【月下美人 鯵天】シーバス居ないから見えるアジ狙いたい…なんて時にオススメ

アジングは軽い仕掛けを使うし、「1に感度、2に感度……ええい、とにかく繊細なタックルを使うんだよぅ」といわれている。

けれども、魚釣りは口に針をかければ勝ちです。

 

DAIWAから発売されている「鯵天」という製品がある。

「シーバス狙いに来たけど、常夜灯下でアジがたむろってるし、そっち狙うほうがいいかなぁ」

──なんて時にノットを組み直す必要もなく、そのまま中小物狙いに切り替えれる優れ物!

スポンサーリンク

シーバス用のタックル構成なら余裕で流用できる

シーバスを狙うラインシステムは、PE1号にリーダー16lb前後が多い。

大型だけを狙う場合でも、リーダーが20lb以上になるくらい。

ロッドは汎用が効く「Mモデル」が多く、バチパターンになるとMLかLになるくらい。

 

ライトタックルほどじゃないにしても、シーバス用は感度が悪いロッドじゃない

タックル全体の総重量差も、せいぜい50g以内てところ。

 

 

「でもアジを釣るにはライン太すぎるしロッド硬くない?」──と考える人も多いと思う。

冒頭でいったように、魚を釣りたいのであれば、「口に針をかければ勝ち」です。

硬いタックルだと口切れがしやすいのなら、ドラグをずるずるにすればいいだけじゃない。

使い方は鯵天をスナップに繋いで小物用ジグヘッドを結ぶだけ

『鯵天』はスナップで繋ぐシンカー(オモリ)。

浮力もあるからゆっくり落とせるし、シーバス狙いからアジ・メバルに切り替えることもできるメリットがある。

 

Amazon DAIWA : 月下美人 鯵天

 

「今日は小物のほうが元気そうだな」と感じたら、スナップに鯵天をつけて、小型ジグヘッドにワームのライトなリグを結べば、ハイ完成!

上層をねっとり巻いたり、カーブフォールで誘ってみたり。

口が柔らかいので、強くアワセる必要はなく、ドラグ緩めで巻いてランディングしましょう。

 

「シーバスタックルでやるアジング(哲学)」に難点があるとすれば、ロッドが硬すぎると鯵天の重量を感じれなくなること。

シーバスルアーは15g前後が多いのに対し、鯵天は「3.5~9.5g」しか重量がない。

柔らかめのMLかLなら問題ないけれど、モデルによっては「最低10g~」もあるから、ロッドの対応重量は確認しておくこと。

MLモデルなら、6gは大抵許容してくれるので、やっぱりしなやかなロッドが望ましい。

ジグヘッド自体は軽くてもOK

別にジグヘッドじゃなくても、適当な1号のラインに針を結んで、それにワームをさせばいい。

でもジグヘッドが推奨される理由は、ワームにも浮力が存在するから。

それを沈めるため役割があるので、針だけでもガン玉を使うことを勧めます。

 

ただし、鯵天より重くするのはダメ

鯵天より気持ち遅めに落ちるほうがいいので、ジグヘッド(オモリ)は「2g程度」を選ぶのが無難。

インプレルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました