人を釣り、人命を救ったルアーメンがいる

大物を確実に釣るための強靭なタックルは、人命救助に役立つ時もある。

──と知った良いニュースが。

釣り人が釣り人を釣る

愛媛県にある伊方町で、海に転落して流された男性を救った釣り人3名に、松山海上保安部が感謝状を贈りました。

ニュース記事にはこうあります。

約30メートル沖に流された男性にめがけて、釣りざおを振ってルアーを的確に投げ入れ、救助に結びつけたという。

大物狙い用の強靭なタックルと、確実なキャストアキュラシーに、フックを外す判断力。そして流された男性も、救命胴衣をしていたことが救助に繋がった事例ですね。

ルアーで転落男性救助 : ニュース : 愛媛 : 地域
伊方町で昨年12月、海に転落した男性を救助したとして、松山海上保安部は、磯釣りをしていた3人に感謝状を贈った。約30メートル沖に流された男性にめがけて、釣りざおを振ってルアーを的確に投げ入れ、救助に結びつけたという。

強い釣具なら人も救える(こともある)

磯釣りは大物狙いが主だから、水に浮かぶ人ひとりに耐える程度の強さはあるでしょう。

もしこれが港内のライトタックルなら、30m以上投げるのも困難だし、水に浮かぶ人を引っ張れるほどの強さはなかったでしょうね。

流された人を救う方法には、100kgのクロマグロに耐えるタックルを備品として、ポイントに設置しておくのもアリなのでは? ──と思ってしまいます。

それにしても、救助したルアーマンたちの冷静な判断も光ります。

意識が無ければフックで引っ掛ける道もあったでしょうけど、フックを外してから投げ入れ、漂流者に掴んでもらうほどのキャスト精度……。ラインが切れないよう操作したロッドとリールの繊細さ。

誰でもできることじゃないですね。

10kgを相手するタックルは浮いた人間を救えることと、救命胴衣(ライフジャケット)の重要性を知れるニュースでした。

ルアーで転落男性救助 : ニュース : 愛媛 : 地域
伊方町で昨年12月、海に転落した男性を救助したとして、松山海上保安部は、磯釣りをしていた3人に感謝状を贈った。約30メートル沖に流された男性にめがけて、釣りざおを振ってルアーを的確に投げ入れ、救助に結びつけたという。