支払いから20%還元!PayPayで釣具を買う方法はあるの?

20181130

 

PayPayはスマホを利用したキャッシュレス決済サービス。

知っているならブラウザバックでOK! もしも知らない&スマホを持っているなら、今すぐインストールだけでもして準備しておきましょう。

12月4日から期間限定で、支払いから20%還元されるキャンペーンがはじまります!

スポンサーリンク

PayPayって何?

PayPay株式会社はソフトバンクとヤフーが共同で設立した会社。

モバイル端末(スマホ)を利用したキャッシュレス決済アプリの「PayPay」を開発。正式サービスがはじまったのは10月になります。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!

おサイフケータイから受け継がれるキャッシュレス決済は、今はスマホとQRコードを利用した方法が世界中で主流。

それを手っ取り早く牛耳るにはだいたい3点が重要。

 

  • 起動から決済が速いこと
  • 利用店舗が多いこと
  • わかりやすいこと

 

これらはユーザー視点からの話で、全て利便性に繋がります。

利用される店舗側からは……、決済に必要な機器を導入する費用がかかるし、現金バンザイな日本国内では見込みユーザー数が現金に劣るのが難点。

 

PayPayの20%還元サービスは、ユーザー獲得と知名度アップで市場の主導権を握るため。

これが利用促進に繋がれば、導入する店舗も増えてゆくゆくは100億投資した分を十分にペイできる寸法でしょう。──手数料は3年間無料ですけど(店舗側)。

なら最大限に活用してあげようじゃありませんか。

なんと支払いから20%還元!「100億円あげちゃうキャンペーン」とは?

注意事項として、当キャンペーンは2018年12月4日からです。フライングしたら損ですよ!

詳しくは公式HPを見たほうが早いでしょう。

12月4日より開始! 100億円あげちゃうキャンペーン
12月4日より開始! PayPayで支払ったら20%戻ってくる!さらに抽選で40回に1回の確率で全額戻ってくる!

PayPayで支払いするだけで20%が還元されます。簡単でしょう?(使えればだけど)

 

条件として付与上限は月額50,000円相当。つまり250万円の買い物までが最大効率。

合わせて抽選も行われ、当選すると10万円相当までのキャッシュバックが見込めます。

 

paypay支払いで抽選

 

やばない?(語彙喪失)

 

とはいえパワーワードだけを追うと、補足事項(条件)を見逃しがち。

以下の部分は熟読しておきましょう。

 

100億円あげちゃうキャンペーンの注意事項

 

特にこの2点は要チェックです。

 

  • ※ お支払い方法は、「PayPay残高」「クレジットカード」「Yahoo!マネー」があります。全ての支払い方法が本キャンペーンの対象です。
  • ※ PayPayのオンライン決済サービスを提供しているサービスにてお支払いされた場合は、本キャンペーンの対象外です。

 

キャンペーンの期間は2019年3月末を予定していますが、還元額が100億円に達した時点で終了するよう。

今回から使える店舗が一気に増えるため、達成するのも早まりそうですね。

早速登録してみた

20%還元のキャンペーンがあるじゃろ? 手元にスマホがあるじゃろ? そりゃ登録するよ(真顔)。

そんなわけでホイホイ登録してみました。すっごい簡単です。

 

paypay登録

 

完了したら500円もらえました。でも使える店が近くにない件。

コンビニが対応してくれるようになれば、首都圏以外でも使いみちは増えそうですね。

タイミング的に「LINE Pay」と競合していますが、どちらが国内キャッシュレスを牛耳れるのかも見どころです。

LINE Pay、20%還元のPayPayに対抗せず 「我々が戦っているのは現金、一緒に盛り上げよう」 - Engadget Japanese
LINEの出澤剛社長は11月27日、スマホ決済「LINE Pay」と競合するソフトバンク・ヤフー系の「PayPay」(ペイペイ)の還元率20%キャンペーンについてコメントしました。 PayPayのキャンペーンの影響について問われた出澤社長は『我々が戦っているのはPayPayではなく現金、今の不便さを一緒に変えていこ....

PayPayはクレジットカードで登録するほうがチャージが楽

登録するには銀行口座かクレジットカードが必要になります。

PayPay残高のチャージは銀行口座からできますが、足りない場合は追加でチャージする必要があります。まあこれはどの電子マネーも同じ。

 

メガバンクはもちろんのこと、県名がある地銀は大方対応しているので、チャージ手段で困ることはないかと。

クレジットカードを登録しておけば、カード会社に支払情報を送信するだけなので、手間はひとつ減ります。もちろんチャージもカードで行えます。

ただし利用額限度まで使い込めるので、自制できない人や子供の端末に設定するなら注意しましょう。

 

使えるカードは「VISA・マスターカード・JCB」。

PayPayはヤフーウォレットと連携できるので、そちらで登録しているカードがあればそのまま利用できます。

おすすめは「ヤフーカード」。登録時にプレミアム会員も数ヶ月無料になるから、10万円還元の抽選も有利に働きますよ!

PayPayで釣具を買うならビックカメラかヨドバシへGO!!

せっかくだから、20%還元を有効利用するため釣具を買いたい!

それを叶えてくれるのはビックカメラヨドバシに。PayPayが(将来的に)使えて、釣具を取り扱っているのは今の所この2店舗です。

 

どちらもECサイトがあるので、ネット通販で購入できます。

でも還元キャンペーンの注意事項に「ネット決済サービスは対象外」とあるので、それを回避するため、取り置きサービスを利用しましょう

ヨドバシ.com - ネットで注文 店舗で受け取りサービス
ビックカメラ | ネット取り置きサービス
ネット取り置きサービス(ネットで注文 店舗で受け取り)のご利用方法をご案内いたします。このページでは店舗在庫を確認してからお申し込みいただく方法をご案内しています。

サイトで目当ての商品を見つけたら、自分が行ける店舗に取り置くか取り寄せてもらい、後日店頭で「支払いはPayPayで」とキメて購入しましょう。

これならレジを使えるので、なんの問題もありません。

 

ただし! ビッカメとヨド実店舗全てで、釣具を取り扱っているわけじゃないです。

 

釣具は店頭で取り扱っている店が少ないので注意。電器屋だしね……。

なので基本取り寄せか、対応できないかになります。ネット注文する際は気をつけましょう。取り置きが無理ならそう表示されるのでわかりやすいです。

さらに補足しておくと、2店はPayPayに加盟することは決まっているけど、まだ実際に使えるわけじゃないので注意。

キャンペーンがはじまる12月からならチャンスはあるだろし、対応を心待ちにしましょう。

QRコードで釣り餌を買える日が来てもいい

ITによる自動化が進めば、こんな釣行ができそうと思っている。

 

明日釣りいくかー。よし、必要な餌をネット注文しておこう。

△時に来る○様、イソメ500円分……かしこまり!

餌受け取りの窓口で決済をすれば……。

 

○さん来店!イソメ500円分を容器に入れるで!たくさん釣ってきてな!

 

……明らかにボッチ向けの仕様ですね。でも気にしたら負けだと思っている。

全自動エサ屋とはいえ、イソメを確保する必要がありますけどね。

AIやロボットが台頭すると懸念されていますが、人間じゃないと出来ないことって、騒がれているより、まだ多いんですよ。

キャッシュレス決済を、世界規模でフル活用するために必要なのが仮想通貨です。

儲かる儲かるとイナゴに食い荒らされ、投機通貨から本来の使い方にシフトしそうなのが来年からかな?

それとQRコード決済が組み合わされば、世界中のお金の流れが面白くなるでしょう。

個人貿易でフリマ販売が楽にできそう。

お得情報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生