外道のほうが美味い説4 ~ウツボ~

 

糸や網を食いちぎり、釣り・漁では不人気なウツボさん

いっぽう観賞としては人気者で、ダイビングやアクアリウムではモテモテ。

岩礁帯カーストでトップに降臨するが、普段は引きこもりである(夜行性)

 

あまり知られていないが味は良く、「ウナギ」より単価は高かったりする。

釣り人が忌み嫌う外道は、大衆的な高級魚より高価なケースが多い。

スポンサーリンク

岩礁帯の王者「ウツボさん」を讃えよ

ウツボは磯釣りの底物狙いでポピュラーな外道。

最も知られている茶色の虎柄は、全長1mにも成長し、2kgを超える個体も存在する。

長物特有の暴力的な首振りと強引な引きで、釣り対象としては地味に人気。

 

針にかけるまでは簡単だけど、釣りあげるとなれば難しい。

歯が触れれば糸が切れるタチウオやサメよりも、ハイスペックなラインブレイカーのため、釣りの対象とするのは難しい。

ウツボ漁はどうやっているの?

日中は狭いところに引きこもり、「ウナギ目」らしさをアピール。

獰猛なイメージが強いけど、実は臆病で繊細。

 

目の前にエサをぶら下げられればパクッといくが、こちらから手を出さない以上は大人しい。

穴に収まるその姿が愛らしく、観賞用として親しまれている。

仲が悪いのはタコくらいかもしれない。

 

岩礁帯に棲むウツボさんを捕まえるには、ウナギやアナゴ漁と同じように筒を沈め、「入ったらラッキー☆」の方法が取られている。

釣るにしてもゴツい仕掛けと竿が必要。

タモも食い破られたりするので、釣りあげるのは非常に難しい。

ウツボさんはなぜ高級魚なのか

その見た目と反し、身は透き通るような白身。

ゼラチンとコラーゲンの塊ともいえる美味な魚

ウツボと知らせられず食べれば、「この美味しい魚は何!?」と感嘆すること間違いなし。

 

ようするに、見た目だけでマズイと決めつけ、食べたことのある人は少ないから。

そうたらしめる理由は味ではなく他にある。

 

衝撃!うつぼをさばく秘密兵器は“あの家電”だった
グロテスクねイメージが強い存在、うつぼ。しかし、高知県人は「あんなに美味しいものはない」と絶賛。それなら家でさばいてみたい…と思っていたら、とんでもないことがわかった。さばけるようになるまで2年以上の“修行”が必要だというのだ。

 

ウナギやアナゴなど、長物を捌くのは修練が必要と知られている。

ウツボを捌くのはプロでも難しく、私も初見では、動画で手順を確認しながらでも1時間以上かかった。

皮下のゼラチンが邪魔をして、「斬鉄剣でコンニャクが切れないのはこういうことかぁ」と悟るほど、生半可な包丁で切れない皮が厄介。

 

それをクリアすれば、今度は小骨が邪魔をする。

──水揚げから調理まで、手間がかかるけど美味なため、高級魚とされているわけです。

ウツボ料理は和歌山と高知に聞け!

 この2県のウツボ料理は全国区で、TV取材もたびたび訪れている。

スーパーで普通に見かけるレベルで、新名物として町おこしにも用いられている。

 

1m近くの個体は、1匹当たりの単価ではウナギより高価。

ウツボが決して安い魚ではないことは、価格コムで値段を見てみるとギョッとするかも。

堤防で打ち捨てられていることもあるが、それはアナタが狙っている魚より高価です。

一度食べてみれば世界観が変わるかも

プロですら扱いが難しく、水揚げも少ないため、取り扱う料理店は少ない。

和歌山か高知に旅行するついでに食したり、お土産で買うほうが手っ取り早い。

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 内幸町駅新橋駅銀座駅

 

でも東京なら世界中の料理だって楽しめちゃうからね。

今では漁港から鮮魚直送もできるし、調理済はもっと手に入りやすい。

 

 

もし釣れたとしたら、一度捌いてみるといいかも。

これが捌ければどんな長物だって捌けるようになると思いますよ。

魚を知る
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生