【17’EXSENCE DC】中二病をくすぐる漆黒のベイトキャスティングリール

 

もともとエクスセンスシリーズは漆黒なのですが──さらに真っ黒に

”漆黒に秘められた闘志”と煽っちゃっているから、シマノの開発陣にも患ってるボーイズソウルの方々がいるから、「格好いいと思えるモノ」を作れるチカラがあるのかもしれない。

魚釣りの春シーズンは新商品ラッシュの時期。気になった「NEWエクスセンスDC」の紹介を。

 

新しいEXSENCE DCは、ベイトリールで100mオーバーの飛距離を叩き出した16’アンタレスをベースに、旧モデルに比べ飛距離を大幅改善。PEの泣きどころのライントラブルをほぼなくし、PE専用ベイトリールとして業界最高峰に達する性能を持つに至った

17年初春に発売される「17’EXSENCE DC」は、ベイトタックルを愛好している人にとって新たな刺激になるでしょう。

合わせてスピニングモデルも新しくなるよ!

 

スポンサーリンク

17’EXSENCE DCが「スゴイ!」というより、先駆けのアンタレスがすごかったというべきか

 

NEW エクスセンスDC[EXSENCE DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 

17エクスセンスDCは、ぶっちゃけていえば「アンタレスDC(海水OK!ver.)」みたいなもの。

ピカピカ鎧をまとった騎士から、闇落ちした騎士に”生まれ変わった”ような感じ。ダー◯ベイダーかな?

アンタレスは淡水専用のベイトリールであり、エクスセンスは海水使用可能のベイトリールとなります。

 

明確な違いはスプールくらい(ナロースプールとマグナムライトスプール)

 

17’エクスセンスDCは”ナロースプール”を採用しています。これはスピニングでいう浅溝と同じような意味。

同じ畑でいうソルト向けベイトキャスティングリールでいうと、「ブレニアス」で採用されており、それは飛距離向上ライントラブル軽減に貢献している。

レベルワインダーとラインの放出角度をほぼ同一にすることで糸抜けの向上。回転軸との隙間をほぼ無くすことで、バックラッシュ時にラインが噛むことを防ぎ、相対的に”トラブル”が減少します。

 

マグナムライトスプールは、簡単にいうと「スプールを軽量化したよ!」って技術。

これはアンタレスにはあるけれど、エクスセンスには存在しない。何故かといえば、海水使用を可能にするためだろうと。

 

ベイトリールのスプールは本体内部にあるし、マグナム(略)はスプールの横に穴を開けているため、水を吸ったラインの飛沫が内部に飛び散りやすい構造です。

淡水なら乾燥させればいい話だけど、海水では塩が残るためそうもいかない。まあ水洗いすりゃいい話ですが……。

防水モデルではないですが、海水で使える仕様にするため仕方ない転換かと思います。

 

 

ルアー別のブレーキセッティングも知れる辺見哲也氏のインプレ

 

おそらくこれが一番役に立つと思います。

 

スピニングを超えた!? 干潟で使える飛距離を達成! キャストの名手が教える 辺見流”NEW EXSENCE DC”のトリセツ | EXSENCE | ルアークロス ウェブマガジン | シマノ -SHIMANO-

 

ベイトリールは機械的に制御されたリールで、利点として「安定した◯◯を引き出せる」メリットがあります

それは飛距離とか、精度とか、ライントラブルの軽減とか──。個のユーザーの設定が万人にも伝わりやすいことがいえます。

 

記事中で辺見哲也氏は、向かい風10mにもなるメカニカルブレーキ泣かせの状況で実釣しています。

機械制御は可変する自然の風(抵抗)までは計算できないため、ベイトリールでルアーを投げる際にこれが最も難題となります。

 

ベイトリールのブレーキシステムには電子制御もあり、名前にあるDCはデジタルコントロールのこと。

内蔵されているCPUでスプールのブレーキ調整をある程度自動で制御している。サミングをコンピュータが行っているようなものです。

 

http://fishing.shimano.co.jp/product/series/lure-x/exsence/dc-henmi.html

 

強風の向かい風でもライントラブルが無いと名言しているのは、ベイトリールを使ったことのある人にとって「本当なの?」と思える事案でしょう。

PEラインは特にトラブルで悩まされやすいので、機械がそれを軽減してくれるのは嬉しい限り。

スピニングリールでトラブルに悩む人は、ベイトリールを使うほうがトラブルから開放されることが多いでしょう。

 

