PEラインのメンテナンスはタックルを守ることにつながる

PEラインのメンテナンスについて誤解している人が多く感じる。

それは「PEライン自体を保護するため」思い込んでいる傾向があること。

「えぇっ、違うのかい!?」と驚く人は、見えない力に誘導され、勘違いをしている。

 

ライン(釣り糸)はリールに巻かれているじゃないですか。

なのでメンテナンスといっても、PEラインはリールのついでにやるだけのことだったりする。

スポンサーリンク

PEラインはメンテナンスをすることはできるがリペアは無理

PEラインはナイロンとフロロカーボンに比べ摩擦に弱い

そのために、コーティングが重要とされているのですが──

 

PEラインをコーティングする=毛羽立ちやほつれを直す」は違います。

 

それを遅らせることは可能。

でもリペア(修理)することは不可能。

コーティングは「PEにシュッ!」が有名ですね。店頭で見かけた方も多いと思う。

PEラインのコーティングで、たびたび論議にあがるコイツのせいか、これをかければ「半永久的に保つんじゃ…?」と錯覚している人が多そう。

 

「コーティングする理由は何なの?」は、例えると床にワックスをかけるだけです。

していようが床は傷はつくし、時間の経過でワックスは薄れていく。

だから定期よりも継続的にしないと、意味がありません。

 

いうまでもなく、ラインは消耗品です

「ラインについた塩が~」だの、「吸水率がアレで乾燥させないと~」などいう人もいるが……

それは何かのついでにできることではないかい?

リールに巻かれているそれは何だい?

──で、ラインのメンテナンスについては、リールのついでにやる認識が正解。

 

 

いくらメンテナンスフリーといっても、釣行後にタックルを水洗いすることは基本中の基本

言葉を鵜呑みに放ったらかして、「錆びた!」だの「固着した!」というのは、修理する側からしても「やれやれ…」と呆れる。

PEラインをコーティングする最大の理由

あの胡散臭いアイテム(暴言)から文面を借りると──

 

摩擦係数が減ることにより、スムーズなキャスティングと抜群の飛距離を実現。ラインの劣化、ライントラブル、ガイドの磨耗も低減。ナイロン、フロロカーボンにも最適です。

 

……とある。別に間違ってることはいっていない。

でもよーく考えると、共通することが見えてくるじゃない?

 

そう、「摩擦を減らすため」が最大の理由です。

 

 

コーティングをすることで、ガイドの滑りもよくなり、ラインの表面も保護される。

「摩擦を抑えることでリールとロッドの保護にも繋がる!」が大本の理由ですね。

スポンサーリンク

【まとめ】PEラインをコーティングすることで守られるタックルたち

スプールに傷があるとラインは痛みやすいし、ラインが砂だらけだとリールが痛みやすい。

ロッドガイドに溝があるとラインは切れやすいし、ラインの滑りが悪いと絡まってロッドが折れることもある。

 

ラインが触れるリールのスプール、ラインローラー、ベールアーム。そしてロッドにあるガイド。

どちらが正常でも、どちらかが異常であれば、いつか共倒れになってしまう。

「滑るラインは魚釣りを快適にする」ので、面倒臭がらず、ワックスがけはまめにしましょう。

 

私がPEラインのコーティングをするタイミングは、最低でも2釣行に1回。

3釣行忘れるとガイドが「おこ」になっている感じが伝わるし、ラインが張り付く感じで飛距離が伸びなかったりと、摩擦を感じるようになる。

1釣行で半日使う人は、毎回やるのが無難。

 

ちなみにコーティングは石油製品なので、ラインが濡れた状態でやるのは意味がない。

PEラインは繊維の集合体なので、それが絡みやすく、結果的にコーティングとなっているわけです。

コーティングに高価な釣具メーカー品を選ぶ必要もない

KUREの5-56とシリコンスプレーは釣具メンテナンスの神器
KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらもメカメカしい製品のメンテには欠かせない物。これは釣具にも使えますが、用途を間違えると塗装が剥げたりする恐れも……。この記事では、KURE製品を釣具に使う注意点と、釣具メンテナンスに活...

 

今回と似た記事を書いているので、こちらも参考に。

特にシリコンスプレーは釣具のメンテナンスに万能で、外に見えている部分にかけると効果的。

リールやロッドの撥水に使えるし、釣具メーカーのボッタ値段より安く、同じ効果を発揮してくれる。

 

釣り人は疑似餌で魚を騙すのは得意だが、販売側の甘言で損をしている。

釣具のメンテナンス用品は全てホームセンターで買えるもの。

オイルやグリスに関しては油の粘度も選べるから、リールのフィーリング(巻き心地)にこだわる人ならそこもこだわるべきかと。

 

PEラインの選び方はこちらで説明しているので、よかったら合わせてどうぞ。

 

【初心者向け】PEラインの無難な太さの選び方
当サイトの検索によるアクセスを見ると、”PEラインの太さを選ぶ方法を知りたい人”が多いことに気付く。選ぶ基準はすごく簡単! 釣りたい魚の重さに合わせればいいだけ。「それが難しいんだよ蹴るぞ」とぶたれそうですが、そうとしかいいようが...
Tipsテクニックメンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました