結婚するなら釣り人が最強ってマジ?

結婚するなら釣り人が最強ってマジ?

結婚するなら釣り人が最強!?」……みたいな意見があるらしい。

マジかよどの世界線の話だよと、いちアングラーとして気になる話題ですが、それは本当なのだろうか。理由をそこそこ真面目に考えました。

スポンサーリンク

結婚するなら釣り人が最強説

「結婚するなら釣り人がいいらしい」を話題にしたサイトと、自身で思いつく限りで、「釣り人と結婚することでありえるメリット」を並べてみました。

その結果、驚くことが!?!

  • 魚を捌いてくれる!
  • 魚を買う必要がない!
  • 料理ができそうだし家庭的!
  • 外部ウケがわりといい!
  • お互いに1人の時間が作れる!
  • 道具が高い(カネもってそう!)
  • 保険金を掛けるべき!

ハハッ! 何をいうんだい? アングラーはもともとハイスペック市場なのだよ(体裁的に)。

……でもこれらが該当するのは、「品行方正な模範的アングラー」だけなのでは? ”釣り人だから結婚対象”と考えるのは尚早でしょう。

現実は次項のようになると思います。

【現実】メリットにはだいたい(~とはいってない)が付く

  • 魚を捌けるとはいってない
  • 釣れなければ買うしかない
  • 魚は捌けても料理をする(できる)とは限らない
  • 趣味枠での外部ウケは確かにイイ
  • (高い道具があるのは)全部つぎ込んでるからですヨ
  • 週末に1人になるってことは……?(ヒント:家事育児)
  • 生命保険は掛けるべき!

”結婚するなら最強の人”とは──、釣りをしてもしていなくても、最強なんだよなぁ(真理)。

手取り15万あれば毎月ステラ買えますヨ カンタンでしョ?
カンタンですヨ
手取り10万あれば毎月ステラが新品ですヨ

(名誉のために)補足しますが、これが全てのアングラーに該当するわけじゃありません。気まぐれといえば秋の天気と女心……。男といえば、仕事以外は無能なタイプも存在します。

「一人暮らし経験=料理ができる!」わけじゃないし、魚を捌けるナイフテクがあっても、包丁は握らない。そう──これが多様性なんだ。

互いに1人の時間を作れるのがベストでは?

家事と育児で喧嘩になるのは、互いの「ここまでやる感覚」に違いがあるため。ようは価値観の違いです。

もし家事がヘタクソなら、むしろ手を出して欲しくないし邪魔だから居ないほうがいい。──そんな考えもあれば、ヘタクソなりに”やる姿勢”だけでも見せて欲しい、と思う方もいます。それを「言わなくてもわかるよね?」で済まそうとするから、意思疎通ができず、関係が悪化するパターンが大半です。

それなら気持ちを汲むより、言伝したほうが早くね? むしろ毎日30分でも片付けしているほうがよくね? って。

まずは互いのルールを決めましょう。例えば1日釣りにでかけたいなら、代休をもらうように、相手に対して利益になることをしてから許可を得るとかね。自分本位で動くだけでは、ただのワガママです。

この世は持ちつ持たれつだと、こういう時こそ実感します。

ーーー参考サイトーーー

結婚するなら釣り人が一番!という意見に賛否両論のTL「釣り人と結婚したい」「ガチな釣り人はまさに魚が恋人状態」
うむむ…嗜む程度の釣り人なら…?
コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました