アングラー直送!釣った魚を買取してくれる回転寿司「武蔵丸」で鮮魚三昧!

とある下見のついで──ですけど、前から気になっていた店に行ってきました。

釣った魚を買い取るサービスをしている、回転寿司の「武蔵丸」さん。

隣の県だし、売ることも食べに行くのもタイミングがなかった(20分あれば県境越えるけど)

 

豊橋にあることは知っていたけれど、豊川店もあると知って地図で調べたら……

「通る道沿いにあるのは、神がいっている、ここに行くしかないと……」

というわけで寿司ってきました。

スポンサーリンク

回転すし「武蔵丸」はこんなお店

超グルメ回転すし 武蔵丸 | 豊川本店 豊橋藤沢本店 蒲郡店 三ノ輪店
「武蔵丸」は本物の寿司職人が握る、超グル...

地産地消の究極といえるスタイルだし、HPの煽り文もコレだから、値段が高めと予想していた。

しかしメニューにある値段は意外にもリーズナブル。これならパクパクいっても、会計で血を吐くこともなさそう(貧民感)

それよりも気になるのは、釣魚がどう提供されてくるかだ──。

 

武蔵丸内装

 

「◯◯市の△△さんがどこそこで釣られました」スタイル

この札がついた皿が回る様は、さながら土俵を廻る懸賞のようだ。

常連になるほど、「今日Aさんの魚入ってる?」みたいな会話が繰り広げられそう。

業界人が凄腕を探すのにも一役買うかもしれない。

 

釣り人的な楽しみ方として、その地域と魚により、釣法談義を咲かせるのもいいかもしれない。

「そこでこんなの釣れんの!?」てのもあったりした(居るわけねぇではなく、釣れるんだ…という意味で)

スポンサーリンク

適当に注文をぶっこんでいく

食べたかった『光り物三昧』が品切れで、出鼻をくじかれたが──

 

店長いちおし5貫盛り

『店長いちおし5貫盛り』

 

左から『真コチ』『真アジ』『白ミル貝』『鰻蒲焼』『生しらす』。シャリは小さめだが、ネタはそれなりに大きく、ボリューム感がある。

 

「どれどれ、釣ったコチを自ら寿司にしたこともあるから、私はうるさくってよ」

 

──うん! これは新鮮な味だ。

寝かせて熟成した甘みとは違う魚らしい味。どれも身の弾力が鮮度を物語っている。

ふやけたようなネタを載せる、安い所とは雲泥の差がある。

値段よりも何を食べようか迷いすぎる品揃え

友人が頼んだ『クロムツ』の握りはすごかった。

生で食べるのははじめてだが、ぬるぅとした脂の舌触りと、それを締めてくれる酢飯。噛むほど甘さが滲んでくる極上の白身だった。

ヤバイ、ヤバイですよ! こればっかり頼んだら(財布が)死んでしまいます!

 

スズキの昆布締め

『スズキの昆布締め』

 

この大きさはやっぱり味が落ちるなーと。

昆布は乗っているけど、昆布締めで寝かせたわけではなさそう(暴言)

 

炙り三昧

『炙り三昧』

 

友人の。マグロのハラモがおいしそうでした(小並感)

 

さんま岩塩あぶり

『さんま岩塩あぶり』

 

これ家でやりたいなーと。ガスバーナーやっぱ買うかな。

炙りシメサバ好きなんですよ。脂多いと翌日胃にくるけど。

 

他には『えんがわ』『あん肝』『カンパチ』『真アジ』など、2人して適当に頼んでいたから、途中で考えたり数えることをやめた。

寿司自体はそれほど大きくないほうだから、「こんなのいくらでもいけるね!」と思っていた。

けれど、計10貫ほど食べたら満腹感が襲ってきた。

 

もうちょい食べたいのに、くっそ、女子力高めにシェアればよかったか!

会計は2人で5000円いかなかった。

高いほうから注文すると、倍近くは行きそうだけど、それ故に「安い!」と感じました。

味について釣り人並の感想

突き抜けて美味しいわけでもないけど、魚の味はまがい物じゃないってことはわかる。

1皿100円レベルと比べるのも馬鹿馬鹿しいが、それに慣れすぎていると、「味がしない」って感想が多いのではないかな。

どのネタも歯ごたえがあって、釣り人並に慣れ親しんだ「新鮮な味」を感じる

 

釣魚の買取については、ホームページを実際に見てください。

「えっそんなに高く買い取ってくれるの!?」と思うかも。

鮮度を保つ必要があったり、それなりに厳しい基準はあるので、売ることを考えるなら保冷に気をつかいましょう。

血抜きと神経締めどちらがより美味いのか?【魚を〆る美学】
釣りをしていると、魚を活け〆している姿を見かけます。「鮮度が良い=美味い」と信じてやまない人が多いですが、血抜きや神経締めなど「活け締め(活け〆)」は、やるべき魚とやらなくてもいい状況があります。その根拠を知らない人が結構...

数日前、それに役立つ記事を書いていたなぁと(ほんとに偶然)

 

気を使っていると思った部分は、えんがわが二種類あったこと。代替とヒラメの二種類ですね。

本物なら1貫100円ちょいで握れんわなってわかるし、ヒラメのほうは値段が倍してたから、代替を本物と胸張ってそうな所とは違うなと。

ちなみに”Aさんが釣ったシリーズ”は、「うん、その魚だね」としかいいようがない。

回転寿司としては珍しいネタが多いので、様々なお魚さんと戯れるにはおもしろい場所だと思います。

奢る際に「値段は気にするな」にプラス「育ち盛り」のコンボが炸裂すると……ちょっとお高い焼肉屋くらいかかるかな。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました