【サバの日特集】健康ブームに乗りたくなるサバニュース

 

3月8日は「サバの日」と知りました。どうやら青森県八戸市が制定したらしい。

ということで、サバを食べたくなるかもしれないニュースを集めました。

 

スポンサーリンク

健康と美食で再び注目されるサバさん

 

近頃は「サバ缶」が人気沸騰中。

どうやら昨年にTV番組で紹介されたようで、イワシとサンマには目もくれず、サバ缶が売れているみたい。

 

「サバ缶」人気上昇! 健康アップ、安さ…食卓の“定番”に|産経ニュース

 

レシピサイトでは「4900品以上」が紹介されており、人気の高さがうかがえる。

ちなみにイワシ缶は「198品」、サンマ缶では「517品」……。同じ青魚なのに、地べたとヒルズな格差を感じる。

 

「サバの水煮」は手軽に食べられるところに魅力がある

 

魚の缶詰は値段が安定しているのと、鮮魚に比べ保存が効くのがいいところ。

「生き腐れ」といわれる青魚たちは、食べると健康になるとは知っていても、鮮度が良いおいしいタイミングでいただくのが難しい。

釣り人の中には、釣ったサバを食べて「今まで食べたのよりヤバイ」と感じた人も多いのではなかろうか。

 

青魚は活きの鮮度がそのまま「美味しさ」に繋がるので、スーパーに並ぶ頃には切り身もマズ目になってしまうのです。

だから干物とか浸けたものなど、加熱調理向けに販売されることが多い。

 

魚離れの元凶は調理が面倒なところ(片付けが特に)

 

気軽に買える魚だけど、焼くにしろ煮るにしろ、調理が面倒くさいのは確か。

作るのはいいんですけど片付けがね……臭いがね……。食べるだけの人はそこも考慮しろってね。(代弁)

 

青魚たちは焼き魚の定番です。その臭いは猫あつめ効果もあります。

今は集合住宅や賃貸が多く、臭いに気を使わねばならない時代。サンマの焼ける臭いで「秋だねぇ…」と、一杯やりたいジェスチャーをする時代から、今は猫の代わりに「魚くせーんだよ!」と、モンスターが来訪しかねない。

魚離れの背景には、そういう住宅事情もあると、配慮して欲しいところ。

 

でも魚の缶詰はカパッと開けて、そのまま食べれるメリットがある。

生き腐れでも缶詰にすれば非常食になる。缶切りも要らない。栄養価は生を買うのと大差がない。でも容器を捨てるのは飲み物の缶とはまた分別しなきゃだからそれが面倒くさい。

 

【ごみ分別】食品缶(缶詰等)とスチールの飲料水缶は、どうして同じスチールなのに分別が違うのですか?|湖西市

 

──あれ? 活きの価値が薄れているのでは?

 

レビューブログを作ったらサバのおかげで暮らせそう

 

サバ缶に関する記事で、面白くて翌日にはサンマとイワシの缶詰を買っていた記事がこちら。

 

サバ缶が人気なんだって。お前ら魚の缶詰買ってる?|暇人速報

 

知らない缶詰たちがいっぱいやぁ。

魚の缶詰って種類がかなり多く、週1個違う商品を買っているだけで、2年くらいレビュー書くのには困らなさそう。

 

水煮された魚は「味のないシーチキン」なので、焼肉のタレやトマトソースなどで味付けするだけでもいい。わお簡単。

この「アレンジのやりがい」がまた、人気を集めているのではないだろうか。

サバは身がしっかりしているので、煮込み料理にもあう。

レンジでご飯にレトルトカレーとあわせるだけでも、300円でサバカレーができる。財布にも健康でヤバイ。

 

 

アニサキスのリスクがない「お嬢サバ」さん

 

魚の食中毒としてもっとも知られているアニサキスは、サバから連想する人も多いでしょう。

サバの養殖は自然の海を使っているのが当たり前でしたが、このたび陸上養殖から出荷されるサバが現れました。

 

“悪い虫”つかない「箱入り娘お嬢サバ」本格出荷開始 ろ過した地下海水で陸上養殖 JR西|産経WEST

 

その名も「鳥取生まれの箱入り娘お嬢サバ」。

悪名高い”ヒモ”がつかないことで、安心して食べられますね。生食も問題なさそうだから、関サバに続くブランドになるといいなぁ。

全日本さば連合会」なる団体もあるんですね。

 

 

ドメインまでサバってて本気度が伝わってきます。

 

健康にもダイエットにも良い「魚の缶詰」を手にとってみては?

 

とにかく勧めれる点は「手軽」「簡単」「安い」の3つ。

グリルを使うこともないし、片付けは──缶を捨てるのは少し面倒か。ま、まあ魚料理のハードルはかなり下がります。

 

ご飯(炭水化物)を減らす食事制限ダイエットだと、肉や野菜を増やしたほうがいいとされていますが、今は野菜が高い状況。肉も火を通さないといけないから、気軽にとはいかない。

缶詰なら一週間分買い込んでおいて、日替わりおかずにしてもいい。魚は脳と体を整えるし、肉々しいから食べごたえもあります。

値段も安定しているし、保存も効く。なにより種類が豊富なので、「次は鮭いってみようかな」と選ぶこともできる。

 

 

お試しも含めておすすめできるのはこれですね。

湯豆腐した後にぶち込んで、味噌やら醤油でサバ鍋にしたりとか。トマトソースにぶち込んでパスタにしたり、野菜炒めに入れたりしています。

水産ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生