安いトレブルフックを使う価値はあるの?

安いトレブルフックを使う価値はあるの?

トレブルフックはルアーメンの重要な”こだわりポイント”です。

「高ければ高いほどイイ」──が既成品の常識。しかし近年は節約志向が重用され、コスパ(コストパフォーマンス)が重要視されることが多くなり、それは釣具業界にも流れが押し寄せています。

果たして「高いフック」「安いフック」……、どちらがより正義なのだろうか?

スポンサーリンク

アングラーはトレブルフックに何を求めている?

他の釣具同様、トレブルフックにも値段によって優劣があります。

ほとんどのアングラーは「ブランド(メーカー)」で選んでいることでしょう。人に勧められたからとか、口コミがよかったからとか、信頼にたるメーカーだからとか────理由は様々。でもお気に入りができると、他を試さなくなるのが悪いクセだと思います。

そもそもアングラーはフックに何を求めているのか?

絶対に曲がらない? 必ず刺さる? メンテフリー? ……それを実現するなら金属は使えないよね。求めているのはそんな難しい話ではなく、”フックとして使えるかどうか?”にあります。

トレブルフックの「質」が値段で変わる幻想

トレブルフックの価格は、シーバス用を例にすると、”6本入り800円前後”が普通ですかね。このくらいの価格帯なら性能で困ることはまずありません。優劣が出るとすればコーティングの差で、錆びやすいかそうでないかくらい。

高価な釣具を使うアングラーは、たまにその値段でマウントを取ることもありますが、こと”フック”に関してはそれを見たことも聞いたこともない。おそらく「明確な違いがわからない」からでしょう。

それはその通りで、普通の価格帯ならぶっちゃけ優劣はありません。だからメーカーで好みを語るしかない。

とはいえ安すぎるフックの質が悪いことは認めます。簡単に指で曲げれたり、コーティングから錆びるとかは、某100均の製品で経験済み。──これは”本物の”釣り針を作る工場を抑えれなかったからでしょうね。だから質が落ちると……。しかし最近は大手メーカーよりも、割安かつ同レベルの製品が増えてきました。その謎は製造工場からいかに輸送コストを下げるかにあります。

価格の差なんてのは、販売メーカーを通すか通さないかにある程度です。

フック1本の価格は大手の半分以下!でも高評価な物が増えている

Amazonと楽天でざっくり調べたところ、フック20本入で1000円以下とか、50本で1500円いかないとか……。単価的には「1本50円以下」の良フックが増えています。

これは50本で1,450円。1本あたりは29円。

これは100本入りで1000円ちょい。1本あたりは10円程度になります。

これは20本入りで950円。1本あたりの単価は47円とまぁまぁですが、3つの中では口コミも高評価が多く人気です。

価格で製品を求めるのか、それとも使って質を見抜くのか

安めのトレブルフックは、有名メーカー製より半額以下で購入できることがわかったと思います。この値段の差は、”お布施”みたいなもんです。それを引くとフック本来の値段はこれくらいってことになる。

いろいろな製品を使った情報を個人が発信しやすくなり、「値段によって質はあまり変わらないのでは?」と気づく人が増えてきたのではないかと考えます。日本だと1釣行で交換するアングラーも多いので、単価安いほど喜ぶ方も多い背景もありそう。

製品に何を求めるかは人それぞれ。信頼を求めるなら有名メーカーを選べばいいし、安さを求めるなら通販サイトで値段順にソートすればいい

現代で便利なのは、あらゆる製品の価格を比べやすいところですね。選択肢も多いから迷いがちになりますけど、極論をいえば「使えればいい」ことに落ち着くのでは──。

インプレタックル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生