【サーフルアー】海水温16度以下でヒラメをどうやって狙えばいいか

20161227tp111

ヒラメの適正水温は16度といわれています。

黒潮が近い太平洋沿岸は、冬期でもそれ以下になるほうが稀。なので一応1年中狙えるわけですけど、遠州灘は季節風が強く釣りがしにくくなり、シーズンオフとなるタイミング。

そんな状況でも、釣る人は釣っている。

じゃあどうすればいいかって話になりますが、冬期のサーフルアーは「ポイント選び」が最重要

今更感はあるけれど、ちょろっとまとめてみました。

低水温で魚を釣るための必須条項

ヒラメがぴょんぴょん飛んで、小魚をバックバクしているなら、そこにルアーを放り込めれば成立する簡単なお話。ただ魚を釣るだけなら、エサを目の前に放ればいいだけです。

水温も下がり、魚と人間のやる気が減衰する厳寒期では、1匹の価値(笑)もバカにできない状況が続く。

そこからステップアップして、生態からポイントを探ろうと考えはじめ、書籍などで研究しはじめる人が最初に目を着けるだろうのが「適正水温」。

これを勘違いしている人が多い。

その水温じゃないと「生きれない。ゆえに釣れない」ってわけじゃあない。

適正を越えると活性が高くなったり、低すぎれば活性が悪くなるのは当然──だが、水温が持続している状況下において、魚はそれに”慣れていく”

とはいえ、生命維持が困難になる水温もある。魚たちはそれを下回る場合、その海域から離れて生命維持できる水温を探せばいい。

強い寒気+大潮」で特に内湾は急速に水温は下がりやすく、逃げきれなかった魚達が仮死状態で、波打ち際に打ち揚げられる──てのは「秋→冬」の時期に多いですね。沖縄~九州辺りでは知られていると思う。

冬期にショアからヒラメを狙うなら黒潮に近づこう

黒潮が近く通年水温が安定しやすい遠州灘沿岸は、厳寒期でもサーフルアーが成立しやすい。

とはいえ、「国内ではまだ有利なほう」ってだけの話。

20161227tp112

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/2016cal/tp0/qboc2016238tp0.html

これは12月第3週の平均海水表面温度の図。全国の沿岸部を比べてもらえばわかる通り、水温は地域によって変化するし、均一じゃあない。

ヒラメの適正水温は生物学としては13~20度とされており、アングラー間では16度とされている。

それを踏まえると、関東~四国のサーフは冬でも沿岸部にヒラメが居てもおかしくない状況であり、釣れやすい場所とも考えられる。

適正水温16度は「これなら釣りにいってもいいよ」の目安

ヒラメが快適にすごせる水温は16度前後であり、”適正”てのは指標(目安)でしかない。

青森では「県魚」ですし、黒潮に近い地域より水温は5度くらい低いけれど、安定した水揚げはあります。彼らが暮らすうえで適正な地は、サーフルアーの聖地よりも東北なのです。

よく取り上げられる魚釣りにおいての適正水温は、「この水温なら釣れてもいいはずですよ?」って指標のひとつです。

魚は変温動物ですし、水温など急激な環境変化に対応するのは難しい生き物です。

継続した活動するうえで重要なのは、ある程度水温が安定すること

15度から13度へ水温が変化すると、魚は元居た15度に近い水域へ行くか、その場で耐える選択を迫られます。

その水温に慣れだすのは個体差があるけれど、おおよそ2~5日は必要

つまり、冬期に魚を釣りやすいタイミングてのは、「気候が安定した2日目以降を狙うのが最も効率がよくなる」ってわけです。

沿岸から魚を釣るためには、射程圏に居てくれる要因も必要です。けれど今回の話には起因しないので、海水温で狙う方法に集中してみよう。

ちなみにヒラメの生存水温は10度。底に張り付いているから、それ以下になることはほぼありませんね。

冬期サーフで魚に近づくための3箇条

冬は気温が低く、風が強くなりやすい。水温を急激に下げるのは気温よりも、寒波による風雪&強風のほうが早いです。

黒潮も夏より水温は下がりますが、それでも本流は20度以上をキープします。なので暖流が沿岸部に近くなるほど、暖冬傾向になりやすい気象メカニズムもあったりする。

「冬の沿岸でヒラメを狙う」に限らず、冬シーズンで魚釣りを成立させやすくするためにはどうしたらいいか。答えは簡単。

1.水温が安定しやすい場所

2.ベイトが居る場所

3.安定した気候のタイミング

これらに注視してポイントを絞れば、サーフのヒラメには近づける。

1.水温が安定しやすい場所とは?

