安いトレブルフックを使う価値はあるの?

安いトレブルフックを使う価値はあるの?

トレブルフックはルアーメンのこだわりポイント。

製品は高ければ高いほどイイが常識でした。近年は製造の最適化と自動化により、安くて良い物が増えています。その流れから節約志向(コスパ)が優先されはじめ、釣具業界にも波が押し寄せています。

「高いフック」と「安いフック」、どちらがより正義なのだろうか?

スポンサーリンク

トレブルフックに何を求める?

トレブルフック(長くて面倒だから以下フック)にも質があり、値段によって優劣があります。

釣具は「ブランド(メーカー)」で選んでいるアングラーが多いでしょう。お気に入りがあることは信頼の証です。他には人に勧められた、口コミがよかったなどなど、物を選ぶ理由は様々あります。

そもそもアングラーはフックに何を求めているのか?

絶対に曲がらない強度? 必ずフッキングする鋭さ? 金属なのに錆びにくいとか? ──そこまでを求めているのではなく、「自分の期待に応えるかどうか?」ではないでしょうか。お金を支払う以上、相応の見返りは欲しいですよね。

トレブルフックの「質」は値段であまり変わらない

シーバス用フックを例にすると、”6本入り800円前後”が普通ライン。高いか安いかは別として、この価格帯なら性能で困ることはまずありません。

フックの優劣は、金属をコーティングする素材の違いくらい。安いフックが錆びやすいのはこのため。防腐処理の有無が鋭さと関係はしないし、錆びたら磨けばいいだけの話。トレブルフックは釣り針を3本溶接して1本にするため、特に重要なのは金属の強度を上げる処理の有無です。

釣り針を刀のように鍛えるのは難しく、鋳造品を熱したり冷やしたりを繰り返すくらいの処理ですが、針の強度は向上していきます。一方でコストは増えるから、値段は高くなってしまいます。フックに強度を求めるなら、鍛錬した物を選びましょう。「針先を特殊加工!」とかね。

やけに安いフックは、鋳造品そのままを販売していたり、コーティングが雑だったりします。金属が柔らかく、指で曲がってしまう物も……。

フック1本の価格は大手の半分以下!でも高評価な物が増えている

安売りのフックは罠が多い印象が拭えませんが、1回使って即ポイの、意識高いアングラーにとっては丁度いい強度です。最近は直販も増えて、中間コストをざっくりカットし、安売りを実現しているメーカーも増えました。

Amazonと楽天で値段をざっくり調べたところ、20本入で1000円以下とか、50本で1500円とか……。単価的にすると、1本50円以下の良フックが増えています

トレブルドは50本で1,744円で、1本あたり35円。1パックあるとフック無しルアーを買った時や、中古品を取り替える時に役立ちます。

100本入りで1000円もあります。1本あたり10円は色々と心配になります。でもダイソーフックよりマシです!

とまぁ、大手メーカーを外せば安いフックはいくらでもあります。ネットで探しやすくなったのも強みですね。中には製造過程で針先が甘い物も混じっていますが、砥げば問題なし! 安物を使うなら、フックシャープナーは常備しておきましょう。

製品を見極めるのは価格か、それとも質か

安めのフックは地雷が多いイメージでしょうけど、有名メーカーの製品だからといって、一生使えるわけじゃありません。フックは消耗品です

底に当たると砂で削れるし、サーフは回収時が最も削れやすい。口が硬い魚は1発で針先が甘くなるし、定期的にメンテしないと、一発のチャンスを無にしてしまう恐れもあります。高いフックを研ぎながら使うのが妥当ですが、コーティングが剥がれると錆びてくるし、交換時期はいずれ訪れます。

製品に何を求めるかは人それぞれ。信頼を求めるなら有名メーカーを選べばいいし、安さを求めるなら通販サイトで値段順にソートすればいい

長持ちするフックなら、がまかつのシールド付きがおすすめ。1本は高めですが、錆びた経験がほとんど無く、カル○ィバより長持ちするから、私が使うミノーのフックは大抵コレを選んでいます。

タイトルとURLをコピーしました