XGギア化でひと巻のストロークはスピニングと遜色がなくなる

 

ベイトリールはスプールが小型になりやすいため、ハンドル1回転あたりの糸巻き量が少ないのがネックです。端的にいうと、巻くのが忙しいリール……でした。

今ではハイギアも珍しくなく、普通のスピニングリールと遜色ない糸巻き量のモデルも多くなっています。

エクスセンスDCはXGギア化し、1巻91cmとベイトリールでも巻けすぎの部類になった。

 

 

ハンドルのストロークも増したことで、巻きのトルク(パワー)も向上。

根から引きずり出したいロックショアでも無難に使えそう。ベイトタックルでヒラスズキってのも、現実ですね(メリットはほぼないけど)。

ショアキャスティングの部類では、「使えない場面を探すほうが難しくなった」ベイトリールに仕上がっています。

 

ベイトリールが効果を発揮するのは漆黒な状況(ナイトゲーム)

 

ベイトリールはブレーキのセッティング次第で安定した飛距離を叩き出してくれます。

ようするに、「一度(ブレーキの)設定さえしてしまえば、あとはずっと同じ飛距離で投げれることが可能なリール」ってことになります。

ということは、リール側で飛距離を調整できるわけです。

 

例えば暗夜の橋脚狙いで、8割の力でとりあえず投げてみたら対象物にぶつかってしまった。橋脚から30cm以内で着水させたい場合、どのようにして調整すればいいのだろうか。

飛距離を調整するにはスピニング・ベイトとも糸の放出を抑える必要があるけれど……

 

・スピニングリールの場合

8割でキャスティングしたのなら、7割以下で投げるか8割で投げてフェザーリングで調整する。

 

・ベイトリールの場合

8割でぶつかったのだから、メカニカルブレーキを1段階強めるか、スプールを抑えるハンドルをちょい締めて8割で投げてみる。

 

ベイトリールは振り抜く力が同一であるほど、リールのブレーキ制御で飛距離を調整しやすい。スピニングは振り抜く力を抑える必要があったり、糸を抑えたりとユーザーのテクニックが左右される。

機械の性能がユーザーを補助してくれる。これがベイトリールの強みです。

 

着水点を調整するにあたり、大まかに2つの方法があります。

振り抜く力を調整する」と「ラインを抑えて放出を抑制する」、これらの方法はどちらのリールでも可能です。

が、「テクニックなんてまどろっこしい方法は面倒だ」なんて人は、1の力で数段階の制御ができるベイトリールをおすすめします。

同一のポイントであれば、セッティングをメモしておけば、安定したアキュラシーを実現できます。すると、目をつぶってでも同距離に投げ続けることが可能になります。

なので、データを集めたい人にとってもいいリールになるでしょう。

 

エクスセンスのスピニングモデルも新しくなるよ!

 

昨年レバーブレーキモデルの16’エクスセンスLBが登場しました。

スピニングリールの中で最も漆黒になったリールともいえますが、それからLBを取っ払った感じです(身も蓋もない指摘)

 

エクスセンス[EXSENCE]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 

これもうステラと変わらねぇな?

 

エクスセンスはシーバス専用モデルの印象が強いかもしれない。それゆえに”万能”です。

シマノのリール技術を詰め込んだスペックに、PEラインを巻くことに適している浅溝スプール。マイクロモジュールギアを入れちゃって巻き心地はシリーズ屈指──てとこですかね。

フラグシップモデルになるので、DC同様かなりお高いリールになります。

 

 

感覚的には、ちょっと重いヴァンキッシュになるかと。

 

ベイトリールで100mオーバーを実現した「アンタレス'16」とペンデュラムキャスト
旧アンタレスで99mを記録したミラクルジムは、新型”アンタレス'16”で約110mを記録。 飛ばすための技術の粋を集めたリールですが、それをフルに活かすのはやはり”キャスティング”でしょう。...
新型ステラの越えるべきハードルを上げたヴァンキッシュ'16
フィッシングショーのスピニングリールカテゴリで、話題をかっさらったのが”ヴァンキッシュ”の新モデル。 陸からの(中小型)ルアーフィッシングにおいては、現状で最高峰のリールでしょう。 それに...

 

当記事でも取り上げている「16’アンタレス」と「16’ヴァンキッシュ」はこちらでも取り上げています。

これらと遜色ない性能を持つのが、17年モデルのエクスセンスになります。

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生