これは「海流」「河口」「深い場所」。

黒潮は和歌山辺りから沿岸から離れ、伊豆~房総に本流が当たる感じが平均的。なので沿岸部は冬でも暖かい水温を維持しやすい。

厳寒期でも黒潮は20度以上あるので、水温が上がれば一時的でも活性があがるし、それに栄養を求めている小魚たちも入ってくる。

とはいえ急激な変化は魚も体調を崩すので、水温が下がった2日後からが狙い目

河川は雪解け時期(春先)まで水温が安定しやすい。2月頃になれば稚鮎も絡むので、外洋の大型魚が集まりやすい一級ポイントになる。

冬期は10度以下になることもあるが、低水温を好むイワシが集まりやすい。それとは別に、岸から逆の流れが発生することで魚の頭がこちらに向くから、最適な姿でルアーを見せることができるメリットがある。

深い場所は水深8m以上欲しくなるので、サーフよりも湾や磯が向いている。

海底は地熱が影響するため、底でぬくぬくとする魚達は多い。だから暖かい時期よりも、冬期はレンジが全般に下がりやすいのです。

磯のボトムでヒラメが釣れることも珍しくなく、砂と岩が混じり合う海底がベストな箇所

2.ベイトが居やすい場所を模索する

(1)でも少し書いたけれど補足として──。

サーフをガーッと巡ってベイトボールや鳥山を探すのは確実な方法。

その情報に頼るのもアリだけど、そもそも射程圏に入らなければ何の意味もないし、時間がかかってしまう。

ここで役立つのはエサとなる魚(ベイト)の適正水温

コノシロは冬のマストベイトらしく16度前後。ボイルのトリガーになるイワシ類は12~25度と、実は幅広い。

小魚はプランクトンが主食はなので、それが発生しやすい水温の境界線──つまり”潮目”に沿って移動しやすい。

サーフに暖流が入ってくる境界線を狙うと、ベイトに出会う確率は上がります。

沿岸部は浅く水温も変化しやすいので……はっきりいって、冬期は船で水深20m以上を狙うほうが効率的。

3.岸からでも深い場所を模索する

冬期のサーフルアーは、風の影響で水温も下がりやすく釣りもしにくい。

特に遠浅の海岸は影響が強く(水温が下がりやすく上がりやすい)、デメリットしかないわけで、先の2項目を守ろうが勝てないタイミングが圧倒的に多い。

北寄りの強風(8m以上)が吹けば、それだけで水温が1度は下がると思ってくれていい。

そんな時期だからこそ狙い目となる場所が「港」と「磯」。

港は全体的に深いし海流の影響も少ないので、水温は比較的安定しやすい。外海が荒れると逃げ込んでくる魚もいたりしますね。

磯は暖流も絡むし地形変化が豊富なため、根魚を狙うついでにヒラメが釣れやすい。

【まとめ】厳寒期にサーフでヒラメを狙いたいのなら

・実績のあるポイントを選んでマヅメ狙い

・水温変化からベイトの行き先を読む

・寒気が入ったら2日は様子見

・船に乗るほうがはやい(禁句)

これらの情報は、世にあるサーフヒラメのムック本を読んで断片をかき集めれば手に入る情報。

ルアー選択として、ワームを使う場合はスイムで使うハウルよりも、フォールが生きるテキサスリグのような動くシンカーで底をポンポン動かすのが有効。

メタルジグなら細め、プラグを使うならシンキングペンシルを流し込むか、ゆったり巻けるシンキングミノーがいい。

なんか2017年決定版みたいなヒラメ攻略バイブルが発売されたそうで。

サーフヒラメにおいてのテクニックは、短い時合を有効に「広い場所から釣れた場所を絞り込んで引き出しとしてストックしておく」のが重要ではないかなと。

地形がいくら良くても、魚が入る要因がない場所はホント釣れません。

冬期の夜明けは遅く短いので、夜間に良い地形を探しだして粘るのも、1つの手です。

冬は人も少ないのでやりやすく、足で稼ぎやすいのも利点かな。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!