電動サーフボードにできる「BoostFin」は新たなマリンスポーツの可能性を秘めている

自動でサーフボードが動いてくれたらなぁ……って思ったことはありませんか?

BoostFin」はボードに後付できる電動フィン。最大時速16kmのブーストモードを備え、波がなくても波乗り体験できちゃうほどの速さ!

SUPボードにも使えるから、SUPフィッシングの新境地が開けるかも。

スポンサーリンク

サーフボードに「BoostFin」を取り付けるだけで電動アシストに

「BoostFin」はサーフボードに後付できる電動フィン

これさえあれば波が無くても勝手に進むし、小さな波でも高速ライドを体験することができます。特に初心者の補助にいいかも。速度不足で波に乗れない人とかね。

慣れた人でも、疲れるパドリングからも開放されるし、小さい波でも魅せ方が変わるから、サーフィンに変化が生まれるかもしれません。

本体は買い物用のエコバッグに入る程度。パドルより持ち運びが楽だし、邪魔にならないサイズ感。

BoostFinの大きさは手提げバッグに入る程度

https://camp-fire.jp/projects/view/438272

バスボートのエレキも、このくらい小型化してくれないかなぁ……。

US発!最新サーフィンガジェット【BoostFin】 ボタン一つでボードが加速
電動アシスト付きのフィンでマリンスポーツをもっと楽しもう!BoostFin(ブーストフィン)があれば小さな波でも乗ることができる。波に乗る感覚を体験してしまうとサーフィンの虜になってしまうかも!?

手漕ぎよりずっとはやいSUP用ボードになる!

BoostFinはSUPボードにも取り付けることができます。

……電動SUPになるってことは、もう水上スキーなのでは?(錯乱)

SUPボードはサーフボードより幅があって安定感はあるけど、サーフィンほどの疾走感はありません。ブーストしちゃえば、スタンディングで水上を滑走できるから、新たな快感が得られそう。

なにより、SUPフィッシングがもっと楽になります。

https://camp-fire.jp/projects/view/438272

オールなりパドリングで沖に出るのは地味につらい……。BoostFinなら手放しで沖まで行けるから、水上の移動範囲を増やすことができるでしょう。

なんなら青物トローリングやれちゃうのでは?

ボタン1つで最大時速16km!血がたぎるブーストボタン!

ブーストモードはボタンひとつで切り替え可能。

通常スピードは1段階で、最大時速は16km(約8ノット)になります。スピード調整は専用アプリで可能。時速16kmはジョギング勢よりも速いですね。

ブーストモードを使いつつ仁王立ちしてボードに乗れば、マンガのワンシーンにありそうだし、YouTubeで映えそう。

なおアプリと連動することで、押すボタンによってブースト時間をカスタマイズすることもできます。ポイントまでの補助に使う目的にも使いやすい。

もし落ちたらボードがひとりで旅立つから注意。だからハーネスの装着は絶対ね。

ただし使用時間はお察しください

バッテリー駆動なので活動限界はあります。

連続使用は60~90分。ブースト機能を頻繁に使うほど短くなるのは想像できるでしょう。

うれしい点は、フル充電まで1.5時間と短めなところ。

午前中に思いっきり遊んで、ランチタイム中に充電すれば、午後もプチ航海に出られる柔軟性があります。……難点は充電するための電源かな。

ま、そこはポータブル電源がいるから死角なし!

BoostFinはクラファン募集中で8月リターン予定

BoostFinは2020年にアメリカで販売されています。日本販売はクラウドファンディングで市場を探っている段階かな。

宣伝してくれるアンバサダーも募集しているとのこと。特典もあるし、SUPフィッシングをしている人は申し込んでみては?

US発!最新サーフィンガジェット【BoostFin】 ボタン一つでボードが加速
電動アシスト付きのフィンでマリンスポーツをもっと楽しもう!BoostFin(ブーストフィン)があれば小さな波でも乗ることができる。波に乗る感覚を体験してしまうとサーフィンの虜になってしまうかも!?

板に複数つけることも可能だから、2個以上つけてそれぞれパワー調整すると、左右旋回することもできるし、さらにハックしてリモコン操作できれば、自動波乗り体験教室を開催することもできそう。

う~ん、これひとつでマリンスポーツの幅がかなり広がるでしょうね!

乗り物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生