タコ釣りボールはタコング界に革命を起こすかも

タコ釣りボールはタコング界に革命を起こすかも

タコ釣りボールは、タコエギとは別に”匂い”で誘い出すアイテム。

オフセットで取り付けも簡単! これを使えば、生餌のタコテンヤよりも釣果を稼げるかも。

スポンサーリンク

エギにタコの好きな匂いをプラスする発想が面白い

タコ釣りボールは、簡単にいうとコマセみたいなもの。

タコエギのリグに付け足すことで、水中でタコの好きな匂いを発生させるため、エギを見つけてもらうことが前提のタコングが変わります。これは革命かもしれない。

タコ釣りボール

使い方は簡単! スナップで接続するだけ。

購入方法や使い方など、もろもろの情報は公式ページにあるブログやSNSからどうぞ(丸投げ)。

タコ釣りボールは船釣りのほうが有利かも

タコ釣りボールを使う上で気にするべきは、水中で溶け出す匂いは潮に乗って移動すること。

てことは……、潮の流れが極端に速いと、潮下の広範囲にむらむらしたタコが集まるだけで、肝心の本体に寄ってこないことも考えられます

この特性を最大限使うなら、船釣りのほうが有利かも。

例えば船首から船尾に向かって流れているなら、船首にタコ釣りボールを投げ入れておいて、他は集まって来る(かもしれない)タコを一網打尽にするガチ戦法を取ることもできます。

ショアのキャスティングだと、状況によっては潮下のアングラーが「あざす(笑)」となるかも。

岩礁帯やテトラ帯など、タコは隠れやすいけどエギを届けられないような場所は、タコ釣りボールの誘引力が活躍するでしょうね。

タコ釣りボールはオンラインショップから購入することができます。

Gioia - Bootstrap Business Template

不明瞭で気になる点

個人的に気になったのは以下のポイント。

  • 溶け出すアレは環境に配慮しているの?
  • 溶け出す速度次第ではコストがヤバそう

溶け出す物に関しては、公式内で「分解性を優先した」とあります。……まぁタコの好きなエキスだから、有機物であるのは間違いない。エギやケースを海に残すよりはいいでしょう。

一番気になるのが、ボールが溶ける速度。──これはインスタで動画がありました。

……けっこう溶けるの早くない?

この溶け出し方からして、外包フィルムが溶けると中は液体なのね。私はてっきり、「ブルー○ット入れるだけ」みたいな個体物を想像していたので驚きでした。

溶け出しは早いほうが誘引効果がすぐ期待できるし、キャスティングだとこの特性はプラスに働くかも。

でもこの溶け方だと、1投げごとに交換することになりそう……。ショア用に固体バージョンが来たら世界が変わるで。

仕掛け
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生