伊勢志摩サミットの会席で提供された”油目”という魚

201667tp11

油目”という魚をご存知ですか?

あまり聞かないと思いますけれど、ロックフィッシュ狙いの釣り人は誰でも知ってそうな、あの魚です。

油目さんは真の高級魚

油目は”アイナメ”といいます。

釣り人にとっての知名度は高い。しかし一般家庭への認知度は低い。理由として、市場に出ても料理店への供給で終わってしまうほど、数が少ないから。

回らない寿司でも稀に見れたらいいね」くらい、”食べよう”と考えても出会うことが難しい魚である。

旬は産卵期の冬季。排卵後の回復時期である『夏~秋にかけて』とする見方もある。

アイナメは全シーズン通して脂がのっており、あらゆる調理法が向いている。

しかし市場を通して手に入れることが難しい。そうなれば釣るほうが手っ取り早い。だが個体数は減っており、低水温を好むため生息域は北上傾向、西日本では”磯”くらいでしか安定して釣れない魚である。

過去には浜名湖でも『ビール瓶』クラスの釣果があったけれど、近年では小さいのが年に数匹あがればいい方だったりする。

じゃあどこなら食べれるの!?

どうしても食べたい方がいるかもしれないので忠告しておきます。

マジモンの高級レストランくらいでしか提供されないから、覚悟するんよ?

今なら各国首相に提供されたアイナメをいただけるチャンス!

伊勢志摩サミット記念お食事プラン|志摩観光ホテル

プランひとつ、『伊勢志摩サミット記念会席プラン』に”油目揚げ煮”がある。

一人前で核家族の食費が賄えそうな値段……ではあるが、使用食材とサービス込みなら妥当でしょう。

これらは実際に提供されたメニューと同じです。

30-40cmの個体で、キロ行くか行かないかで1匹4,000円くらいだから……

日に3匹を釣り上げ、活け〆をしっかりして販売すれば、余裕で生活できるレベルになりそう。

ただ繁殖力が弱いし根に着く魚なので、数が少なくなるか行ける範囲から居なくなるかなので、1年で頓挫しそうではある。

アイナメに良く似た”クジメ”という魚もいます。こちらはアイナメより小型ですけど、味はほぼ同等。

西日本の堤防で釣れるとしたら、こっちのほうが多いでしょうね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!