きっと梅雨が好きになるレインウェア選びのコツ

雨が続きやすい梅雨の季節は、釣りを含むアウトドアスポーツをするのが憂鬱な季節。

台風やゲリラ豪雨とは違い優しく降るので、まだ釣りがしやすいのが唯一の利点。だからこそ、レインウェア選びひとつで”釣りに行きたくなる気力”に差が現れます。

今記事はジメジメした梅雨を基に、釣りがしたくなるレインウェア選びに焦点をあてています。

スポンサーリンク

レインウェアに何を求めるか?

レインウェア選びのコツは、「防水と快適をいかに両立させるか?」に尽きます。

時計に完全防水と生活防水があるように、レインウェアもライトとガチで防水性能を選ぶのがおすすめ。「完全防水=水を通さない」になるので通気性が悪くなり蒸れやすくなります。生活防水レベルは通気もよく涼しいですが、雨除けとしては不十分。レインウェアはその塩梅が難しい。

打開策として簡単なのが、高価なウェアを選ぶこと。

どの価格帯なら無難なのか、どんな素材を選べばいいのか、今記事はそれについて言及します。

カタログ数値で防水性能を知るための知識

レインウェアの性能は、「耐水圧」「撥水性能」「透湿性能」として数値化されています。

「耐水性」は生地1cm四方あたりにかかる水圧に耐える数値のこと

例えば10,000mmなら、水が入った10mの筒に生地をフィルター代わりにしても水を通しません。雨でそこまでの水圧がかかることはありませんが、水たまりに膝をついても滲んでこないため、ガチ登山組にとってありがたい性能です。

「撥水性能」は生地表面についた水を水玉にしてはじく能力のこと

撥水処理は「フッ素」「シリコン樹脂」などよるコーティング処理がされています。経年で劣化してしまいますが、撥水スプレーなどメンテナンス用品で、簡単に復活(一時的だけど)できる手軽さがあります。

「透湿性能」は内部の蒸気を外に逃がす能力のこと

体表からは常に汗が揮発しているため、防水能力の高いレインウェアほど中が蒸れやすい。透湿素材は内部の湿度をほどよく外部へ逃してくれるため、暑い季節だったり、登山などトレッキングの強い味方です。

雨合羽(防水作業着)・快適作業合羽・自転車レインコートを割引通販中
業務用合羽の通販。ゴアテックスなど作業服専門店が選んだ絶対満足するレインウェアを毎日、全品格安通販中。レインコート、農業・漁業向けの作業合羽も充実しています。

レインウェアの素材は主に3種あります。「ゴアテックス」「ネオシェル」「PVC」、それぞれの性質と特徴を頭に入れておくと、自分が最も利用するシーンで何がピッタリか? が判断しやすくなると思います。

防水と快適さを兼ね備える「ゴアテックス」

「ゴアテックス」は防水と通気を兼ね備えており、全天候型のアウトドアシーンに適しています。外部からの水は遮断し、体表の発汗は外へ逃がす透湿素材が特徴。高価なのとメンテナンスが面倒なのが難点。

登山など活動的なアウトドアウェアとして進化しているので、フィッシングウェアにも積極的に採用されています。

ムレムレの暑さを打開するなら「ネオシェル」

「ネオシェル」はゴアテックスと同じ透湿素材。違うのは防水よりも透湿寄りの性質なところ。素材が柔らかく着心地が軽め。透湿に特化しており、夏の登山アウターではベストの選択になりますね。動きやすいため、キャスト回数が多いルアーフィッシングに最適です。

雨を遮断する能力と保温はゴアテックスに劣るため、一箇所にじ~っと留まる使い方は体温が下がりやすく危険です。

最強の防水を得る代償にメッチャ蒸れる「PVC」

早い話「合羽(カッパ)」です。ビニール素材のため水を一切通しません

ピカイチの防水性能がメリットですが、体表から出る汗と湿気も完封するため、暑い季節は蒸れるどころじゃなく濡れます。コンビニならどこにでもあるのと、折りたたみやすい携帯性と、安さが魅力。

スポンサーリンク

いいレインウェアを安く手に入れるならアウトレットかワークマン

釣具メーカーの出すレインウェアはハッキリいって高い!

アウトドアブランドに製造注文しているので、コロンビアとかモンベルの製品と性能は変わりません。違うのはブランドロゴの有無くらい。だからアウトドアショップで買ったほうが安いです。アウトレットモールで探すのがおすすめかな。

全国のアウトレットモール一覧 - NAVITIME
全国のアウトレットモールをご紹介。かね喜 あみアウトレット店やキッチンスギモト 土岐プレミアム・アウトレット店などの住所や地図、電話番号や営業時間、サービス内容など詳細情報もご確認頂けます。地域やカテゴリを絞って検索も可能です。

ワークマンのレインウェアは、安価で本格派と同等に近い性能を誇ります。コスパ優先のライフスタイルな一択ですね。「ワークマン+」はファッション性も重視しているので、近くに店舗があれば覗いてみるといいでしょう。

レインウェア・雨対策特集|作業着のワークマン公式オンラインストア
雨の日に欠かすことのできないレインウエア。基本的なレインウエアの知識である「耐水圧」と「透湿度」についてわかりやすく解説&ワークマンのおすすめ商品をご紹介!

……レインウェアで雨は防げますが、汗で濡れるインナーはどうしようもありません。雨の日に釣りをするなら、着替えを用意するのも忘れないように!

タイトルとURLをコピーしました