくなり、上を狙おうとすると早く巻かなくてはいけなくなる。

となると日中では問題ないけれど、夜では釣りが難しくなってしまう。そんなジレンマを備えているのが小型のミノープラグだった。

近年ではそんなイメージも払拭されてはいる、けれども[両立]しているルアーはほとんど記憶にない。

高比重のタングステンをウェイトに使い、細身のシルエットが空気を切り裂く。スローとファストでは泳ぎが異なり、リップがあるメリットも活かしている。

なのに価格は抑えられていて、シンペンが苦手な人に持ってもらいたいルアーのひとつ。

難点があるとすれば軽さからタックル(ロッドとライン)を選ぶところ

シーバスロッドは種類が多岐に渡り、ポイントと使うルアーから自分で選ぶという楽しみはある。

初心者が万能に使えるとなるとMLクラスで、スローテーパーな物がおすすめ。ところが10g以下のルアーを扱うとなると万能なロッドでは投げるのが難しくなってしまう。

バチ用のルアーロッドはソリッドティップな物が多く、穂先が柔らかく感度がいい。ゆえに15g以上のルアーを扱う場合には柔らかい穂先が仇となる。

これを使っている場合に限り、ブローウィン80Sも輝くってもんです。

特にこだわりが無ければ、7ftくらいのメバルロッドでも問題ない。

軽いルアーから重いルアーまで、万能に扱えるのはダイワとアピアのロッドがおすすめ。”しなやか”を優先した造りをしているので、大体のモデルが10g以下までカバーをしている。ただスイングスピード命のキャスティングをしている人には向いていない。

しなやかなのはロッドの反発を利用したキャスティングに向いていて、力任せにやるとティップへの負担が大きく、そこから折れるトラブルが多くなる。

これはモアザン使ってる人がよく陥る罠だったりする。

軽いルアーを扱う場合、PEラインが1号以上だと水を含んでくるにつれて比重がかかるため、飛距離が落ちてくる。

10g以下を使う場合には、0.4~0.8号が望ましい。ラインに何もひっかかる要素がなければ0.6号でも、ランカー8kgサイズでも十分だけど、アマモなどの海藻類の近くを通したり、駆け上がりを狙う場合には1号くらい欲しい。

PEラインは多毛繊維のため、浮かんでる海藻にこすれたり、粗悪なガイドやリールの傷などに当たるだけでもほつれてしまう。

ポイントによってタックルを考えるのも、釣りの愉しみ方であると思います。

無限に感じる組み合わせの中から、釣りをする前とした後に、最善のタックルを模索するカスタムの楽しさは、お金こそかかりますが答えを探していくのはおもしろい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク