【月下美人 鯵天】シーバス居ないから見えるアジ狙いたい…なんて時にオススメ

 

アジングはそれ相応のタックルが必要と思われがち。

軽い仕掛けを使うし、「1に感度、2に感度……ええい、とにかく繊細なタックルを使うんだよぅ」といわれている。

……口が柔らかいので、確かにライトなタックルが望ましい。

けれども、ワームをカリッとするアタリを喜ぶよりも、魚釣りは口に針をかければ勝ちなのが事実。

 

DAIWAの月下美人から発売されている「鯵天」という製品がある。

「シーバス狙いに来たけど、常夜灯下でアジがたむろってるし、そっち狙うほうがいいかなぁ」

──なんて時にノットを組み直す必要もなく、そのまま中小物狙いに切り替えれる優れ物!

 

スポンサーリンク

シーバス用のタックル構成なら余裕で流用できる

 

シーバスを狙うタックル構成を考えると──

ラインシステムはメインにPE1号でリーダー16lbくらいが多い。ランカーだけを狙うスタイルでも、リーダーが太くなるくらい。

ロッドもMが多くて、バチかベイトの”パターン別”でMLとLを使い分けるくらいだろうし、もともと感度が悪いロッドじゃない

タックル全体の総重量も、ルアーを除けばハイエンドじゃなくても、せいぜい50g以内てところ。

 

 

「え? アジを釣るにはライン太すぎるしロッド硬くない?」──て人も多いと思う。

冒頭でいったように、魚を釣りたいのであれば、”口に針をかければ勝ち”なのである。

おまけに口が弱いのなら、ドラグをずるずるにすればいいだけの話。

 

 

使い方は鯵天をスナップに繋いで小物用ジグヘッドを結ぶだけ

 

DAIWA : 月下美人 鯵天 – Web site

 

ルアーを繋げていたスナップに鯵天をつけて、小型ジグヘッドに8lb前後のラインを使い繋げれば、ハイ完成!

あとは上層をねっとり巻いたり、カーブフォールさせて誘ってみたりして、「ブルル!」ときたらロッドを立てて巻こう。

口が柔らかいので、強くアワセる必要はない。

 

シーバスタックルで狙うアジ(哲学)に難点があるとすれば、ロッドが鯵天の重量を感じれるかどうか。

MLかLなら問題ないけれど、Mクラスとなるとモデルによっては「最低10g~」なんてのもある。

鯵天自体「3.5~9.5g」の重量。なのでキャスト時に重さを感じれないと、アキュラシーがかなりブレてしまう。

 

MLモデルなら6gは大抵許容してくれるので、やっぱり”しなやかなロッド”が望ましい

 

 

シーバスタックルの利点は、アジングタックルでは”重いリグ”も難なく対応できるところ。

口切れは若干多くなるけれど、ロッドが長くなるため遠くへ飛ばせること、小物と大型の切り替えが容易であることが利点。

シーバス向けの装備があれば、ショアゲームなら大抵のことはカバーできちゃうのである。

 

 

ジグヘッド自体は軽くてもOK

 

ノーシンカーのフィネスでもいいくらい。だけど、小型のワームはそれ自体浮力がある。

フィネスでは鯵天とのバランスが悪すぎて、リーダーが真上に「ツーン」と立ってしまう。なので、無いよりは有るほうが確実にいい。

ただし、鯵天より重くするのはダメ

折角の自然なフォールが阻害されてしまうため、ジグヘッドは2g程度を選ぶのが無難。

 

ラインは人それぞれだろうけど、号数でいうなら1号。これをポンドでいうなら4lbになる。

魚はアジだけではないし、常夜灯下で混じりやすいカマスくんには細くて切られやすい。

色々な魚種に対応するとなれば、2~3号(8~12lb)を使えばいい。

 

 

ラインは細ければいいってもんじゃない

 

細いラインのほうが釣れる!」、とは良くいわれる。それもそのはず、限りなく自然に近いエサの落ち方を表現できるから。

目がいいからラインを見切るとか、感度が良くなるだとか、眉唾な話を聞くだろうけれど──

真意はどうあれ、細いラインだと釣れやすいのは事実。

 

 

その弊害として、切れやすくなるデメリットが顕著になる。

細いラインで魚を釣るほうが記録として賞賛されるが、弊害として海にゴミを残しやすいのは、体裁的にどうだろうか。

 

魚を釣ることは概念として重要だが、「海に残さないためのラインシステム」という考えも重要だと考える。

魚釣りを続けていきたいのであれば、海を保護する考えがなければ、自らの首を絞めていくだけ。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生