浜松の防潮堤工事は19年度に全て完了予定

もう5年くらい工事をしているように感じますが、全てが始まったのが3年前なんですね。

浜松市の防潮堤工事は、工期が遅れながらも「19年度」に完成予定。

サムネの景色も最終段階で、左側が堤防になります。

スポンサーリンク

松林が堤防に変わっただけ…にも見えるが

防潮堤工事では、保安林をバッサバッサ刈り取っているので、それなりに賛否はあります。

防潮堤の表面は土! だから植林ができる! よし市民で力を合わせよう!

──で植林は実行され、いずれ”緑の堤防”になるはずです。

 

なにぶん浜松市の沿岸全域に防潮堤が造るれるため、景観も大事です。

緑の堤防は散歩コースはもちろんのこと、ドライブコースの構想もあるみたい。もともと自転車道路の箇所もあったし、サイクリングコースが無難でしょうね。

ロードバイクが最高速チャレンジとかしそう。

防潮堤工事は浜松から他へと波及していく

震災の津波から、全国で防潮堤の建設は企画されています。

静岡県内も津波が懸念されているため、沿岸部はほぼ全域”構想は”ありますね。着工が決まっているのはお隣の磐田市。

いずれは静岡の沿岸は全て、整備がされるのではないでしょうか。

 

ちなみに愛知県の遠州灘沿岸は、天然の堤防(崖)があるから話も聞きません。

当初の完成予定から2年遅れているけど完成見込みはあります!

去年の工事満了試算では17年度内でした。

さすがに無理と判断して、19年度末に修正されていました。

よく目にするので進捗はわかりやすく、舞阪~中田島間は明らかに遅れていましたね。変なとこから投棄ゴミがでてきたりね。

 

この工事が終わったら、海から見る浜松市は、要塞都市に見えそうである。

日本屈指の海抜を誇る浜岡原発の防潮堤も近くで見ると、「これを乗り越える恐れがあるってのかい?」くらいに思える高さです。

それと同レベルが、延長17kmに広がっているわけだから、壮観な光景になるでしょうね。

 

よし! 航行ツアーを企画しようぜ!

他の遠州灘沿岸も防潮堤工事がはじまるよ!

浜松の工事費に比べ、磐田~掛川間での工事費はおよそ1/10程度で済む概算。

浜松の費用は”寄附金”が含まれているので、正しくは試算されていません。

 

 

磐田と袋井で予定されているのは、フル鉄筋コンクリの駿河湾沿岸に比べ、土砂で覆うタイプだから費用を安く抑えれます。

総工事費で800億行くか行かないくらいですかねぇ。1000は行かない気がする。

 

袋井サーフは、ある程度”堤防としての高さ”の地形だけど、磐田と掛川は低めなので、こちらの工事は長引きそうである。

防災費で捻出せずに、全て寄附金で賄おうとすれば、工事は遅れ気味になるでしょうね。

何よりそれだけ嵩上げするための土砂をどこから運んでくるか……。南アルプスのトンネル工事からもらってくるのかしら。

コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生