ハンモックに揺られながら魚釣りができないこともない

ハンモックに揺られながら魚釣りができないこともない

持ち運びできて自立するハンモックがあると知りました。

「ゆらゆらしながら釣りができるやん!」──を想像したら、物事を両立させる大変さを知ることに。

持ち運びできて自立するハンモックたち

マンションのベランダでキャンプ的なことをする「ベランピング」が人気の模様。

スペースがベランダの広さに限られるので、折りたたみテーブルにポータブルチェアを組み合わせて、ハンディコンロでコーヒーを飲むのが主流のようです。

そこでハンモックを使ってみたくないかい?

ハンモックは木と木に吊るすイメージが強いですが、今は折りたたみができて持ち運びやすく、自立するタイプも販売されています。

……おやおや? これって釣り場に持っていくのもアリでは?

ハンモックは「ゆったり釣りをしたい」希望を叶えれるのだろうか

よく「ゆったり釣りをしたい」って意見を聞きます。

魚釣りをしている最中、アングラーは色々なことを考えています。釣るための戦略を固めていたりとか、繊細なアタリを逃さないよう集中しているとか、家内に居場所をなくさない心がけなど──。

釣りの最中は意外と、心が休まらないものです。

ハンモックを使えば、嫌でもリラックスしきってしまうもの。

それらを組み合わせれば、最強のアウトドアレジャーを実現できるのでは?!

アタリに反応してずり落ちて怪我をする未来しか浮かばない件

ハンモックなり椅子と相性がいいのは投げ釣りでしょう。

竿を置いたまま、アタリを見逃さないよう竿先を見てればいいだけ。

ただ問題があるとすれば、アタリが来た時にアワセをどうするか……。

竿まで遠いと、急いで取りに行こうとして、ハンモックがぐるんと回って腰を強打し、「っ…!」となる未来が見える。下手すればゴロゴロ転がって海ポチャしかねない。

リスクを取るか、リラックスを取るか──試されますね。

「欲張りすぎるのはよくない」と窘められている気もする。大人しくベランダか室内で使うべきかもしれない。

釣りに使うならやっぱりアウトドアチェアがいい

ハンモックだとアタリの際にすぐとれないけど、アウトドアチェアならすぐ立ち上がれます。

おすすめは360°回転する「サブロクチェア」。

“座り”が圧倒的に快適になるアウトドアチェア【SABUROKU CHAIR】

背もたれのクッション性もいいし、アウトドアチェアでは珍しく、椅子が360°回転するから、ちょっと後ろを向きたい時に便利ですね。待ちの釣りに使うと快適になるのは間違いなし!

読書やラップトップで在宅ワークの時にも使えるから、ベランピングやキャンプだけでなく、普段の室内使いにも良いですよ。